無料ホームページ ブログ(blog)
憑かれたもの

憑かれたもの

 最悪だった。

 吐きそうで、死にそうで、苦しくてたまらない。
 自分のからだがどろどろに解け崩れてゆく。
 なのに、オレは、生きているのだ。
 解けたからだを、這いずり回る無数の虫が、喰らう。
 その苦しさは、耐え難い。
 死んでしまう。
 何度、そう思っただろう。
 そのほうが、ましだ――と、何度、思ったかしれやしない。
 気味の悪い虫にからだじゅう這いずり回られて、オレは、泣き叫んだ。
 それがよかったのか、気がつけば、オレは、元のオレに戻っていた。
 けど、なんで?
 なんで、オレは、裸なんだろう。
 目の前に、怖そうな顔をした男が、いる。それも、裸で、だ。オレなんかとは違う、大人のからだが、オレの目のまえにあった。
 逃げよう。
 しかし、男の手が、オレの肩を押さえつける。
 近づいてくる男の顔。
 触れてくるのは、引き結ばれているくちびるだ。
「っ」
 感触に声が出そうになるのを、とっさに噛み殺す。と、男が、嗤った。
 そうして――――――
 オレは、いつの間にか手にしていたそれを、引き絞った。
 いつの間にどこから? そんな疑問もありはしなかった。
 パンともパシュともつかないようなかすかな音とは、正反対の、かなりな衝撃がオレを襲った。
 男の脇腹が、赤く、抉れていた。
 ぽたり――と、血が、流れ出す。
 背筋を這い上がるのは、自分がしてしまったことへの、恐怖だった。
 ひとを、撃ったのだ。
 この手で……………。
 逃げようとして、全身に力が入らない。
 からだが、情けないくらい、震え、すくみあがっている。
 そうしている間にも、男の脇腹からは、信じられないほど血が流れ、あたりを、濡らしてゆく。
 なのに、男は、オレを見たまま、嗤っている。
 オレを見据えて、何かを、言っているんだ。
 男の口が、パクパクと動いている。
 けど――――――
 聞こえない。
 わからない。
 聞きたくないんだ。

「………や。郁也っ」
 軽く頬を張られる衝撃で、オレは、目が覚めた。
 ベッドの上だ。
 カーテンの開いた窓から、やけにまぶしい光が差し込んでいた。
 夢?
 そう思いかけたオレが、目の前にあるものを認めるのに、たっぷり十秒はかかったのに違いない。
 オレは、全身の血が下がるのを、感じていた。
 だって、それは、オレが、撃ったはずの男だったから。
 逃げようとして、腕をつかまれた。
 跳ね除けようとして、強く押さえつけられる。
 黒い目が、オレを覗き込むように、凝視する。
 眼光の鋭さに耐え切れず、オレは、視線を、外した。
「なぜ、逃げる」
 低い声が、オレの耳を打つ。
  「な、なんでっ、あんたが、生きてるっ」
 ひっくり返った情けない声が、オレの喉から、ほとばしった。
「おまえは、しくじったのだよ、郁也」
 ことさらに名前を強調して、男が言った。
 名前―――郁也というのが、オレのこと、なのだろうか。
 そこまで考えて、オレは、気づいた。
 オレは、オレのことすら覚えていないってことに――――だ。
 わかることは、目のまえの男を、殺したはずだということと。
 なのに――――――しくじったということだった。
 男を、殺せなかったのか。
 でも、なんで、オレの名前を、こいつが、知っているんだ。
 でも、なんで、しくじったのに、オレは生きているんだろう?
 失敗は、即、自身の死に繋がっていると言うのに。
 ――――-死なないと。
 震えながら、オレは、舌を噛もうとした。
 刹那。
 オレは、男に、くちづけられていた。
 舌が、噛み締めようとしていたオレの歯列を割った。
 口いっぱいに、いっそ呼吸すらできなくなるほど、男舌はオレの口の中で、存在感を増してゆく。
 意識が、薄れる。
 気が遠くなる。
 死んでしまう。
 そう思った瞬間、一気に、空気が流れ込んできた。
 荒い息をついているオレの耳元で、
「まだ、解けないのか」
と、男が苦々しくつぶやく声が聞こえた。
おわり
昇紘バージョンをのぞいてみる?

start 15:18 2006/09/01
up 16:36 2006/09/01
◇ いいわけ その他 ◇

 先月の更新が、これまでになく悲惨だったので、がんばろうと思ったのですが。
 やっぱり微妙だ。
 う〜ん。
 通じてますか、この話?
 楽しんでいただけるといいんですけどね。
 どの話ともリンクしていないこれっきりの話――です。
 けどやっぱ、相変わらず、郁也君は、泥沼です。もう、昇紘さんといるだけで、君の明暗は、決まってるのだね。ごめん。幸せにしてあげたいんだけどなぁ。しみじみ。

HOME  MENU
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー