桜の花の


 桜の花の―――


 咲き初めた桜は、次々とほころび、今、まさに爛漫の花見ごろを迎えた。
 シン――と肌に染む、戻りの寒の宵闇に、満月が光を降り注ぐ。
 そこは、人里を遠く離れた、山の中。
 ひとの耳には届かない、あまりにあえかな音をたてて、桜がそのはなびらを散らしてゆく。
 しっとりと湿り気を帯びた、淡い色を宿したはなびらが、月光に照らし出された緋毛氈に、不思議な陰影を落としていた。

 ひとひらのはなびらが、杯の中に、波紋を描く。
 黒地に銀糸で細かな文様を縫い取りした着物をまとった美男が、はなびらごと杯を干した。
 白い喉と手とが、闇の中、くっきりと浮かび上がる。
 眼鏡の奥の色の薄い双眸が、はんなりと和らいだ。普段の彼を知るものであれば、目を剥いたであろうその変貌を、見るものはといえば、ただ桜花ばかり。
 否。彼の視線の先には、ひとりの人物があった。
 白々とした光が、桜の森の中に小路を描き、その、青年と少年との狭間にいるであろう人物の影が、舞い散るはなびらをはかなげにかすませた。
「涼―――」
 杯を下ろし、男が口にしたのは、愛しい青年の名である。
 ゆるゆると桜の中にいた涼の青白い顔が、男を認めて、かすかに染まる。桜が色を移したかのように、青白い頬がほのかに彩られて、涼にこのうえない艶を与えていた。
「多一郎さん」
 静かな山の中に、男の名を呼ぶ細い声が染み透ってゆく。
 まろぶように花の雨の中を駆けて、涼が多一郎の示す傍らに腰を下ろす。
 多一郎を見上げる、いとけないような黒いまなざしが、多一郎の心を乱した。
「なにをしていたんだ。いったいいつまで僕を待たせるつもりだ」
 乱れる心が、自分がどれほどこのか弱いばかりの存在を愛しているのかを思い知らせるかのようで、多一郎の口調がきつくなる。
「すみません」
 顔を伏せようとする涼の頤に手を添えて、
「もっとよく、おまえの顔を見せてみろ」
 多一郎は、空いているもう片方の手で、涼の前髪を梳き上げた。
 一陣の風が、ふたりの間を吹きぬける。
 雨のように降りしきっていたはなびらが、一斉に撒き上げられた。
 青い夜のしじまを、桜の花が、狂ったように、舞う。
 その、あまりに美しく、同時に、心寂しい風情に、ふたりは、しばらくの間、ことばをなくしてただ見惚れていた。
 やがて、景色は再び静けさを取り戻した。
 シンシンと、月が、後は散りゆくさだめに身をまかすよりない、ささやかなばかりの盛りの時を見守るかのように、やさしく照らし出す。
「とってもきれいでしたね」
 先に口を開いたのは、涼のほうだった。
 見上げる先に、涼を見下ろす、色の薄いまなざしがあった。
「多一郎さん?」
 小首をかしげる涼の頬に、ついと多一郎の手が伸ばされた。
 思わず、涼は、身を硬くして目を閉じた。
 頬に感じる、ひんやりとした多一郎の指先のやさしさに、おそるおそる目を開けると、
「おまえにくちづけるとは、ふらちなはなびらだ」
 ふっと、多一郎が口元だけで笑った。
 見れば、多一郎は、ひとひらのはなびらを、その整った指先につまんでいた。
 多一郎が息を吹きかけると、はなびらはひらりと漂い、すぐに、緋毛氈の上のはなびらの上へと落ちた。
「おまえは誰のものだ、涼?」
 やわらかな口調に、
「多一郎さんの……です」
 恥ずかしそうに、涼が応える。
「そうだ。この頬も、このくちびるも………おまえのすべては、この僕のものだ。たとえ、はなびらとはいえ、僕以外に、許すんじゃない」
 頬に、目に、髪に、額に、くちびるに、ついばむように降ってくる多一郎のくちづけに、涼の冷えたからだが熱くなってゆく。
「わかっているな」
 返事を求める意地悪なことばに、涼は、やっとのことで首を縦に振った。
「いい子だ」
 潤む視界に、多一郎の会心の笑みが映った。


おわり
2004/03/15〜2004/03/22
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー
HOME MENU