桜の森の満開の下




「姫っ」
 若武者が、声を張り上げる。
「あさのっ」
 長い黒髪も美しい美姫が、繊手を、若武者へと伸ばしていた。
 寺に、参詣の途中だった。
 麗しい姫の、母親が、病に倒れた。
 母親の信心する御仏に縋ろうと、姫君が参詣をはじめて、今日で、満願の日を迎えるはずだった。
 美々しい牛車が、打ち倒れ、あちこちで、姫の侍女が、悲鳴をあげて逃げ惑う。
 警護の武者らは、皆、突然の強襲に、必死の形相で、堪えている。
 若武者も、そのひとりだった。
 若武者の名を浅野郁也。姫君の亡き乳母の末息子、所謂、乳兄弟に当たる。
 鬼が出ると噂される隧道(すいどう)だった。
 警護の武者らは、気を引き締めていた。
 しかし、今日で、二十一日目。
 慣れたあまりに、気の弛みが出た。
 旅人とすれ違うだけの、細道に、山賊はもとより、鬼の気配とて感じなかったのだ。
 それが、この、地獄絵である。
 浅野は、なんとか姫を助け出そうと、鬼たちと相対していたのだが。いかんせん、力量において、あきらかに、劣っていた。そのうえ、多勢に無勢。ひとり、またひとりと、武者達が、打ち倒されてゆく。
 オレも、死ぬのか………。
 諦観はおとずれない。
 浅野を捕らえるのは、恐怖だった。
 殺されるも恐怖、姫を助けられず、館に帰るのも、恐怖だった。
 逃げてしまえ。
 何かが、浅野に、そう、ささやきかける。
 誰も気づかないさ。
 駄目だ駄目だ駄目だ!
 浅野は、首を振った。
 姫の涙に濡れたまなざしが、浅野の脳裏によみがえる。
 実の兄や姉よりも、姫君こそが、いっそ慕わしい、存在だった。
 その姫を捨てて、逃げ出すことなど、できはしない。
 必死だった。


 がやがやと、熱気と喧騒とに満ちた、奇怪な岩屋の奥の広間で、浅野は、目を、見張った。
 思い思いに場所を陣取り、姫たちに、踊りを命じるのは、鬼である。
 鬼の数は、数十を数えていた。
 姫たちが、震えながらも、健気に、舞を舞う。
 どこからか現われた、青白い女たちが、無表情に、酒を注いでまわる。
 運ばれてくる、酒肴の山。
 呆然としている浅野の背中を、まだ酒にありついていない鬼が、乱暴に、突き飛ばした。
 姫たちの踊りの只中にまろび出す。
 姫が、侍女たちが、中断された踊りの形のまま、その場に、立ち尽くした。
 ざわり―――と、ひときわ大きなざわめきがたち、痛いほどの静寂が、広間を支配したのは、その時だった。
「頭領」
 浅野を突き飛ばした鬼が、ありついたばかりの酒の杯を額に掲げて、そう叫んだ。
 大柄ではない。
 どちらかといえば、痩せぎすの、ふつうの男に、それは、見えた。
 額から生えている一対の角がなければ、ひとと、まるで変わりはない。
 しかし、その場に現われただけで、その鬼は、間違いなく、その場を支配していた。
 場の雰囲気は彼ただひとりに呑みこまれ、誰しもが彼が次になにをするのかを、待ちわびる。
 圧倒的な、存在感だったろう。
「ひめにふれるな」
 力のない声だった。
 そんな声しか出せない己を、浅野は、恥じた。
 しかし、誰も、笑いはしない。
 姫の顎に手をかけていた頭領と呼ばれた鬼が、浅野を、見下ろしていたからだ。
 黒い瞳孔とその周囲の金の虹彩。虹彩の外は、黒く縁取られるかのようで、白目がやけに、目立つ。
 そんな、一対の双眸が、浅野を、凝視するのだ。
 ぞっと、血がさがるのを、浅野は、感じていた。
 獣の目だ…………。
 浅野は、そう思った。
 視界が、眩む。
 やばい。
 そう思ったときには、二の腕を掴まれ、立ち上がらされていた。
「これを、もらってゆこう」
 後は、好きにするがいい―――――――
 低くよく通る声が、広間に響いた。


 あれから、幾日が過ぎたのか。
 ようやくの、脱走だった。
 鬼の頭領は浅野のどこを気に入ったのか、手放そうとはしなかった。
 昇紘と名乗った鬼に、殺されることはない。
 しかし、そんな安堵とは逆に、昼夜の別なく伸びてくる腕が、恐ろしくてならなかった。
 慣らされたからだが、心を裏切る。
 嫌悪と恐怖。
 それをすらしのぐ、快感に、浅野は、解放されるたび、泣いた。
 自分が自分でなくなってゆくかの恐怖は、殺されていたほうがましだと、浅野に後悔の思いを抱かせた。
 姫を助け出そう―――と、そう思ったのは、せめてもの、矜持であったのかもしれない。それとも、自害できない己の不甲斐なさを、ごまかすためであったのか。
 誰かが、逃げる自分を殺してくれるかもしれないと。
「姫、お速く」
 うつろなまなざしで、姫が、浅野を見る。
 鬼たちに姫がされただろう仕打ちが、浅野には、痛いくらいわかった。
 ひとりの鬼にされるのでさえ辛いというのに、姫は、複数の鬼の相手を強いられ、からだよりも先に、心を壊してしまったのだ。
 涙が、こみあげてくる。
「もっと、オレが早く………」
 姫の手を握る反対側の手で、浅野は、涙を、乱暴に拭った。
 館に戻れば、姫の心は、少しでも、元に戻るかもしれない。
 癒されるかもしれない。
 自分は、お館さまに、殺されるかもしれないが。
 それでもかまわなかった。
 いや、それを、自分は、望んでいるのかもしれない。
「あれは………」
 入り組んだ岩屋の通路は、迷路のようで、どこをどう進んでいるのか、もはや浅野にはわからなくなっていた。しかし、
「姫、光が、あそこが出口に違いありません………」
 振り向いた浅野は、ことばをなくした。
 いや、己が握りしめているものを認めることができなかったのだ。
「うわあ」
 悲鳴と共に、浅野は、手を振った。
 禍々しいものを振り払うかのように振った手から、薄闇にも生白い女の手が、ぼとりと地面に落ちて、転がった。
 クツクツ――と低い笑い声が浅野の耳に大きく聞こえた。
「ああ…………」
 浅野の背中が岩屋の壁にぶつかり、そのまま、ずるずると、蹲る。
 近づいてくる鬼が、獣の目を光らせながら、怖ろしい笑いを顔に貼りつけていた。
 顎をとられて上向きになった浅野の目の端に、腕の付け根から血を流す姫の姿が、おぼろに映っていた。

 姫の死を浅野が知ったのは、その翌日。
 昇紘の口からだった。


 岩屋の前に広がる森の木々は、少しずつつぼみをほころばせだしている。
 前日の寒さが嘘のような、あたたかい一日だった。
「ちっ。留守番かよ」
 岩屋の入り口でたむろしている鬼の中、一番若い鬼が、唾を吐く。
「まぁ、そう腐るなって」
「だってよ〜。やっぱ、留守番より、ひと暴れしたいって、血が騒ぐんっすよね。それに、よりによってあいつの見張りってなんか………」
 宥める年嵩の鬼に、若い鬼が親指で示した先には、金襴をまとった、少年の姿がある。
 心を飛ばしたさまで、ぺたりと地面に座り込み、ぼんやりとしている。
「しかたない。あれは、頭領の道楽だからな」
「あいつが怪我でもしたら、頭領に叱られるのは、俺なんすよね。鎖でもつけておけばいいと思いません」
 釈然としないなぁとぼやく鬼に、
「決めたのは頭領だからな。しっかり見張っとけよ。ほら、どっかいくぞ」
「え? 嘘。やばっ」
 ふらりと立ち上がった浅野が、覚束なげに、歩き出す。
「勘弁してくださいよ〜」
 情けなげな顔になりながら、若い鬼は、浅野のあとを追った。

 姫の死が、浅野の心を、打ち砕いた。
 狂った浅野を、しかし、昇紘は、手放そうとはしなかった。
 そうして、姫の死から、やがて一月になろうとしていた。
 岩屋の前の、桜の森は、少しずつ花色にけぶりはじめていた。


 浅野の心が砕かれてから、一年がやがてめぐってこようとしていた。


「浅野〜。おーいっ」
 少し目を離した隙に、頭領の寵愛を受ける少年が姿を消した。
 狂った頭で、逃げようとは考えはしないだろうから、おそらく、なにかの気まぐれで、また、岩屋を抜け出したのに違いない。
 留守兼見張りを命じられた若い鬼は、真っ青になって、岩屋の周囲を捜していた。
 どれくらい、探し回っただろう。
「あ〜っ」
 雑草を踏みにじりながら、鬼は、浅野に近づいた。
「こんなとこで何やってんだ」
 金襴に包まれた、細い肩を掴む。
 血の匂いに、
「怪我でもしたのかっ」
 焦ってしゃがみこんだ鬼は、ぼんやりと浅野が見下ろす先を、確認した。
「触るんじゃない」
 怪我したら怒られるのはこっちなんだぜまったく。
 ぶちぶちと愚痴りながら、鬼は、浅野の手よりすばやく、それに、触れた。
 それは、矢を背に受けた、人間の子供だった。
 振り分け髪もいたいけな、まだ七つにもなっていないだろう年頃の娘だった。
「そら、行くぞ」
 浅野の手を取った鬼が、浅野を引きずるように立ち上がらせる。
 しかし、浅野は、指の先についた娘の血をぼんやりと、眺めている。
「そらっ」
 引きずる鬼に、浅野は、珍しく、抵抗をする。
「面倒は、勘弁してくれよ」
 なにかと浅野の見張りが回される若い鬼は、空を仰いだ。
「オレは、知らないからな」
 それでも、愚痴りながら、娘を肩に担ぎ上げる。
「頭領になにをされても、オレはっ、ほんっとうに、知らないんだからなっ」
 念を押す鬼に、浅野は、珍しく、ぼんやりと笑った。
 それは、背中が逆毛立つような、笑みだった。

 昇紘は、何も言わなかった。
 浅野が娘の髪をなでるのを、傷口を不思議そうになでるのを、ただ、見ていた。
 娘の傷が治り、岩屋から逃げるように姿をくらませた時も、やはり、何も言わなかった。
 浅野の持ち物の中から、小さな懐剣がひとつ無くなっているのに気づいたときにも、昇紘は、ただ、口角をもたげただけだった。

「もうじき、桜が咲くな」
 膝の上に浅野を乗せたまま、昇紘が杯をかたむけた。
 攫われてきた女たちが、岩屋の前の広場で、震えながら、舞を舞う。
 緊張に躓いて転がった女に、どっと、鬼が、笑った。
 寄せ手が襲い掛かってきたのは、まさに、その時だった。
 鯨波(とき)の声を張り上げた、武者の数は、数百を数えていた。



「なにを!?」
 武者は、信じられないとばかりに、少年を見下ろした。
 脇腹に、灼熱を感じる。

 鬼に襲われたのだと行方の知れなかった妹が返ってきた時、男は、妹に、一振りの女持ちの懐剣を差し出された。
 鞘の部分に小さく象嵌された家紋は、一年ほど前に消息を断った娘の家のものだった。
 貴人のもとに懐剣を届けた後、男は、貴人に、鬼を討てと雇われた。
 ――――姫が生きていれば、楽にしてやってくれと。
 涙ながらに頼まれた。
 鬼の慰みものにされて、一年、なよやかな姫が、よもや持ち堪えられるとは思えない。
 そうして、妹から鬼の岩屋の場所を聞いた男は、部下を募って、打って出たのだ。

 金襴をまとった少年が、鬼の頭領の手に引かれてまろぶように、走っていた。
 あれが、妹を助けてくれた少年だと、男はすぐにわかった。
 血煙や、断末魔、おびただしい血溜まりに倒れる屍の山。
 もはや、動いているのは、男と、少年、それに、鬼の頭領だけである。
 妹の恩人を、男はできることなら救うつもりだった。
 だから、鬼の頭領と、切り結んだのだ。
 鬼が、ずるりと、その場に、くずおれてゆく。
 傷口から迸る血が、少年を朱に染めた。
 少年が、自分を染める、赤いものを、確かめる。
 数瞬後、 甲高い悲鳴が、少年の口から、あふれ出した。
「なにをしている」
 狂ってるみたいだった――妹をしてそう言わしめた少年は、確かに狂っているのだろう。
 男は、少年を叱咤し、腕を掴んだ。
 その時だった。
 何かが、男の、脇腹を、貫いた。
 幾たびも鬼とやりあったために避けていた鎖帷子の裂け目から、なにかの冗談のように、刀の柄が、飛び出して見えた。
 男が、刀を、引き抜く。
 上がった血しぶきに、少年は、笑った。
 泣きながら笑う少年に、男は、少年が、鬼に心を奪われていたのだと、悟った。
 少年に、最後の一刀を浴びせかけ、男は、手から、刀を落とした。
 傾いてゆきながら、男は、少年が、くずおれる鬼の頭を膝に乗せるのを、見たと思った。


「昇紘」
 名を呼ばれて、昇紘は、目を開けた。
 獣の目が、浅野を見上げる。
「やはり、振りだったのだな」
 昇紘の手が、浅野の頬を、そっと、撫でた。
「許せなかったか」
 私のことも、そうして、自分自身のことも。
「みんな、壊れてしまえばいい」
 あんたに囚われたオレの心が何よりも先に、壊れるべきなんだ。
「だから………」
「そうか。おまえが招くものなら、なんであれ、受け入れようと、決めていた」
 だから、嘆く必要はない。
「しょうこう?」
「愛している」
 最期に、そう言って、鬼は、目を閉じた。
 深い息に、胸が大きく上下した。
 そうして、それきり、鬼が、目を開けることはなかった。



 甲高い悲鳴が尾を引く。
 やがて、それは、途切れがちな笑い声へと変貌を遂げた。
 ケラケラと笑うのは、てらりと濡れた金襴をまとった、少年である。
 膝の上に鬼の首を抱きしめて、少年は、ただ、笑い続ける。
 流れる涙に気づくこともなく、やがて声が嗄れるまで、笑い続けた。
 人里離れた桜の森は、いまや静まり返っている。
 静寂の中、花冷えの冷たい風に舞い散る花びらが、地面を覆う。
 しとどに濡れた、赤い地面の上に、息絶えた少年の上に、淡い桜色が、降り積もり、染まってゆく。
 少年の狂気を憐れむかのように、少年の死を悼むかのように、ただ、桜は、降りしきっていた。




おわり



start 13:51 2006/04/02
end 16:23 2006/04/02


あとがき
仕事中に、頭の中に涌いてきた話です。仕事中ってxx
もすこし、こう、情景だけで書こうと思ってたのですが。
妙にお話チックになってしまいましたか。
血なまぐさい話で申し訳ないのですが、少しでも楽しんでくだされば嬉しいです。
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー
HOME MENU