遅れてきたバレンタイン



 鼻先をくすぐるコーヒーの香ばしい匂いに、オレは、目が覚めた。と、それに気づいたらしいヤツが、
「ねえ、はじめくん」
 静かだった空間に、穏やかな声で、波紋を描く。
 少し語尾が跳ね上がる、低くて耳になじんだ、心地よい声だ。
 けど、その奥底に含まれた何かに、オレは、ちょっと緊張しちまった。
 で、全身も心持ち硬くなってたりして。
 けど、
「お願いがあるんですけど」
 マグカップをサイドボードに置く音が、やけに大きく聞こえた。
 お願い。
 そのひとことに、ああやっぱりと、オレは、思った。
 や、こいつのお願いって、突拍子のないことが多いんだよなぁ。
 やっぱ天才さまは、どこか、ねじが抜けている。
 そんなことを思いながらだったから、
「はい。なんでしょう」
 なんて、間の抜けた反応をしちまったんだ。
「なんです、それは」
 面白がってるような響きが、耳の付け根をくすぐる。
 オレは、思わず、肩を竦めてた。と、それだけで、ちょっと障りのある箇所に、障りのある感覚が襲ってきた。いや、まぁ、その、“事”の後ってやつでさ、今。
 ベタな表現をすると、夜明けのコーヒーってヤツだよな。正に。いつもは紅茶のくせに、こんな朝は、いつも、コーヒーなんだ。刺激が強いから、事の後にはちょっとごめんしたいって言ったら、コーヒーにこだわりがあるのか、カフェ・オ・レに譲歩してくれたけど。そ、砂糖多めの、甘いやつな。
「いいかげん、こっちを向いてくれませんか」
 面倒なんだけどなぁ。
「からだ、辛いですか?」
 オレのボヤキが通じたのかね。時々こいつは超能力者じゃなかろうかって思っちまうことがある。時々だから、超能力者にしたって、とんだザルか、確信犯だろうけどさ。
 オレが辛くっても、あまり悪いなんて感じていないんだろうなぁ。クスクスと、楽しげに笑いながら、オレの頭を撫でてるこいつに、オレは、背中を向けたままだ。意地もあるけど、正直、まだ、恥ずかしいんだ。どんな顔をしていいのやら、わからねぇし。
「こっち向かないと、朝ごはん、食べられないでしょ」
 さぁとか言って、オレを抱きかかえようとするから、
「そ、それがお前のお願いなのかよ」
って、オレは、焦っちまった。かすれた声が、どうも、その、夕べのことを思い出させて、情けない気分になってくる。
「かすれた声が、セクシーですね」
 耳もとでささやかれて、背中がぞくりと震える。と、同時に、駆け抜けた痛みに、オレは、硬直する。
 腰砕けになりそうなセクシーボイスに、どこがだよと、反論も力ない。
「ま、それはともかく」
「えっ? ぎゃっ」
 よいしょとばかりに抱き起こされて、オレは、高遠の腕の中だ。
 まだ、心臓が喚きたててる。
 ベッドの上、ぬいぐるみよろしく抱っこされて、オレは、肩口に、高遠の顎を乗っけられてる。
 掛け布団を放さなかったのは、上出来だよな、オレ。
「お願いっていうのはですね」
 覚悟しとこ。
 一旦高遠が口をつぐむ。
「薔薇の花をいただけませんか」
 照れくさそうな声の響きに、しかし、オレの頭の中は、真っ白だ。
「なにも花束で…………などとは言いませんよ、一輪、そう、一輪でけっこうですから」
 真っ白な頭の中、一輪の薔薇の花という言葉が、リフレインしていた。

「ああ、そーゆーことね」
 オレは、でかでかと飾られた広告を見上げながら、む〜んと、唸っていた。
 そこには、セント・バレンタイン〜とかなんとか、チョコレートと薔薇の花束を手に笑ってる女優の姿があった。
『大好きなあなたへ』
  ポスターには、ハートマークとピンクとが飛び交ってる。
 高遠とそういう関係になって、初めてのバレンタインだった。
「まぁ、チョコが欲しいとかいわないのがあいつらしいけどさ」
 チョコなんていわれてたら、多分、即座に却下だったろう。
 次に会うときにと、そう言われた期限は、実は、今日だったりする。
 そりゃあ、いつもいろいろしてくれるあいつのお願いを聞くのは、やぶさかじゃない。ないんだけど。
 ほかのもの……と、返したら、やけにきっぱり、『薔薇がいいんです』と、言ってくださった。ああいうときのあいつは、絶対譲歩しないからなぁ。
「お前は、乙女かい」
 いや、面と向かって言えてりゃあ、たいしたもんだったんだけどな。オレ。
 オレは、あきらめの溜息をついて、花屋のドアを開いたんだ。


「も、たか、と………」
 オレは、もう、限界だった。けど、やけに張り切ってる高遠は、一緒にとか言って、まだ、解放してくれる気配もない。
 高遠のピッチでゆすられながら、オレは、視界の隅に映った薔薇の花を、にらんだ。
 『ん』と、自分でもぶっきらぼうに渡したそれを、高遠はめちゃくちゃ喜んでくれたんだけど、けど、それのお返しがこれでは、オレの身が持たない。
「うっ」
 高遠の動きがひときわ早くなった。
 そうして、オレは、
 薔薇の花なんか、きらいだぁ!
 そんなことを考えながら、果てたのだった。


おしまい
start 11:16 2007/02/07
up 12:40 2007/02/07



HOME  MENU
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー