Reincarnation



 どうしよう。
 辛い。
 切ない。
 胸が苦しい。
 鼻がツンとして、目頭が痛んだ。
 なぜだろう。
 掌ですっぽり包んであまる小さな壷を見た瞬間、オレの涙腺はぶっ壊れたんだ。


 鼻煙壷びえんこという、携帯用の嗅ぎ煙草入れだと思う。
 内側から、金彩やエナメルなどで、色んな細工をしてある、アンティークモノの収拾アイテムのひとつだ。
「どうした?」
 昇紘の言葉に、オレは、首を振る。
 リビングの飾り棚にずらりと並べられたアンティークコレクションは色鮮やかで、オレは、なんとなく眺めるのが好きだった。
 それらを見ている間は、何のためにここに連れて来られたのか、忘れることができたからだ。
 というか、昇紘を玄関に出迎えた後は、間が持たなくて、自然と派手な色のそれを見てしまうというのが、正直なところだった。
 だからだろうか。
 昇紘は、オレが鼻煙壷を気に入っていると勘違いしたのかもしれない。
「みやげだ」
と、それを投げて寄越したのだった。
 タバコのパッケージよりは少し大きいくらいだろうか。それをオレは、落とさずに受け取って、昇紘を見返していた。
「開けないのか?」
 背広をソファの背に投げ、ネクタイを解きながら、そう言う。だから、
「ありがとう―――――」
 言って包装を解いたオレは、中から出てきたものを手の上で転がした。
 すべすべとした手触りの、象牙色の骨のようなものが薄く削がれて、レースのような菊の透かし彫りになっている。そのたくさんある切り口は、金で縁取られて、琥珀らしい素材と繋ぎ合わされていた。
 ぼんやりと、オレは、掌のそれを眺めていた。
 そうして、オレは、自分が泣いているのも、
「これは、オレだ」
 そうつぶやいたのも、知らなかった。
 なぜって、オレは、そのまま気絶してしまったんだ。


 金魚の鰭めいて、ひらひらと揺れる長い袖。
 しゅるしゅると音たてる、着物の裾。
 オレは、侍女に手を引かれて、ヨチヨチと歩いている。
 広い庭の中、梅の匂いが、心地好い。
 けれど、夢の中のオレの心が、晴れることはない。
 夢の中、オレは、男であって、男ではなかった。
 ―――人工的に作られた、女のようなものだ。
 美女の条件の一つ――纏足と呼ばれる小さな足のために足先を折られた恐怖を、女にされたときの苦しみを、オレは、心とからだの両方に刻み込まれていた。
 一歩進むごとに、足が痛む。けれど、じっとしていられなかったのだ。
 庭を歩いているオレは、向こうからくる人影に、全身を強張らせた。
 目尻のかすかに攣り上がった黒い双眸が、オレに向けられている。
 逃げたい。
 背中から頭に怖気が、駆け抜ける。
 殺される、死ぬ――と、怖ろしくて気が狂いそうだった、女にされたあの時に、助からなければよかったのだ。
 いっそ、金で買われたあの時に、死んでいれば。
 近づいて来る男に、脂汗が滴る。
 オレの目の前で足を止め、男がオレの顎を持ち上げる。
 そのまま顔を見下ろされた。
 化粧まで施されたオレの顔は、滑稽でたまらないだろう。
 なのに、そのまま、キスを奪われた。
 ひとがいようと、お構いなしだ。
 オレがどんなに嫌がろうと、恥ずかしがろうと、関係ない。
 この男にとって、オレは、欲望を満たすために金で買った人形に過ぎないのだ。オレに心があるなどと、考えてもいないのだろう。
 男は、暇さえあれば、オレを抱く。
 無理に女に形を変えられた部分が、男を受け入れる。
 抱かれるたび、オレは、オレのからだが慣れてゆくのを感じて、絶望を覚えた。
 けれど、どんなにイヤだと思おうと、男に飽きて捨てられれば、オレは、多分生きてゆけない。こんな姿にされて、一人で満足に歩くことすらできないのだ。
 ああ。死んでしまいたい。
 日々強くなる渇望に、蓋をする必要など、どこにあるだろう。オレを留めつづけていたのは、ただ、本能的な死への恐怖だけだった。
 オレは、疲れ果てて、小刀を、首に当てた。
 首に走る刃の感触。
 痛み。
 流れ伝う、血の熱さ。
 少しずつ、意識が失せてゆく。
 白く霞んでゆく視界に、オレは、人影を見たような気がした。

 助かってしまったのか。
 なにをされるか―――と、思えば、怖気が立つ。
 黒々とした男の目が、ぎらリと光を宿してオレを見下ろしていた。
 その光を見た途端、オレを捕らえたのは、まぎれもない、恐怖だった。
 これ以上酷い境遇に落ちるかもしれない――そんな、恐怖だった。
 男は、無言のまま、部屋を出て行った。何もされなかったことで、オレは、詰めていた息を吐いた。
 首の痛みが、オレを苛む。
 毎日やってきて手当てをしてくれる医師が、塞ぐオレにひとことふたことことばをかけてくれる。
 その気遣わしげでやわらかなトーンに、オレの目から、いつか忘れてしまった涙がこぼれる。
 頬を伝う涙を拭ってくれた手のやさしさに、オレは、いつしか、医師の来訪を待ちわびるようになっていた。
 からだを変えられたことで、心が軋んでいた。
 泣き叫ぶことすら忘れた心は、誰でもいい、救いを求めていたのだろう。
 だから、本当の恋ではなかったのかもしれない。
 オレと医師は、はっきり言って、プラトニックでしかなかった。同情だろうとなんだろうと、医師がオレに好意を寄せているのは、感じられた。
 医師が来てオレの傷を診る。治療をして帰るまでの間に、ただ少し、やさしいことばをもらうだけ。視線がふと合って、オレは、かすかに笑んで、応える。それだけで、オレは、これまでの、そうしてこれから先への不安を、少しの間、忘れることができた。
 それは、タイムリミットのあるものだった。
 もちろん、心の中で思うのは自由だ。けれど、オレの傷が治ったら、オレは、医師と会うことができなくなる。
 それを思えば、寂しくて、辛くて、オレは、情けないくらいに泣けてくるのを止められなかった。
 医師と出会ってから、オレは、信じられないくらい、涙腺が脆くなっていた。
 そうして、オレの傷がもう心配ないのだと、そう、診断されたその日――――
 これが最後だと、はじめて、手を合わせた。
 ただ、触れるだけのくちづけを、交わしたんだ。
 そっと、さらと乾いたくちびるのあたたかさ、やわらかさすら、かすかなものとしか感じられなかった。
 ほんの数瞬の間に過ぎなかったくちづけは、不意に、終わりを告げた。
 目を開いたオレは、ぶざまな悲鳴をあげて、医師の後ろに佇む男から逃れようとした。
 男が、見たことがないほど怖ろしい表情で、オレを、見下ろしていたんだ。
 医師が、部屋から、連れ出されてゆく。
 怖さを圧して、駆け寄ろうとしたけど、オレは、足のせいで、立ち上がるのに時間がかかる。
 オレに向けられる医師のまなざしが、オレの視界から消えてゆく。
 奪わないで欲しかった。
 せめて、最後の思い出くらい、穏やかなものであってほしかったのに。
 男が、何かを言っている。
 なにを言われているのか、わからなかった。
 わかりたくなかった。
 オレは、全身で、男のことばを拒んでいたのだ。
 男が、オレにくちづける。
 イヤだ。
 オレは、もがいた。
 それは、医師とのふれあいを嘲笑うかのように、濃厚なものだった。
 嫌なのに。
 男の両手が、抗いつづけるオレの首を包んだ。
 男が、オレの耳もとに、なにかをささやく。
 思いもよらない告白に、オレの脳が、真っ白になった。
 それが、オレの聞いた、最後の言葉だった。
 オレは、男に、くびり殺されたのだ。
 けれど、オレの魂、そうでなければ意識――は、その後も、オレの骸についたままだったらしい。

 オレは、オレのからだだったものが、煮溶かされてゆくのを、見ていた。
 やがて、白い骨になったオレが、琥珀や金と同じただの素材となって、鼻煙壷という器物に成り果てるまでを、ぼんやりと、眺めていた。
 成り果てた後も、オレは、なぜだか鼻煙壷から離れることができなかった。
 多分、最後に聞かされた男のことばに、捕らえられてしまっていたのだろう。

 今日もまた、オレであったものを掌に包んで、男は椅子にかけている。
 ―――これで、おまえは私だけのものだ。
 オレの欠片を撫で擦りながら、男の目は、どろりと濁っている。
 男の生命が、残り少ないのを、オレは、感じていた。
 ぞろり――と、男が、オレの欠片を舐め湿らせた。
 ―――愛している。
 男が、つぶやく。
 愛しているのならなぜ、オレをあんなにしたのだろう。
 男の歪んだ思いに捕らえられて、オレはただ、男の傍らに、立っていた。


「いくや、郁也っ」
 昇紘の声に、オレは現実に立ち返った。
 昇紘の心配そうな表情も、声も、はじめてだった。
 昇紘の手が、オレの前髪を掻き上げる。そのまま、頬を撫でられた。
 昇紘が、夢の男と重なって見えた。


おしまい



FROM 21:53 2006/01/15
TO 22:47 2006/01/15

◇あとがき◇

 これ、実は、元話らしきものがあるのです。というか、『異形コレクション アート偏愛』の中の一遍に、鼻煙壷と女性の幽霊を絡めた話がありまして、萌えてしまったのでした。内容は、もちろん違うものですが。鼻煙壷に人骨を使ってるあたりとか、昔の中国のお偉いさんの妻か愛人が殺されて鼻煙壷にされるとか、そのまま借用です。せめて他に何か変わるものがないかと、乏しい知識で考えたのですが、男性が集めて飾っておかしくない華やかな色のもの――で、できるだけ常日頃手の中に持ってられそうなものとなると、ほかは、根付とか、くらいしか思いつかなくて、挫折。結局借用のままなのでした。
 いいのだろうか?
 魚里的に、生まれ変わってハッピーエンドの話のつもりです。
 た、楽しんでいただけるといいのですが………。
HOME  MENU
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー