だからオレはため息をつく

 ため息をつきたいオレの気分、わかってくれるヤローはたくさんいると思うんだ。
 思うんだけど、それは、オレの希望的観測ってやつだろうか。
 高遠遙一という十も下のガキんちょに、
『はじめお兄さん愛しています』
と、コクられたのが運のツキかもしれない。
 そりゃーな、めちゃくちゃきれいなガキんちょだった。いや、いまでも、きれーだよ。
 ああ! きれいだ。黒い髪はさらさらで、日焼け知らずの肌はつるつるで、鼻筋は通ってっし、薄めのくちびるはきれーな 赤だ。何よりも印象的なのが、金色に近い目の色、あれに見つめられたら、たいてーの女はころっといくだろう。たとえ、相 手が小学生だとしてもだ。いわゆる絶世の少年ってやつだ、高遠遙一は。でもって、外面がいい上に、何でもよくできる。聞 いた話では、こっちに来る前は、大学生だったってーんだから、なにをかいわんやだ。わざわざこっちに来て小学生からやり 直さんでもよかろーにとぼやいたら、やっこさん、いい機会ですからとぬかしやがった。
 やっこさん、猫かぶってやがるんだよ。
 こっちじゃ目立つやつはいじめられるってこと知ってんだよ。
 だから、帰国子女ってこととあの容姿だけでじゅーぶん目立つから、学力ほどほど、運動神経もまぁまぁって、何をやって も平均点の小学生を演じてやがんだ。
 なんて鼻持ちなんねーやつって思ったね。もっとも、やつは、いじめられたら黙っちゃいないだろう。これは絶対だ。確信 もって言ってやる。やつはいじめられたら、倍返し。息の根を止めたりはしないだろうが、自分をいじめたやつが立ち直れな くなるくらいけちょんけちょんにやりかえすに決まってる。
 でもさ、最初はそんなこと知んないから、高等部が一ヶ月に一回小学部のガキンチョと一緒にオリエンテーリングをするっ て行事があるんだが、それで組まされただけなのに、遙一が『はじめお兄さん』ってなついてくんのは、可愛いって思ったん だ。そうして、気がつけば夏休みも間近だった。
 オレ兄弟いないからさ、ちょっとだけ弟っていうのに憧れがあったんだよな。
 だから、オレの顔を見かけただけで駆け寄ってくるあいつのこと、いつの間にか弟みたいな感じで相手してたんだと思う。
 もちろん、そこによこしまなものなんて、ひとっかけだってなかったさ。
 オレは、女の子が好きなの。
 だーれーが、なんと言ったって、幼馴染の美雪とか、後輩のエミリちゃんとか、ちょっとしたことで知り合ったアイドルの 速水麗香ちゃんなんかに、胸をときめかせてたさ。多分、彼女たちだって、オレのこと嫌いじゃなかったはずなんだ。それな のに、気がついたら、まず、速水麗香ちゃんがやっぱアイドルだってー誰だかと恋人宣言しちゃってさ、次はエミリちゃんに ボーイフレンドができただろ、で、言葉悪いけど最後の砦だった美雪まで、知らない間に草太とくっついちまいやがってさ。 あれよあれよっていう間だった。
 何でだ〜って思ったが、後の祭り。恋人のできた女の子ってーのは、やっぱり勘違いされたりするのもヤだからって、ひと りもんの男とは遊ばない。
 寂しい。
 そりゃ、ヤローのダチはたくさんいるけどさ、なんでだか、疎遠なんだった。
 で、気がついた。
 悪友と遊んでると、いつのまにか遙一が混じってる回数が多くなったってことに―――だ。
 そうすると、悪友がひとり減りふたり減り、気がつくと遙一だけがニコニコ笑ってる。
 何でだよ―――と、学校で訊いたら、『なーんかあいつってば苦手なんだよな』と、んな返事。
 『なつかれてるって思って、お守りしてやんな』とひらひらと手を振られた日には、脱力だ。
 そうして、オレは、遙一のやつに言ったんだ。




◇◇◆◇◇



 いつものように悪友たちと帰ってると、私服に着替えた遙一が、正門のところで待っていた。
 遠くに見えるのは、こいつのボディー・ガードだ。
 そうして、帰る道すがら、悪友どもがひとり減りふたり減り………。
『寄ってってくれるでしょ?』
 金色みたいな瞳がオレを見上げていた。
 学校からそう遠くはないところにある、豪勢なマンション。その最上階と下の階を丸ごと占領している。世界的に有名なマ ジシャン――近宮玲子のひとり息子ともなれば、マンハッタンの高級マンションだろうがリゾート地の島のひとつやふたつだ ろうが、外国の城を移築しようが、なんだって手に入るのだろう。もちろん、母親が与えるのだが。
 勝手知ったるって感じになった高遠家の居間の座り心地のいいソファからずり落ちて、毛足の長い絨毯の上に胡坐を組んだ オレは、家政婦さんが出してくれたアイス・ティを一口すすってから、
『オレにだって、年相応の付き合いってーのがあるんだ』
と、言った。
 ちょっときついかなと思ったけど、これくらい言わないと通じないって思ったんだ。
 オレの正面に、高遠遙一の、きれーなツラがある。ブルー系統のパステルカラーのチェックの半そでシャツに、サスペンダ ーでつっているベージュの半ズボン。白のニーソックス。麻のカバーがかかったクッションの上に背もたれている遙一の瞳が 光線の加減か、きらりと光ったような気がした。
『だって、ヤなんだ』
『はい?』
 なにがヤなんだろうと首をかしげていると、
『僕、はじめお兄さんが、僕以外のひとと一緒にいるの、ヤなんです』
 そう続けやがったんだ。が、あまりにも突拍子のないことだったせいもあって、理解するまでに時間がかかった。
 ぼんやりと、遙一の台詞をあたまのなかで反芻していて、気がつけば、すぐ目の前に、遙一のきれーなツラがあった。
『っ!』
 不覚だ、不覚! 油断大敵火がぼーぼー。顔面が火事のように熱かった。
 相手が小学生とはいえ、お、男に、キスされたんだ。
 この顔の熱さは、恥ずかしさというより、怒りのはずだ。
 力まかせに、あいつを押しのけようとして伸ばした手を、固められた。
 どーやってんだか、オレよか十も年下の小学生が、がっちりと、オレの手を、掴んではなさない。
 薄めの整ったくちびるの隙間からのぞいた赤い舌が、ぺろりと、オレの、オレのくちびるを、舐めやがった。
 必死に手を引っ張り、口を押さえたが、もちろん、後の祭りだ。
『おまけです』
 遙一のヤツがしれっとほざいたが、う、うれしくない。ぜんぜん、まったく、うれしくない〜!
 ぷるぷると頭を振るオレに、
『はじめお兄さん可愛い』
 語尾にハートマークがついていそうな口調で、満面の笑みだった。
『もしかして、ファースト・キス?』
 もとより言葉もなかったが、ぐぅのねも出ないとはこのことだ。そんなオレに、
『はじめお兄さん愛しています』
  と、ほざいた。 『もう、お兄さんは、僕のですからね。他のひとにキスさせたら、だめですよ』
 おままごとの台詞のようだが、まるっきり本気、現実の台詞だ。
『今日はお母さまに、素敵な報告ができます』
 そんな木っ端恥ずかしいことはやめろと、頭を振るが、
『心配しないでください。お母さまは、僕がとっくにお兄……はじめでいいですよね。はじめのこと好きだって知ってます』  とんでも恐ろしいことを言う。
『僕とはじめのこと、お母さまは応援してくださってるんですよ』
 ……それは、いったいどんな親だ〜!!!
 エクスクラメーションマークを大量に頭の中に発生させたオレが、もうこれ以上は限界だと脱力したのをいいコとに、遙一 はまるでオレを熊のぬいぐるみみたいにぎゅうっと抱きしめた。





◇◆◇◆◇




『ああ、あなたが、はじめね。はじめまして。遙一の母、近宮玲子です』
 遠くから、通話口を通して音声が届く。
 背後にはざわめきと拍手歓声など、が伝わる。
 オレを抱きつづけるのに疲れたのか、遙一が、電話をかけたのだ。
『遙一が自分から電話をかけるなんてこれまでなかったの。よっぽど優しいお兄さんと両想いになれたことが、うれしいのね 。遙一の幸せはわたしの幸せなの。うれしいわ。これからも、どうかよろしくお願いしますね。じゃあ、まだステージがある から。あわただしくてごめんなさい』
 忙しさもあるのだろうが、ひとの話を訊いていない。
 そうか、この親にしてこの子ありだったんだな――――
 息子によくも――とか言って、勘違いして訴えられるという心配だけは金輪際ないだろう。
 電話の内容を思い出して受話器を見つめているオレに、
『お母さまも、喜んでくださいました。僕はとっても、幸せです』
 背後から抱きつき、耳元でそうのたまう遙一に、その日のオレは、もう反論する気力もなかった。
 結局は、それがいけなかったのだろう。あれから毎日、ヤツはオレを校門まで迎えに来る。
 一度すっぽかしたら、ボディー・ガードを総動員してオレを探させやがった。ゲーセンで悪友たちと遊んでいるときに、ぐ るりと周囲を黒服に囲まれる恐怖とばつの悪さは、経験したやつでなければわからないに違いない。それ以来、オレは、おと なしく、遙一のしたいようにさせている。
 今日も、正門で、ヤツはオレを待っているのだろう。離れたところに、ボディー・ガードを従えて。
 この奇縁をいつかオレは断ち切ることができるだろうか。
 それを思えば、目の前が真っ暗になる。
 だから、だからオレは、ため息をつくのだ。
  



おしまい
from 11:06 2003/11/08
to 14:56 2003/11/08

あとがき

さくさくと軽く可愛らしいお話を目指し、玉砕。
高金でしょうか? な、なってる?
遙一くんにつづいて、近宮さんまで、壊してしまった。すみません。
 少しでも、楽しんでくださる人がいますように。
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー
HOME  MENU