無料ホームページ ブログ(blog)
海の底

海の底



 大小さまざまな魚影が、食物連鎖の鎖から解き放たれたかのように、そこここで楽しげに泳いでいる。
 広く豪奢な室内である。
 彼らを取り巻く、水が、揺らいだ。
 するりと、魚影が、物陰に身を潜める。
 どこか怯えたようなそのさまに、長い黒髪もみごとな美女が、隣に佇む美丈夫の腕に、そっと触れた。幾連もの細い金の腕輪が、しゃらりと音をたてる。
 頭ひとつ低い女を見下ろし、男は、己の腕に乗った、白く繊細な手の甲をやさしく撫でた。
「伝説どおり、目覚められた」
「深海の」
「しっ」
 爪紅に彩られた女の白い指が、男の口元に触れる。
「名は、それを持つものを、招いてしまう」
「そうだった」
「あの存在を、鎮めるための手段は、ただひとつ………」
 苦いものがこもる声音に、男が、女の方を抱く。
「巫女殿に占を」
 男がつぶやいた。



「なーにをやってんだ」
 岩陰からひょいと顔をのぞかせた少年に、子供たちが、一瞬、こわばりつく。
 みれば、子供たちは、砂浜の上、甲羅を地面にあがいている子ガメを、棒でつついて遊んでいたのだった。
「なんだ、郁也じゃん」
 年かさの子供が、にやりと、少年を見上げた。
「今朝の、釣果(ちょうか)は、なしかい?」
「いんや、ほら」
 魚篭を持ち上げて、郁也が、子供に見せる。
「まぁまぁだな」
 鼻の下を指でこすりながら、評価を下す。
「ほっとけ。オレひとりなんだから、これで充分なんだよ」
「はやく嫁さんもらいなよな」
 憎まれ口をたたきながら、
「これくれたら、カメは郁也にやるよ」
 魚篭の中から一番立派な魚を引きずり出して、ガキ大将が、じゃあなと、手を振る。仲間の子供たちも、合わせて、郁也に手を振った。
 砂を蹴立てて駆け去ってゆく子供たちをみながら、
「別に、カメなんていらないんだけどなぁ」
 郁也は、後ろ首を掻いた。
「ま、いっか」
 今日一日の食料は調達できた。明日は、また明日のことである。もしも雨だったら、粥やら茶漬けで済ませたってかまわないのだ。米はまだあるし、漬物もあれば味噌もある。魚の干物と交換した猪肉の干したのもまだあったはずだ。一人暮らしだからか、その辺、郁也はかなり適当だった。
 しゃがみこんで、手のひらほどのカメをひっくり返してやる。
「ほら。もうガキンチョどもにつかまんなよ」
 カモメにつつかれてもやばいよなぁ。
 そんなことを考えながら、郁也は、ぽけーっと、カメを見ていた。
 カメも、首を伸ばして、郁也を見ている。
「おいおい。マジ、海に帰らないとヤバいっしょ」
 しかたないなぁとばかりに、郁也は、カメを持ち上げて、水際におろしてやった。
 とたん、
「うげっ」
 ぼわ〜んという間の抜けた音とともに白い煙が立ちのぼり、そこには先までの亀の姿はなく、白い髭白い髪の仙人もかくあらん老人が立っていたのだった。
「そのやさしさ。あなたこそ確かに、託宣の人物」とかなんとか、老人は一気にまくし立て、そのまま郁也を海へと、導いたのだ。
 ぼんやりとしていた郁也を海へ引きずり込むのは、意外に簡単で、老人は、拍子抜けして、郁也をみやる。
 ――これでは、陸で生きてゆくのもむつかしかろうよ。それくらいなら、いっそ………幸せかもしれんて。
 郁也が知れば目を剥くだろうことを、老人は独り語ちていた。
 最初の間こそ、海の中ということで、もがいていた郁也だが、どうした仕組みなのか、海中で息ができていることに気づくや、おとなしく、周囲を見渡した。
 揺れる海草や、珊瑚の林。そこここを鳥のように自由に泳ぐ、さまざまな形や色の魚たち。くらげや、いかたこ、かにや竜の落とし子も見える。
 きれいだなぁと、呼吸の心配がなくなった郁也はのんきだった。
 そうしてどれくらいが過ぎただろう。
「それ、あれです」
 老人が手にした杖で指し示したのは、朱塗りも美しい、巨大な門とその奥に見える、壮麗な建物の影だった。
「あれは?」
「あれこそ、世に名高い、竜宮城でございますよ」
 誇らしげな老人のせりふに、郁也は、つくづくと、それらを見やる。波に洗われて白い壁は、真珠貝の内側のような輝きを宿し、屋根を葺くのは、黄金の延べ板らしい。が、海の中のほの暗さの中、それらは、決して、華美な装飾には見えなかった。
「長老を助けてくださって、ありがとうございます。陸のお方」
 通された広い室内で、郁也は、乙姫さまと対面していた。
 美しい乙姫さまは、郁也に優しく笑いかけ、
「お礼といってはなんですが、しばらくの間、ここでの暮らしを楽しんでいってください」
と、手を叩いた。
 それからの数日間は、郁也には、信じられないくらい幸せな毎日だった。
 乙姫さまの侍女だという美少女たちの可憐な踊りや、乙姫さまの旦那さまの部下たちが見せる剣舞や武術のあれこれ。すばらしいご馳走の数々と、気持ちのいい寝床。なにより、朝早く起きて釣りに出かける必要がない。郁也はのんびりと、毎日を楽しんで過ごしていた。
 そうして、三日が過ぎた。
 そろそろ戻らないとな………。
 郁也もそれくらいは考えている。
 このまま怠惰な毎日になじんでしまっては、帰ってからが大変だなぁと、しみじみ思っていた。
 だから、郁也は乙姫さまに、そう言ったのだった。
 その夜。
 郁也は、竜宮城最後の晩餐を楽しんでいた。
 乙姫さまに最後に勧められた酒を口にして、そうして、郁也の意識は、途切れたのだった。


 チリーン………

 チリリーン…………

 耳に届く鈴の音は、やわらかく澄んでいる。
 それでも、眠りを破るのには充分で、郁也は、からだの向きを変えようとした。そうして、自分が、動けないことに気づいたのだ。
「えっ?」
 も、
「へっ?」
 も、ない。
 とにかく、首から下が、動かないのだ。
 何が起きているのか、開いた目の前にあるのは、青暗い、闇と、闇を照らす、ほの明るく揺れる明かり。
「どこだ、ここ」
 かすれた声が、喉を痛める。
 冷たい水が、全身を撫でる。
 それに、ぞわりと、鳥肌が立った。
 寒い。
「なんでこんなに冷たいんだ」
 首から下が、どうして、麻痺したみたいに動かないのか。
 まさか………。

 チリーン………

 チリリーン…………

 鈴の音が、やけに大きく耳障りなものへと、変化する。
 変化した鈴の音に、不安と恐怖ばかりが膨らんで、どうしようもなくなった。
 動かない四肢。
 暗い室内。
 揺らぐ灯火。
 冷たい水。
 耳障りな鈴の音。
 すべてが煽り立てるのは、不安ばかりだった。
 ――――-恐怖ばかりだった。
「オレが死んだって、乙姫さまたち、勘違いした――とか?」
 笑おうとして、声が、ぐらりと、ひずんだ。
 死?
 まさか、ここは、墓地?
「だっ、だれかっ」
 ひっくり返って、悲鳴じみた叫びが、喉の奥から、ほとばしった。
 長く尾を引き消えてゆこうとしている悲鳴が、やがて嗚咽へと変化するころ、噛み殺しそこねた笑い声がかぶさって聞こえてきた。
 くつくつと声は、しだいに近づいてきた。
「なにを、泣く」
 ほんのすぐそばでの男の硬い声音に、郁也の全身が、大きく震える。
 前髪を梳くように掻き上げられて、開いた瞳の先に、郁也は、黒い影を見出した。
 青暗い闇に浮かぶのは、ぼんやりとした輪郭だったが、それでも、顔かたちを見て取ることはできた。引き締まって厳しさが目に付く表情の中、郁也を凝視するのは、怖いほど黒い瞳だった。
「選ばれたことを喜べばいい」
「………な、にに」
 低い声が、背中に粟を立たせてゆく。
「私への供物に――だ」
 頬を、男の手で撫でられて、全身が、こわばりつく。
 心臓が、痛いくらいに悲鳴を上げていた。
 男の顔が、ゆっくりと近づいてきた。
 喰われる―――
 こみあげてくる涙が、目尻を滑り落ちると同時に、郁也は、くちびるに、男のものを感じていた。
   くちづけは貪るような激しいもので、郁也の全身が熱を帯びてゆく。
「巫女は、私の趣味をよく知っている」
 かすかに男が笑った気配があった。


おわり

start 20:15 2006/08/29
up 23:05 2006/10/31
◇ いいわけ その他 ◇

 やっと更新できます。が、相変わらずなんか、尻切れっぽい話だな。
 ここのところ三人称を書いてないなぁと、必死こいて書いてたのですが、この体たらく。いかんな。
 しかも、こんなに時間ばかりがかかるとはxx。も少し軽い話の予定が、いまいち軽いのりになってくれなかったし。
 反省点ばかりな話ですが、少しでも楽しんでいただけるとうれしいです。
HOME  MENU
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー