in the soup  21




 リアシートにからだを預ける。
 頭にあるのは、いなくなったという郁也のことだった。
 知った時は、血が引く思いだった。

 会議の最中は、外との連絡は絶っている。ホテル側の人間にも、その旨伝えてある。相手が誰であれ、用件がどれほど緊急のものであれ、知らせなくていいと。当然、携帯の電源も切っている。それは、当然のことだった。
 会議が終わった頃には、疾うに日付は変わっていた。
 雑用に招集されたキャリアの浅い構成員が、テーブルを片付けてゆく。会議場のドアを開け放ってゆくのは残りの雑用係である。ドアが開かれた途端入ってきたのは、きらびやかに着飾ったグラマラスな女性たちだった。
 幹部たちの口元がゆるむのを目の端でとらえ、昇紘は携帯を取り出した。元々あまり好んで持っているわけではない携帯だった。
 電源を入れた。
 途端、液晶画面に、着信履歴がずらりと表示された。
 すべて、執事の携帯からだった。
 何があった。
 短縮ナンバーを押し、昇紘は携帯を耳に当てた。
「私だ」
『旦那さま大変です』
 いつも淡々と平常心の執事の取り乱した声が昇紘の耳を打つ。
『郁也さんの姿が……』
 すべてを聞く必要などなかった。
 スッと血が下がってゆく。
 全身が冷たくなった。
『旦那さま』
 執事の声に、我に返った。
「すぐに帰る。屋敷にいる部下を全員集めておけ」
 切ろうとして、ふとイヤな予感が胸をよぎった。
「待て。地下室のエンリケのようすを見てこい」
 まさかとは思う。しかし、あの郁也が独りで逃げ出せるはずがない。精も根も尽き果てたようすの郁也を思い出す。昇紘に翻弄されるだけ翻弄され尽くして、意識を失ったのだ。医師の話では、しばらくは動けないということだった。そんなさまの郁也が、逃げようとなど考えるだろうか。
『おられません』
「わかった」

 今は、腹の底から怒りが込み上げてくる。
 どうしてくれようか。
 どうやって地下を抜け出したかなどはどうでも良い。
 エンリケは、屋敷の警備の死角をよく知っているだろうから、地下室から出さえすれば、抜け出すことは容易だろう。
 その後は。
 どこへ逃げるにしても、必要なものは、金だろう。
 カードは足がつく。
 逃亡資金は、多いほどいい。
 国外に逃れるつもりならば、偽造パスポートを作るだろう。
 出来上がるのを待つ間、潜伏する場所が必要になる。
 もしも仮に、エンリケが郁也に抱いているのが同情だけなのだとすれば、真に郁也のことを思っているのだとするならば、郁也を大使館に連れてゆくだろう。
 郁也自身思いついてもいないようだが、そうなれば、危ないのは昇紘のほうなのだ。
 未成年略取。
 監禁罪。
 淫行罪。
 死体遺棄。
 このときとばかりに、官憲が自分を捕まえにくるだろう。
 マフィアのボスとしては、情けない罪状ばかりだが。
 エンリケは、どう動くだろうか。
 DNA鑑定結果は今日届くだろう。最早、結果はどうでもいい。
 血の繋がりがあろうとなかろうと、あの男は、あれでいて、十年近くマフィアの構成員をしているのに違いないのだ。
 間違いなく。
 自分の欲には忠実だろう。
 だとすれば、大使館という選択肢は選ぶまい。
 エンリケが郁也を連れて逃げた理由はただひとつ。
 郁也を自分のものにしたいためだろう。
 許さない。
 それだけは許さない。
 昇紘は静かに窓の外を睨みつけた。



 イングロリアのふと向けた視線の先で、昇紘が突っ立っている。
 青ざめた表情で、携帯を握りしめる手が微かに震えているように見えた。
 入ってきたグラマラスな商売女がしなだれかかってきたが、煩わしいと手を振って追い払う。
 会議用のテーブルを片付けた室内は、ソファがあちこちに散らばる程度だ。それらに女と腰を下ろして、酒を飲む幹部たちは、気に入った女を連れて部屋へと戻るつもりなのだろうが。
 イングロリアは、昇紘のようすに気をとられていた。
 さりげなく昇紘の近くのソファに移動する。そこで、耳をそばだてた。
「すぐに帰る。屋敷にいる部下を全員集めておけ」
「待て。地下室のエンリケのようすを見てこい」
 聞き取れたのはそれだけだった。
 しかし、それだけが聞き取れれば充分だ。
 昇紘の屋敷で何かが起こったのだ。
 それには、エンリケが絡んでいるらしい。
 これはチャンスだ。
 通りかかった女の手を取って引き寄せ、イングロリアは少し戯れた後女を連れて会場を後にした。
 ホテルの部屋に戻ったイングロリアは、女を部屋にいれると、懐の財布を投出した。
「好きなだけ抜いて帰れ。ただし、もう会場には戻るな」
 女が財布から札を抜き出し愛想笑いをして部屋を出てゆく。
 取り上げた財布の中を確認して、
「遠慮もなく抜いたな」
 肩を竦めた。
 財布の中は、空だったのだ。
 イングロリアはチェックアウトの準備をした。
 


『あの男に救いを求めるというのなら、お前の目の前であの男を殺してやろう』
 いつか聞いた昇紘の言葉が、逃げても逃げても追いかけてくる。
 嫌だ。
 嫌だ。
 嫌だ。
 嫌だっ!
「郁也さん」
 目の前に、黒い影が迫っていた。
 避けようとして、全身に痛みが走った。
「まだ起きてはいけませんよ」
「エンリケ?」
「はい」
 よく見れば、珍しく前髪を下ろしたエンリケが、いつもとは違うラフな格好で郁也を見下ろしていた。
 なんで?
「ここは?」
 剥き出しの木の壁に、幾何学模様の壁掛けがかかっている。
 家具は郁也が寝ているベッドだけという簡素な部屋だった。
 開いた窓からは、網戸越しの風が入ってきていた。
「クリスさん所有の山の別荘です」
「クリスの?」
「覚えていないのですか?」
 何から何までクリスさんのお世話になってしまいました。我ながら不甲斐ないですね。
 郁也はそんなエンリケを見て首を傾げた。
 最後に覚えているのは、クリスと喋っていたことだった。
 何があったんだ。
 なんで、クリスの別荘にエンリケとふたりだけで………。
「偽造パスポートができるまでの辛抱です」
 どこかボスの目の届かないところに行きましょう。
「え?」
 エンリケの掌が、郁也の額に触れた。
「その頃にはあなたの体調も少しは楽になっているでしょうから」
 ひんやりとした掌の感触に、郁也は目をつむった。
 からだが揺れる。
 目をつむっているのに目が回る。そんな錯覚に捕らえられた。
 ―――このタイミングを逃がしちゃあ馬鹿だよね。
 不意に、聞いたことのある声が聞こえてきた。
 この声は誰だった?
 疼く痛みに、揺らぐからだに、考えることが辛かった。
 ―――考えなくていいよ。
 ―――みんなボクがいいようにしておくからさ。
 ―――全部まかせて君は寝てるといいよ。
 ―――ボクは痛みを感じないからね。その分、考えて動いておいてあげるって。
 駄目だ。
 そう。ダメなんだ。
 ―――なんでよ。あんなに逃げたがってたじゃないか。
 ダメだ。
 ―――なんで。
 ダメだ。逃げたりしたら……。
 思い出すのは、いつだったろうか。あの男に言われたことだ。
 逃げたりしたら、親父が殺されるんだ。オレを助けてくれる誰かは殺されるんだっ。
 だから逃げないって、そう決意したんだ。
 ―――何度も逃げようと思ったくせに。
 でも、逃げなかった。
 ―――逃げられなかっただけさ。怖かっただけだろ。
 そうだよ。怖いさ。あの男にされることが怖い。親父が、誰かが、殺されるかもしれないことも怖い。だから、動けない。動かないんだ。
 ―――もう遅い。逃げちゃったよ。
 嫌だ。逃げるなんて、ダメなんだ。戻ろう。
 ―――大丈夫だって。
「だいじょうぶじゃない」
 悲鳴を上げて、郁也は飛び起きた。
 瞬間、背中が灼けつくように痛んだが、かまってなどいられなかった。
「戻らないとっ」
 ベッドから降りようともがく郁也を支えていたエンリケが、その一言に大きく震えた。
「エンリケ?」
 エンリケの支え手が、押しとどめる手へと、変わったのだ。
 影になったエンリケの表情はよく見えなかった。
「帰る」
「どこへです」
 郁也はただ恐怖に急かされるままにもがきつづけていたため、エンリケの声が固くなったことにも気づけなかった。
「どこって……」
「まさか、ボスのところにですか」
「離してくれ………………」
 力を込めてくる手からようやくのことで抜け出せた。そう思った郁也が息をついた時、
「ボスのところに戻りたいと、そう、言うつもりなのですかっ」
 今度は肩を押さえつけられ、ベッドに縫い止められた。そうなってはじめて、エンリケの雰囲気が変わったことに気がついた。
「なにっ」
「どうしてです。どうして」
 郁也は首を振った。
 背中に粟が立っていた。
 この体勢は嫌だ。
 怖い。
 自然と震えがこみあげてきた。
「はなせっ」
 しかし、もがけばもがくだけ、エンリケの力はますます強くなってくる。
 鋭い眼光が、真上から見下ろしてくる。
 そのまなざしの強さが、昇紘を思い起こさせて、郁也の全身の震えはおさまることすらなかった。それでも、
「何日っ。何日経ったん……だっ」
 怯んだ声で、訊かずにはいられなかった。
「郁也さん…………」
「教えてっ」
 郁也のあまりの必死のさまに、
「四日です」
 エンリケは折れずにいられなかった。
「四日も………………」
 郁也は目の前が真っ暗になるような気がした。
「あなたは、屋敷を抜け出してからずっと眠っていましたよ」
 ああ。
 すすり泣くような声が、郁也の口からこぼれ落ちる。
 涙が郁也の頬を濡らした。
 それが、エンリケの感情を逆撫でしたことに、郁也が気づくはずもない。
「その涙は誰のためのものなのですか」
 郁也の額に落ちかかる前髪を、エンリケが掻きあげる。
 見下ろしてくる一対の黒い瞳が、昇紘に重なった。
 いつも昇紘が自分を見る瞳が、そこにはあった。
 その目で見られるたびに、郁也は全身を震わせずにはいられない。その目が自分に対する欲望を告げているのだと、さんざんに思い知らされてきたからだ。
 そんなことはないと、郁也は首を左右に振った。
 涙が散る。
 エンリケが自分に欲を持ってるはずはない。
 あれは、昇紘のただの戯言に過ぎないのだ。
 だから、今自分を見ているエンリケの目は、昇紘のものと重なるはずがない。
 なのに、どんなに打ち消しても、震えは止まない。
 違う。
 絶対に。
「なぜ、そんなに震えているのですか」
 頬に、エンリケの掌がすべる。
「私を否定しないでください」
 否定なんかしていない。
 そう言おうと、郁也が口を開こうとしたその時、
「こんなにもあなたを欲しいと思っている私を、拒絶しないでください」
 そう言うなり、郁也の両頬を挟んだ。
「愛しているんです」
 郁也の背中を、冷たいものが走り抜けた。
 それは、恐怖だったのか。それとも、絶望だったのか。
「い……や、だ」
 震えは止まない。
 それどころか一層激しくなった。
「愛しています」
 怯える郁也の瞳を覗き込んでくるのは、欲を隠そうとはしない黒い瞳だ。
 愛しているとそう言っているものの、自分からすべてを奪い取ろうとするのだ。
 そんなまなざしだ。
 怖い。
 それしか知らないもののように、郁也はただ、怖いと、震えつづける。
 嫌だと、首を振ろうとした。
 しかし。
 郁也の顔を挟み込むエンリケの手の力は、拒絶を許さないとばかりに、強い力を込めていた。
 エンリケの額が郁也の額にあてられた。
「いや……なんだ。ご、ごめん、なさい。おねがい。おねがいだから」
 しゃくりあげる郁也に、額を離して、
「男ならわかってください」
 エンリケが言った。
 けれど。
 わからない。
 わかりたくない。
 怯える郁也のくちびるに、エンリケのくちびるが触れた。
 激しく深く、郁也のくちびるを蹂躙する。
 郁也は固く目をつむって、エンリケの激情が過ぎ去るのを待った。



つづく




up 14:32 10/04/04
HOME  MENU
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー