in the soup  17







 郁也の薄くなったからだを、昇紘は、抱き抱えた。


 クリスといるとばかり思っていた郁也の姿が見えなくなったことに、昇紘が気づいたのは、郁也が庭に出てずいぶんと時間が経った後のことだった。
 逃げたか。
 という考えをすぐに打ち消す。
 あの郁也が逃げるとは思えなかったのだ。
 ふむ。
 あれが役に立つか。
 懐から取り出したのは、携帯電話だった。
 郁也につけたピアスから発せられる電波を、携帯電話が捉えている。
 液晶画面上で点滅している光が、郁也なのだ。
 昇紘は背後に控える男たちを一瞥すると、画面上の光が点滅する方へと歩き出したのだ。

 薄暗いアクアリウムの照明に、郁也の表情がアクリル板に反射して見えている。それが、昇紘には、郁也が本来の郁也に戻っているのだと、感じられた。
 そうして、目の前で繰り広げられている光景に、昇紘の全身が固くこわばりつく。
 嫌悪もなくエンリケのくちびるを髪に受け入れている事実を、目の当たりにさせられているのだ。
 いつもは噛み締めるように食いしばっている、郁也のいくぶんか下がり気味の口角が、ほころんでいるように見受けられた。
 それは錯覚であったのかもしれないが、そう見えたことで充分だった。
 自分が同じことをしても、郁也はああはならない。
 ただ髪に触れるだけであれ、全身を固くこわばらせるに違いない。
 確信に他ならない。
 郁也は。
 エンリケのことが。
 好きなのか。
 エンリケが、郁也のことを想っていることは、わかっていた。
 アクリル板に映るエンリケの表情の切なさを見れば、疑いようはない。
 想うのは勝手だ。
 己の身の程をわきまえているかぎりは。
 しかし、郁也もだとは。
 それだけは許せなかった。
 自分を見ることすらない郁也が、他人を見るというだけでも業腹なのに、その相手に想いを寄せるなどと、どうして許すことができるだろう。
 できるはずもない。
 郁也が見るべきなのは、他の誰でもない、自分だ。
 そう。
 自分だけをあの褐色の瞳に映さなければならない。
 彼の瞳が映すのは、自分だけでいいのだ。
 あんな穏やかな安心し切った表情などは、端から望まない。
 どうせ、見せることはないのだ。
 自分にこんな思いをさせる郁也に、腹が立った。
 そうだろう?
 ジリと、腹の深いところが、灼けつくかのように痛んだ。
   不意の痛みに、昇紘は、足を踏み出した。
 やさしくなどできようはずもない。
 衝動のままに、昇紘は郁也の襟首を掴んだのだ。

「なんてことをっ」
 エンリケの叫びが、耳を射る。
 部下ふたりに取り押さえられて、エンリケは、なおも、郁也の身を案じている。
 郁也はといえば、気を失っている。そんな少年を抱きかかえ、昇紘は、エンリケを見返した。
 黒いまなざしの向かう先は、他ならぬ郁也だった。
 恋する男のまなざしが、郁也に据えられている。
 自分のことなど顧みず。
「私のものに手を出すなど、どういう結末がお前を待っているか、わかっているのだろうな」
 いつもよりも声が低くなる。
 ぐつぐつと滾るような怒りだった。
 それが嫉妬に他ならないと、昇紘自身、痛いほどに感じていた。
「ええ」
 命乞いをするでなく、ただ、そうとだけ答えたエンリケに、昇紘の目つきが鋭さを増す。
 無様ささえ見せようとはしないエンリケを、ふてぶてしいと感じた。
 そのふてぶてしさが、郁也の心を得ているからに他ならないと思えたのだ。
 ぐらぐらと、足下が揺れるかのような、激しい怒りだった。
 たとえ誰であろうと、この怒りにまかせて、殺してしまいたい。
 それほどまでに、激しい感情だった。
 利き手が、銃を求めてさまよう。
 我に返ったときには,エンリケの頭に銃口を押しあてていた。
 力を入れると、人間の皮膚とその下の骨の感触が銃口越しに手に伝わってくる。
 このまま銃爪を引けば,この男は他愛無く死ぬ。
 これまで,この手を直に汚したことはなかった。が、間接的にであれば、それこそ数限りなく。
 この手を汚す最初の血が,エンリケのものだとしても、悪くはない。
 悪くないだろう。
「言い残すことは」
 自分に向けられている黒いまなざしが、覚悟を決めたように収斂した。
「郁也さんを。郁也さんに、やさしくしてあげてください」
 昇紘の肩が、震える。
「最後の際までとは、見上げた根性だ」
 銃爪を引き絞ろうと力を込める。
 その時、耳の傍で小さく郁也がうめき声を上げたのを、昇紘は聞いた。
 腕の中で,身じろぐ。
 気がついたのか。
 郁也に気を取られて、銃爪にかけていた指から力が抜ける。
 再び,郁也の意識が闇に落ちたのを見届けて,三度、昇紘の指に力が入った。
「父さん、よしたほうがいい」
 低い,しかしよく通る声が,緊張を破った。
「邪魔をするな」
「ダメだ。エンリケを殺して後悔するのは,父さんだ」
「後悔? 何の話だ,クリス」
 振り返った昇紘の前に、クリスがいる。いつものどこか人を食ったような表情ではなく、真面目な顔をして,立っていた。
「エンリケは、父さんと、マリアの息子だ」
「なに……を」
 バカなことを………と続けるはずだったことばが尻窄みになる。
 あまりにも真剣な表情のクリスに、冗談とは思えなかったのだ。
 それに。
「なぜ知っている…………」
 エンリケの独り後散るような声が,昇紘の耳に届いていた。



 私はあなたの息子だ……と。
 仮にエンリケ自身が言ったのであれば,昇紘は信じはしなかっただろう。
 信じ切ってるとは言わない。それでも,あのときのエンリケの様子を見れば,疑惑は芽生える。
 だからこそ、DNA鑑定を依頼した。
 結果が出るまでは,エンリケの処遇を決めることは延期だ。
 マリアと自分の子。
 そうであるのなら、あの惨劇の後、どこかでマリアは生き延びていたことになる。
 どれだけ探したと思っている。
 思いつく限り、あの国中を、帰ってからも、国中を、探させた。
 何年もの間,マリアの死を信じられずに、探しつづけた。
 結果,何一つ手がかりもなく、逆に、クレアの罪の証が見つかった。
 クレアの腹に自分のこどもがいなければ、自分はクレアを殺していただろう。それが出来なかったあのとき、自分の中で,マリアは死んだ。そうして,自分の中のやわらかく温かい部分も,死んでしまったのだ。
 そう。
 死んでしまったのだ。
 長い、闇の底を這いずるような日々。
 自分を死とも等しい状況からよみがえらせたのは,他ならない、郁也だ。
 妻を名乗りつづける厚顔無恥な女の無神経なひとことが,狂わせた。
 すべてを。
 愛さないのではない。
 私の愛した存在を、お前が奪い去ったのだ。
 罪人であるお前がのうのうと享楽を貪っているというのに、何の罪もなかったマリアは冷たい死の床に、その死の場所すらもわからぬまま眠っているのだ。
 怒りは,昇紘の心を軋ませた。
 軋んだ心の隙に、郁也がするりと入り込んだのだ。
 嫌がる郁也を押し伏せて,快楽を貪った。
 郁也とのセックスは,まるで薬物のようだ。
 抜け出せない。
 抜け出す気もなかった。
 郁也を苛んでいる間は,すべてを忘れることが出来る。
 まるで心の弱い若者ででもあるかのように、肉欲に溺れた。
 そうして、いつしか想いは変質した。
 愛しいと思う。
 マリアのように。
 いや、それ以上に、今は郁也を愛している。
 満たされることなどない愛だとしても。
 自分から郁也を奪おうとするものは,たとえ、実の息子であれ,許しはしない。
 いや、実の息子であればこそ,一層許せない。
「あぁっ」
 耳を打つのは,郁也の悲鳴だ。
「おまえは私のものだ」
 腕を振るう。
 細い乗馬用の鞭が空気を震わせ,郁也の背中を鋭く切り裂いた。
 頼りなげな薄いからだが,大きくのけぞり、力なくうなだれる。
「他を見るな」
 天井から垂らしたロープが郁也の手首を縛めている。
 あの後すぐに、ホテルを引き上げた。
 籍の屋敷のいつもの部屋で,昇紘は、眠りから覚めきらず朦朧としている郁也を縛めた。
 どれだけの間、こうして鞭を鳴らしているだろう。
 最初は,こんなにしつこく打ちつづけるつもりなどなかったのだ。
 許しを請うくちびるが、エンリケに救いを求めた瞬間、昇紘から箍が外れた。
 無意識だろうからこそ、許せなかった。
 郁也のからだには、以前につけた鞭跡の上に、新たな鞭の傷が幾条も上書きされている。流れる血が、ミミズ腫れが,郁也を赤く染めている。
「この目を、他の人間に向けるな」
 郁也の顔を手で挟み込む。
 痛みに流れる涙が赤く染めた双の瞳が、昇紘を、捉える。
 おぼつかなげなまなざしに、愛しさが募る。しかし、愛しさは同時に、嫉妬をはらんでいた。
「どうして」
 掠れた声が,昇紘の鼓膜を震わせる。
「お前は私のものだろう。エンリケになど、やらない」
 郁也の瞳が,刹那,大きく見開かれた。
 首を左右に振る。
「ちがう」
「何が違う」
「エンリケはあんたとはちがう」
 新たな涙が,郁也の頬を濡らし落ちる。
「オレと、セックスなんかしない」
 肩を,胸を、大きく喘がせながら,郁也が言う。
「何を言うかと思えば,馬鹿が」
 とんだ勘違いに、笑いがこみ上げる。
「あれも若い男だ。好いた相手を抱かないほど枯れてはおらん」
「ちがう」
「違わない。あれも,お前を抱きたいと、そう思っている」
 こうやって、自分の所有物としての刻印を刻みたいと,そう思っている。
 首筋に歯を立て,肌を吸う。
「ひっ」
 郁也の喉が,鳴った。
「それが、オスの本能だろう」
 違うと、嫌だと、混乱したようにわめく郁也を、昇紘は、抱きしめる。
 シャツに、郁也の血が染みてくる。
 弱々しくもがく郁也を、不意に突き飛ばすようにして、解放した。
 ぎしりとロープが、郁也の手首に深く食い込む。
「もう少しオスの本能を教えこむ必要があるのか」
 その声に、郁也が弱々しく首を左右に振る。
「もう、いやだ」
 ささやきほどの小さな声が,昇紘の耳に届いた。
「駄目だ」
 滾りたつ激情を、今更いなすことなど出来はしない。
 髪を掴み、顔を上げさせる。
「物覚えの悪い、このからだにも、この頭にも、二度と忘れないように教え込んでやる」
 食いしばったくちびるに、昇紘は、噛み付くようなくちづけを落とした。






つづく




up 15:58 2010/02/14
HOME  MENU
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー