花菖蒲


 空が、まだ明るい。
 探してくるように言われた資料を手に書庫から出た浅野は、奉行所の中庭を囲む廊下を、歩いていた。
 めっきり夏めいてきた空気は、これから先の暑さを予感させるかのようで、浅野は、懐から取り出した手ぬぐいで額を拭った。と、
「浅野殿」
「はい?」
 不意に呼びかけられて、足を止めた。
 振り返った先では、三十くらいか、着物に羽織姿の侍が、懐手に浅野を見ていた。
「これは、飯塚さま」
 腰を折り、礼を取る。
「勤めには慣れたかな?」
 亡き父に目をかけてもらったと、飯塚は、まだ奉行所に入って一月経っていない浅野郁也に何くれと声をかけてくれる。
「は、はい。どうにか」
 黒い羽織から、十手の赤い房が見えていた。
「これから、町まわりですか?」
 できれば自分も同心になりたかったなと思いながら、そう訊ねると、
「おお。お役目だからな」
 面倒だがしかたがない。
 呵々と笑いながらすれ違いかけ、
「忘れるところだった。お奉行が用だとか」
 そう言われて、浅野の顔が、少しばかり引き攣った。
「どうかしたのか?」
 顔を覗きこまれて、
「いえ………」
 煮え切らない返事を返して、浅野は奉行が待っているだろう部屋へと、鈍る足を向けたのだった。

 浅野郁也は、まだ十六の少年だったが、父親の急死のため急遽家督相続を許されたのだった。父親の後を継いで奉行所詰めになったのだったが…………。
「私をお探しとか」
 奉行の執務室の障子を開け、浅野は、頭を床につけた。
「入れ」
 父親がらみで何度か顔を合わせたことのある五十ほどに見える男が、顔をほころばせて、浅野を手招いた。脇息に片手をあずけて座るふくよかな男は、そうしていれば、ひとのよい印象をただよわせている。
 しかし。
 浅野が廊下で正座したままいっかな動こうとしないのに、焦れて、眉間に皺を寄せる。
「入れといっているのだぞ」
 たちまち固くなる奉行の声に、浅野の全身が、大きく震えた。と、
「なにをやっている。別段怒っているわけではない」
 微妙にやわらかな調子を取ってつけたような、猫なで声に変わる。
 浅野の背中に、つぷつぷと、脂汗がにじみ出る。
 小刻みな震えは、なにも、怒られたからではない。
 ぎしり――と、脇息が、音をたてた。
 奉行が、座布団から下りて、浅野を見下ろす。
 ふくよかな外見とは裏腹に、浅野が立ち上がろうと必死になって自分を叱咤している間に、奉行は素早く浅野の目の前に立っていた。
「そう嫌がるものではない」
 浅野の顔が、ひきつれる。
「奉行が目をかけているのだぞ」
 伸びてきた白い手に顎をとられて、浅野は、咄嗟に、
「お許しをっ」
 震えながら、平伏した。
 浅野が、事務方よりも同心がよかったと思う理由はここにある。

 浅野の父親がまだ健在のうちから、奉行は何かと浅野家に訪ねてきてはいたのだが。それが、まさか、自分を念弟にとの意図があってのこととは考えたこともありはしなかった。

『私がおまえを念弟に欲しいと言うと、いつもやんわりと断られてな』
 そう言われたのは、浅野がどうにか奉行所の間取りや規則を理解しはじめたばかりのことだった。
『おまえは、まさか、断るまい?』
 ちろりと細い目で流し見られて、浅野の全身は、ゾッと震えた。
『私にまかせておけば、きっちりと、後見してやろうからな』
 手を取られて、手の甲にふにゃりとしたくちびるの感触を感じて、浅野は、念弟が何なのか、ようやく、理解したのだった。
 思わず手を振り払い、まろぶように部屋を逃げ出した。
 とんでもない。
 とんでもないことになった。
 とんでもないことをしてしまった。
 ぐるぐると、同じようなことばが、はらむ意味を変えて、頭の中をめぐる。
 念弟―――男色の相手など、とんでもない。他のひとがどうかは知らないが、自分には、無理だ。
 奉行に言い寄られるなど―――――とんでもないことになった。どうやって、逃げ切ればいいのだろう。
 奉行を振り払ってしまった――――とんでもないことをしてしまった。これから先、ずっと、奉行とは顔を合わせなければいけないのに、いったい自分は、どうすればいいのだろう。
 翌日、恐々と出勤した浅野を待っていたのは、前日のことなどなかったといった風情の奉行の態度だった。
 ほっと安堵した浅野は、しかし、それが間違いであったことを、しばらくして、知らされることになる。
 毎日のように、奉行に言い寄られるようになった浅野は、身の細る思いで、毎日奉行所に通うようになったのだった。
 唯一の救いは、奉行のあからさまな行為が、いまだ、誰にも知られていないらしいことだけだった。

 肩に白くやわらかい手が乗せられ、顎をとられる。そのまま顔をあげられて、呆然としていた浅野は、もう少しで、くちびるを吸われるところだった。
「御奉行」
 奉行の近習が、慌しく駆けてこなければ、おそらく、そのままなし崩しにされていたことだろう。
 助かった――と、浅野は、息を吐いた。
 言い訳など、奉行に任せておけばいい。しかし、近習の視線が、遠ざかる背中に痛いような気がしてならなかった。

 奉行所に行きたくなかった。
 行けば、また、同じことの繰り返しだろう。
 昨日のように逃げられればいいが。それがいつまでつづけられるだろう。浅野の足は、日増しに重くなっていた。

 そうして―――――――――

 なんでこんなことに。
「浅野殿こっちだ」
 飯塚に手を引かれながら、浅野は、夜の町を必死で走っていた。
 追いかけてくる大勢の気配に、背中がゾッと粟立った。
 事務方の毎日で、運動不足が祟っている。息が苦しい。足が、痛い。
「い、いいづかさま」

 誰かが――いや、おそらくは奉行本人が、自分を陥れたのだ。
 奉行秘蔵の翡翠の香炉が盗まれ、それが、浅野の文箱から、発見された。それをなかったことにしてやろうから、と、奉行の手が伸びてきた。あの時の怖気を思い出す。
 浅野の手を握るやわらかい白い手が、汗ばんでいた。
 舐めるような視線に、荒い息使いに、鳥肌が立った。
 奉行から顔を背けた瞬間、首筋に、奉行のくちびるを感じ、咄嗟に、突き飛ばしていた。
 ガツンと鈍い音がして、奉行はそのまま、動かなくなった。
 ―――死んで、いる?
 乱れた襟の合わせををおさえてにじり寄り伸ばした震える手に、生温かな体温が伝わってくる。
 ――生きて、いるのか?
 ホッと息を吐いたのもつかの間。
 意識がないとばかり思っていた奉行に手首を握られ、浅野は、本能のまま、振り払った。
 ふたたびの鈍い音。
 白目を剥き、口の端から血を流す奉行の姿に、後退り、柱を頼りに立ち上がろうと、藻掻く。
 生死を確かめる気力すら、浅野からは、失われていた。
 萎えた花のように項垂れ、ただ、どうすればいいのか、必死になって考える。
 香炉盗人の汚名を着せられて、その上、奉行を害したとなれば――――
 もはや、自分は罪人なのだろうか。
 だとすれば………。
 浅野の手が、自然、脇差へと、伸ばされた。
 父も母も既に不帰の人であることが、唯一の、幸いだろうか。自分が、自害して果てたとして、迷惑のかかる相手は、いない。
 震える手で、脇差を引き抜き、大きく振りかぶった。
 その時だった。
 障子が開かれ、誰かの悲鳴が、すべての堰を切ったのだ。
 なにがどうなったのか。
 気がつけば、飯塚に手を引かれて走っていた。


 ざわめきが、聞こえていた。
 おぼろな月が、川面に映っている。
 悪所と呼ばれ恐れられている、はぐれ者達の吹き溜まりに、浅野は、いた。
 湿った風が、吹いていた。
 澱んだような空気は、しかし、払われることはない。
 川に面した、古びた一軒家は、玄関の土間と、三畳ほどの部屋。襖の奥に、部屋が二つあるきりだ。それでも、ここではまだひとがましい住処だった。悪所だけあってなのか、貧富の差は、外よりも、一層厳しい。雨露をしのぐ軒さえなく、朝になれば死んでいるものさえ、日常茶飯事なのだ。ともあれ浅野がこの場所に息を殺すように潜んで、早、十日。季節は、梅雨めいてきていた。
 明日も、また、雨なのだろう。
 湿気を吸って、着物すら重いような気がする。
 癇症に袖を捲り上げた浅野の手首には、首と同じく包帯が巻かれ、かすかに朱をにじませている。
 町人に身をやつすために、髷を結い変え、刀も脇差さえも、飯塚に、取り上げられた。
 助けられたことを、自分は、感謝しているのだろうか。
 奉行は、死んだと、飯塚は言う。
 人殺しの自分など、あの時、自害して果てていたほうが、よかったのではないか。
 そう。
 飯塚に、迷惑をかけることもなく。
 こんな、怖ろしげなところに入り込むこともなく。
 そう思えば、自然、目が、部屋の中を探る。
 しかし、この部屋には、自害して果てるための刃物は、なかった。
 すべて、飯塚が、処分したか、片付けている。
 帯を解いて、鴨居にかけようか。
 舌を噛もうか。
 しかし、それらは、浅野の中の、侍としての矜持が、よしとはしない。
 喉を突くのは、武家の子女の作法である。本来なら、元服を済ませた浅野が取る手立てではない。
 手首を剃刀で切ったのだとて、浅野にしてみれば、かろうじての苦肉の策だった。
 侍なら、侍らしく、腹を切らなければ。
 その思いが強く、刃物を奪われた今、宙ぶらりんの状態で、浅野は、ただ、畳の上に足を投げ出していたのだ。
 もくもくと、重そうな黒い雲が、おぼろな月を飲み込んでゆく。
 闇に、ざわめきが、ひときわ大きくなったような錯覚があった。
 女と男が戯れる嬌声が、聾がわしく響く。
 耳を塞ぎ、浅野は、立て膝の上に、顔を伏せた。
 イヤだ。
 いやらしい。
 ゾッとする。
 あんなことの、なにが楽しいというのだ。
 今にも、自分が殺した白い手が伸びてきそうで、浅野の全身が、大きく震える。
 この部屋にいることすら疎ましかった。
 助けてくれた飯塚もまた、自分をそんな目で見ていたのだと、そう知ったからだろうか。
 何くれとことばをかけてくれたのは、下心があったからなのか。
 懇願するように、すりよられて、
『浅野殿のために身を落としたのだ』
 そう言われて、怖気が立った。
『だから………な』
 だから、飯塚のものになれと? そう言うのだろうか。
 自分のせいで、飯塚が身を落としたなどと、そんなこと、望みすらしなかったのに。
 そんなこと、飯塚が勝手にしたことなのに。
 賭場の用心棒となった飯塚が帰ってくるのは、夜が明けてからである。
 夜が明ければ、戻ってきて、また――――
 粘りつくようなことばで、掻き口説かれるのか。
 イヤだ。
 顔をあげ、ぼんやりと、手首を見る。
 なぜ、ことばが、通じないのか。
 ぎりぎりと、浅野は、傷口に爪を立てていた。
 縫われた傷が、じわり裂ける。
 痛いのに、止められなかった。
 このまま、自分で自分を裂いてしまいたい。
 そうすれば、もう、悩まなくて済む。
 できれば、刀で裂きたいが、自分は、贅沢など言えない身なのだ。
「くっ」
 くちびるを噛みしめ、指に力を込める。
 傷口が、広がる。赤黒い血が、焼けるような熱をともなって、糸を引いた。
「在宅か」
 がらりと玄関が開いたのは、郁也が、痛みに畳みに突っ伏した時だった。
 男が、ひとり、襖を開けて奥に入ってきた。
 手には、なにやら箱のようなものを下げている。
「なにをやっている」
 かちかちと、固いものがぶつかる音がして、ぼうっと、部屋が橙に染まる。
 行灯に火が入り、畳に倒れた浅野を照らし出した。
 抱き起こされて、
「ほうっておいてくれ」
 浅野が、ぶっきらぼうに吐き捨てた。
「放っておけば、死ぬぞ」
「いいんだ」
 オレなんか、死んだほうがいいんだから。
 苦痛に脂汗がにじみ、顔が歪む。
 顔にはりつく乱れ髪に、眇めたような目に、男の背中を、ぞくりと戦慄が走り抜けた。
「私は、自分の患者をむざむざ死なせる気はない」
 喉に絡むものを嚥下しながら、男は、箱の中から薬を取り出した。
「いらないっ」
 暴れる浅野の手を、男は強く掴んで離さない。
 それに、忘れたい記憶が思いだされ、浅野は、こみあげるものを必死で、噛み殺した。
「まったく。自分で傷口を広げるだなど、猫のようだな」
 どこか面白がっているような声音に、浅野は、顔を背けた。
「染みるだろう。が、まだ序の口だ」
 縫うぞ。
 言われて、浅野は全身を強張らせた。

「痛み止めと化膿止めだ。飲んだら横になるといい。梅雨時に傷を悪化させたら、すぐ、悪い風が入って、のた打ち回って狂い死にする羽目になるぞ。わかっているのか」
 まったく。おまえの念者も、おまえの我儘をよく我慢しているな。
「念者じゃないっ」
 どいつもこいつも。
 はねつけるように叫んで、浅野は、男を見上げた。
 どこか猛禽を思わせる、厳しそうな顔の男が、浅野を見ている。
「オレにはっ、そんな趣味なんかないっ」
 高ぶりすぎて、涙がこみあげてくる。
「なら、なぜ、ここにいる?」
 不思議そうに訊ねられて、
「それは………」
 返答に詰まる。
 自分は、ひとを殺した。
   追われている。
 隠れている。
 どれも、他人に打ち明けたい事柄ではなかった。
 しかし。
 男が聞きたいのは、それではなかったらしい。
「相手を、惑わせて、楽しんでいるのか?」
「?」
 思いもよらない事柄に、浅野の思考が、止まる。
「思いを寄せてくる相手を焦らせるのは、そんなに楽しいか?」
「誰が………」
 そんな悪趣味なこと。
 しかし、浅野は、言い切ることができなかった。
 すぐ目の前に、男の顔があった。
 お硬い医師にふさわしい厳しい顔が、口角を吊り上げただけで、印象を百八十度変えた。
 突然の変貌に、浅野の背中が、大きく震える。
 しかし――――
 目の前の男の顔が、ぶれる。
 痛み止めが効いてきたのだろう。からだが、揺れる。
 思考ばかりが忙しなく、からだから、力が抜けてゆく。
 駄目だ。
 この男は、危険だ。
 逃げなければ。
 そう感じるのに、動くことができない。
 指の一本、瞼すらもが、とてつもなく重い。
 焦る浅野の耳もとで、男が、ささやいた。
「私が、おまえを躾けてやろう」
 男を誑かそうなどと思わないようにな。
 ―――――違う。誑かしてなんか、いない。
 誑かしてなんかいないんだ。
 しかし、浅野のことばは、ついに、男には届かなかった。
 意識を手放した浅野を掬い上げるように抱き上げると、男は、行灯の灯を消し、なにごともなかったかのように、家を後にした。
 翌朝、仕事から戻った飯塚が見たのは、畳の上の、浅野が流した血の跡だけだった。

おわり

start 17:00 2006/06/06
up 21:30 2006/06/08
◇ いいわけ その他 ◇

 久しぶりに無謀な大嘘時代物。しかも、中途半端だ。
 固有名称なんか、わからんちん。わからんままに書く魚里は、あいかわらず、無精者です。
 ちょこっとだけハーレクインロマンス風?
 事務方と町廻りの同心だと、どっちが上の位なんだろう? 同じなんかな。とか………。う〜ん、なぞだ。ま、浅野くんは新入りで、見習いではありますから、先輩には丁寧に―――が正解かな?
 ファンタジー設定かなんかでパラレルっちゃおうかなと思ってたんですけどね。ま、いいか。世界設定とか書ききるのが面倒だったのだxx ← おいっ!
 武家の女だって、腹切る場合があるよなたしか………。ま、作法云々は笑って見逃してやってください。

 元ネタは、『大岡越前』………わはははは。悪所に潜入捜査するひとたちと、彼らと繋ぎをとろうとしてって話を思い出して萌えたのだ。確か、そういう脚本があったはずだ。が、既にネタの影も形もない。第一『大岡越前』で念者話はないだろう。兄妹の妖しげな話はあった気もするけどね。でも、念弟、何か(『必殺〜』じゃなくね。あれは何でもありだからvv)であった気もするが、『大岡越前』じゃなかったような気がする。なんだったかなぁ? まぁ、昇x浅大前提ですからね〜vv 所詮、腐女子の魚里さ。ふっ。

 しかし、今回の浅野くん、なんか無意識に魔性の少年してますな/// う〜ん。たらしだ〜〜〜。
 ふと気がついたんだけど、郁也くんって、お医者さんがいつも絡むよな。しかも、今回は、昇紘さんがお医者さんって………。お医者さんで、悪所の頭領。自分でネタばらしてるが、ベタな設定だ。

 オリキャラが出張りまくりですが、少しでも楽しんでいただけると、いいな。


HOME  MENU
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー