青みがかった白い蓮が、庭の池に咲いた。
 一輪だけの白い花。
 植えた覚えのない花は、朝一番の光を浴びて、かすかな音をたてて、花ひらく。
 朝の光に照らされる、凛とした風情に、心奪われた。
 私は、花を、ただ、眺める。
 しかし、花は、すぐに、萎れてしまうだろう。
 もとより、さして日持ちするものではない。
 誘われる虫たちに、私の心は、はらはらと、小波だった。
 虫に、荒らされるくらいなら。

 ポキリ―――――

 ツンとした香が、鼻を射た。
 気がつけば、私は、蓮を、手折ってしまっていた。
 手の中で、花が、かすかに、震えている。
 己の為した蛮行に、心が悲鳴をあげていた。
 しかし、心の片隅は、虫に散らされるくらいなら―――と、手の中に感じる花の重みを心地好く感じているのだ。

 音もなく、ひとひらひとひら、花びらが散る。
 窓辺に活けた、青白い花首は、みるみる、その姿を、水盤の中に、散らしていった。
 それでも、私は、花を、手放せない。
 私の手で、その姿を変容させていった、その、可憐で凛とした、一輪の花が、どんなに姿を変えたとしても、その花を手放すことはないだろう。
 たとえ、一陣の風に吹きさらわれる、そんなたあいのない塵芥に成り果てようと、その花が、私のものであることは、永劫変わらぬ事実であるのだ。

 今はただ、水をたたえた水盤が、窓辺に光を遊ばせているだけである。
 しかし、そこに、私は、幻の蓮を、見る。
 永劫、私の胸に刻まれた、その、姿を、私は、水盤の中に捉えつづける。
おわり



start from 14:28 2005/08/23
to end 14:46 2005/08/23
あとがき
 う〜ん。こりは……なんでしょう。
 「誰かさん」が「誰かさん」への胸中を、独白してるって感じですかね。どのカプでもいけそうかも。あえて『十二国記』にしたのは、やはり、この話の中の花=蓮だからでしょう。
 乙女の入った、散文形式のポエムですな。
 楽しめると、いいんですが、無理ですか? スミマセン。
 ちょっち疲れ気味の魚里でした。
HOME  MENU
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー