黒  狐 



 むかしむかし。
 はじめちゃんが山道を歩いていると、近くの藪ががさがさと音たてて揺れました。木々のこすれあうのに混じって、金属のガチガチという音と何か獣がうなっているようなのが聞こえてきます。
 はじめちゃんは恐る恐る藪の中を覗き込みました。
 すると、そこでは、猟師の罠にかかったのでしょう、一頭の黒い狐が今にも自分の前足を食いちぎろうとしていました。
 はじめちゃんに気づいた狐が、低く威嚇のうなりをあげます。
 けれど、今のはじめちゃんにはそんなこと気になりません。気になるのは、ただ、黒い狐の前足をぎっちりと噛んでいる鉄の罠と、滲んで毛皮を濡らしている血だけでした。
「痛いよな、それ」
 はじめちゃんが伸ばした手を、黒狐の鋭い牙が襲いました。
「っ!」
 激痛がはじめちゃんの脳天まで駆け抜けましたが、ここで動いたりしたら狐が怯えてしまいますし、下手に手を口から引っこ抜けば傷口が広がってしまうでしょう。はじめちゃんは、痛いのを我慢して、狐が自分から口を開くのを辛抱強く待ちました。
 やがて、はじめちゃんに害意がないのを悟ったらしく、狐は口からはじめちゃんの手を放しました。
 艶々と光を弾く毛並の中、金色に見紛う一対のまなざしがはじめちゃんを見上げます。それは、なんとなくはじめちゃんを観察しているような視線で、はじめちゃんは居心地の悪さを感じました。それでも、ここで狐を放り出してしまえば、狐は自分で自分の罠にかかったほうの前足を食いちぎるでしょうし、はじめちゃん自身も寝覚めがよくないでしょう。
「もうちょっと我慢しろよな。今、罠外してやっから」
 そっと伸ばした手で、トラバサミのかみ合わせを外します。そうして、動けないでいる狐の傷口に、手近にあった薬草を揉んで当て、手ぬぐいでぐるぐる巻きにしたのです。
「よしっと。さぁ、これでおしまいだ。いいか、もう、こんなのに捕まるんじゃないぞ。今度は助けてやれないだろうしな」
 そう言って、はじめちゃんは、よたつきながら立ち上がった黒狐が山の奥に消えてゆくのを見送ったのです。
 狐は最後に、はじめちゃんを振り返りましたが、その時にはもうはじめちゃんは藪から山道へと出た後でした。


◇ ◇ ◆ ◇ ◇


 金田一はじめがこの田舎の村に住み着くようになったのは、一年程前のことでした。
 薄汚れたなりをしていましたが、その着物をよく見れば、仕立ての良さや布地が絹であることがわかったでしょう。それに、力仕事には慣れていないようで、畑仕事や水汲みなどの手際はどうもよくありません。
 最初はうさんくさく思った村人たちでしたが、屈託のない彼の人柄もあり、今では、昔からこの村で育った子供のような、そんな感じを村人たちは覚えていました。

   はじめちゃんは、村外れの空き家を修理して暮らしていました。
 ひとりきりですから、土間と台所を兼ねたところと、囲炉裏のある居間件食卓で寝室という八畳ほどの部屋、あとは縁側という間取りも苦にはなりません。
 はじめちゃんはもう十七才でしたが、畑仕事も一人前にできないのでは、まだまだ嫁取りなど夢のまた夢です。
 今しばらくは、一人暮らしの気楽さを満喫できるだろうと、はじめちゃんは呑気に考えていました。


   さて、狐に噛まれた傷も治ったある日、はじめちゃんが庭にある猫の額ほどの畑の草取りをしていると、誰かが家に向かってくるのが目に入りました。
 はじめちゃんの家は村の外れですから、自分の家に用があるひとか通りすがりのひとくらいしか、道を来るひとはいないのです。
 まだちょっと遠かったですが、すらりとようすのいいような旅姿の人物だとわかりましたので、自分に用があるわけじゃないなと、詰めていた息を吐き出しました。
 視線を見知らぬ旅人からはずしかけた時です。
 旅人はくらりと大きく傾いだように見えました。そうして、瞬く間もあればこそ、道に倒れたのでした。
 はじめちゃんは慌てて旅人に駆け寄りました。
「だいじょーぶか」
 陽がかんかんに照っている初夏だというのに、そのひとの顔は白く血の気がありません。
 ぴたぴたと頬を数度軽く叩くと、そのひとは目を開けてはじめちゃんを見上げました。
 はじめちゃんの陰になっていてよくわかりませんでしたが、なんとなくその瞳孔が縦長なような気がして、はじめちゃんの心臓がドキンと一つ跳ねました。
「水をもらえますか」
 かすれた声で水を乞う相手に、
「いいよ。さあ、オレんちすぐそこだから」
 肩を貸して立ち上がらせます。
 すらりと丈高い旅人は、思ったとおりそれほど重くはありません。どちらかといえば非力な部類に入るはじめちゃんでも充分支えられたのです。
 はじめちゃんが何気なく自分の胸元に回されている旅人の腕を見ると、白い優美な腕に引き攣れたようないまだ薄赤い傷痕がありました。
 狐に噛まれた時の痛みを思い出し、痛かったろうなぁと、思いました。
 家に入って上がりかまちに腰を下ろした旅人に、水を柄杓で掬って渡します。
 白い喉を見せて、旅人は、柄杓に三杯の水を立て続けに飲み干しました。そうしてやっと人心地ついたのでしょう、最後の一杯を干した柄杓を床に置き、
「助かりました。ありがとう」
と、頭を下げたのです。
「いや、それくらいべつに………」
 丁寧なお礼に、はじめちゃんのほうが恐縮してしまいます。後頭部を掻いていると、
「私は行くところがないので、しばらくここに置いていただけませんか」
「行くところがないって?」
「家族もありませんし。気ままにあちらこちらと流れてゆく暮らしをしています。お礼というほどのこともできませんが、畑仕事を手伝わせてください」
 そう言うのです。
 家族がない淋しさは、はじめちゃんには痛いくらいにわかります。けれど、
「オレは別にいいけどさ、女の人が男の家に突然転がり込んだりして、かまわないのか?」
「おんな? 誰がです」
 小首を傾げる仕草さえ、たおやかな女性のようなのに、そう訊ね返すということは、
「えっ、あんた、男だったんだ」
 思わずのけぞるはじめちゃんでした。
 あらためて高遠遙一と名乗った旅人は、そうしてはじめちゃんの家に転がり込んだのです。


◇ ◆ ◇ ◆ ◇


 遙一くんが手伝ってくれるおかげで、はじめちゃんの暮らしは楽になりました。
 ただ水を飲ませただけでそんなに恩を感じなくてもいいのにと、はじめちゃんが恐縮してしまうくらいに、遙一くんは働いてくれるのです。
 畑仕事も水汲みも、遙一くんはとても上手にこなします。
 やがて十日が過ぎようという頃になって、気がつけばはじめちゃんは、遙一くんの帰りを待ちながらご飯の準備をすることだけが役割になっていました。
(これじゃ、オレって嫁さんみたいだよな)
 この生活に慣れてしまっては、いけない。そう思いました。なぜなら、力仕事は全て遙一くんの分担になってしまっていて、彼がここを去っていったら、また一からはじめちゃんは慣れなければいけません。
「え、と……すっかり世話になってしまって、悪いな。明日からオレが畑仕事に出るから」
 晩ご飯を食べながら、はじめちゃんがそう切り出すと、
「それは、私はもう用がないとそういうことですか?」
 軽い音をたてて茶碗と箸を囲炉裏端に置いた遙一くんの薄い色の瞳が、はじめちゃんを見つめます。
 凝視されることにどぎまぎしながら、
「違うって! 高遠がいてくれんの、オレだって嬉しいよ。けどさ、おまえはいつかはここを去ってくんだろ。だったら、あんまりおまえにばかり甘えて、力仕事押しつけるの悪いなって………」
 俯いて自分の膝を眺めていたはじめちゃんには、遙一くんのまなざしがどんな感情を宿しているのか、知ることはなかったのです。
「そういう思考ですか………これはまいりましたね」
 かすかな呟きに弾かれてはじめちゃんが遙一くんを見返した時には、彼の薄い色の瞳からはそれまでの複雑怪奇な感情はすっかり拭われていて、ただかすかな笑みをたたえているばかりでした。
 気まずい雰囲気のままその日は終わり、庭先に遙一くんが作ってくれたお風呂を済ませたはじめちゃんは、床に入ってすぐに眠りに引き込まれました。


 どれくらい経ったころでしょう。
 はじめちゃんは、息苦しさに目をさましました。
 むかしのこととて灯といえば、外から差し込む月明りばかり。
 けれども、それで充分です。
「たかとお……」
 かすれた声で、はじめちゃんは自分の上に馬乗りになっている相手を呼びました。
「なにして……っ」
 はじめちゃんが大きく震えます。
 遙一くんが変なところを触ったからです。
「ちょ……やめっ…………」
 必死になってもがきますが、遙一くんははじめちゃんを放しません。
 はじめちゃんが抵抗している間も、遙一くんは、はじめちゃんには信じられないようなことを仕掛けてくるのです。
 ひとしきり抵抗を繰り返していたはじめちゃんが、体力のなさからもうだめだと投げやりになってしまった瞬間、待ち構えていたかのように遙一くんははじめちゃんの耳もとに、
「初めて会ったあのときから、ずっと君のことを愛していますよ」
と、ささやいたのです。
 そうして次の瞬間、はじめちゃんに襲い掛かったのは、信じられないような熱と痛みと、そうして、その果ての認めたくはない、快感でした。


 翌日、はじめちゃんが目覚めると、遙一くんの姿はありませんでした。
 お天道様は既に中天にさしかかっていましたが、はじめちゃんは起き上がることもできません。
 全身がだるくて、特に信じられないような箇所がズキズキと痛むのです。
 身動きもままならないはじめちゃんが、必死の思いで起き上がると、枕元に握り飯と湯飲みに注がれた水とが用意されていました。
 呷るように水を飲み、急須に残っていた水も湯飲みに注がずそのまま飲みました。そうして人心地がついた後になって、はじめちゃんのお腹が空腹を訴えたのです。
 結局はじめちゃんは大きめに結ばれていた握り飯を三つぺろりと平らげてしまったのでした。


 しばらくはじめちゃんが布団の上でぼーっとしていると、
「ああ、目が覚めたのですね」
と、遙一くんが戻ってきました。
 遙一くんの声にはじめちゃんは大きく震えました。そうして、
「なんだって、あんなことしたんだよ」
と、やっとのことで声を絞り出すことができました。
「あんなこと?」
 土間から上に上がり込んで、遙一くんははじめちゃんの額に手を当てました。
「少し、熱がありますね」
 ぱちんと、遙一くんの手が払いのけられます。
「答えろ」
 はじめちゃんの横に正座して、
「言いましたよ。僕は、君を、はじめてあったあの時から愛しています。だから、君を、抱きました」
 平然と言ってのけたのです。
「愛って、お、オレは男だぞ」
「それがどうかしましたか?」
「おまえだって男じゃないか」
「今更ですよ。君は、僕のものですからね」
 遙一くんのことばに、はじめちゃんは真っ赤になってしまいました。
 おまえなんか助けるんじゃなかった〜と思っても、今更です。
 後悔は先に立つものじゃないのです。
 いつも、してしまってから、後悔してしまうのですから。
 それでも、言わずにはおれませんでした。
「恩を仇で返しやがって」
「一生大切にしますからね」
 けれど、返ってきたのは、そんな台詞でした。
 はじめちゃんは、その場で布団に懐いてしまいました。
 そんなはじめちゃんを遙一くんが笑って見つめています。
 そうして、なし崩し的に、遙一くんははじめちゃんを『お嫁さん』にしたのでした。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆


 遙一くんがはじめちゃんを『お嫁さん』にしてから四月が過ぎました。
 今は、秋。
 食べ物が美味しい季節です。
 遙一くんが育てた野菜や果物は、町でも美味しいと評判です。
 今日も、遙一くんは愛しい『お嫁さん』に着物の一枚でも買ってあげようと、精を出して野菜や果物を町で売っていました。
 遙一くんの姿を見つけたおかみさんや娘さんたちで、彼の出しているぢか店の周囲は黒山の人だかりです。もちろん売っている野菜や果物が美味しいからですが、遙一くんの美貌も一因でした。
 『お嫁さんにして』などと言う大胆な娘さんもいましたが、はじめちゃん一途の遙一くんがなびくはずもありません。そういう娘さんには、『奥さんがいますから』と、しっかり律儀にお断りをする遙一くんでした。
 けれど、そういうことばが通じない人がいることも、事実です。
 今日も今日とて、共侍を連れた立派な駕籠が通りかかりました。
 かすかに、遙一くんの秀麗な眉間に縦皺が刻まれます。
「これ、高遠、その柿を見せよ」
 扇で山と詰まれた柿を指し示したのは、お城のお殿さまです。一年ばかり前にここのお殿さまになった彼は遙一くんがお気に入りで、しきりと城に来るようにと誘っているのですが、もちろん遙一くんが首を縦に振るはずもありません。
 けれど、相手は、お殿さまです。
 遙一くんのつれない仕打ち(お殿さまにはそう感じられたのです)についに切れたお殿さまは、共侍に遙一くんを捕まえさせて、お城に拉致していったのでした。


◆ ◆ ◇ ◆ ◆


 いつまで経っても帰ってこない遙一くんに、はじめちゃんは心配でたまらなくなりました。
 いつだって遙一くんは決まった時間に出かけて、決まった時間になると帰ってきていたからです。
 一年近くの一人暮らしで、淋しさは骨身にしみていました。けれど、ここ四ヶ月ほどは、遙一くんと言う同居人、もしくは自称旦那さまができていました。だから、淋しさを忘れていたようです。
 突然襲い掛かってきた淋しさで、その夜をまんじりともせずに明かしたはじめちゃんの元に、遙一くんがお殿さまに拉致されてしまったという情報が届いたのは、明けたその日の昼過ぎのことでした。
 はじめちゃんは、押入れの中をしばらく探していましたが、
「あった」
と、短く叫ぶと探し出した何かを懐にしのばせ、お隣の家へと急いだのでした。
「おっちゃん」
「おう、なんだね」
「ごめん。おっちゃんとこの馬かしてくんないかな」
 血相変えて飛び込んできたはじめちゃんに、お隣のおじさんは、
「好きに使ってくれてかまわんよ」
と、気前よく馬を貸してくれたのです。
 そうして、ひらりと馬にまたがったはじめちゃんの後姿に、
「殿さま相手で、だいじょーぶなのか? 無理すんなよ」
と、声をかけました。
 一村人が殿さま相手に何ができるというのでしょう。黙って無理難題をやり過ごすしか方法はないというのが常なのです。けれど、はじめちゃんは、立ち向かうみたいです。家族を養っていかなければいけない男にできるのは、はじめちゃんに馬を貸すことくらいしかありませんでした。
「うん。ありがとおっちゃん」
 そう答えると、はじめちゃんは手を振るなりみごとな手綱さばきでおじさんの視界を遠ざかっていったのです。
「ありゃあ侍の子だったのかね」
 その呟きは、当たらずとも遠からずでした。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆


「よくも僕を拉致しましたね」
 怒りの形相も顕わに、遙一くんは腰をぬかした殿さまを睨みつけています。
 殿さまは、お目当ての人物をやっと城に連れ帰ることに成功して、鼻唄まじりで遙一くんとお人形遊びに興じていたのですが、グルグルと縄で拘束された上に人形にされている遙一くんは楽しいはずもありません。
 殿さまに甘い声でおねだりしてやっと縄をほどいてもらうことに成功した遙一くんは、殿さまの目の前で巨大な竜に化けたのです。
 殿さまが腰をぬかすのも無理はありません。
 今殿さまを見下ろしているのは、金色の瞳をした黒い竜なのですから。
「ば、ばけもの〜」
 今更です。
 やっと迸った殿さまの悲鳴に、襖の外に控えていた小姓たちが部屋に飛び込み、そうして、その場で硬直しました。
「で、であえ〜」
「く、くせものじゃぁ〜」
 小姓の声も、恐怖にまみれて力ありません。しかし、腐っても鯛といいますか、城に詰めているのは、まがりなりにも侍です。危機管理能力はそれなりに鍛えているということで、次々と殿の部屋に集まってきます。
 しかし、そこまででした。
 集まってきたものの、巨大な竜を相手に、なにができるでしょう。
 数を頼りに槍や刀で襲い掛かりますが、竜の尾の一振りで、打ち負かされてしまいます。
 かといって、竜を逃がすわけにもいきません。
 縄や鎖で竜をどうにかこうにか拘束しようとしますが、怒り狂った竜が相手では、ままなりません。
 あちらこちらと城を壊され、逃げ惑う殿さまに襲いかかろうとする竜を相手に、侍たちが右往左往してどうにも収拾のつかない城内でした。


 はじめちゃんが城に到着した時は、そんなわけで、門番が城を気にしつつ佇んでいる状況だったのです。
 馬で通り抜けようとしたはじめちゃんですが、門番が行く先を阻みます。
「無礼ものっ」
 はじめちゃんが、らしからぬ態度で門番を叱りつけました。
「金田一はじめがわからぬのか」
 そんなことを言われても、一介の門番にどうしろというのでしょう。
「金田一はじめさまとは、どなたのことでしょう?」
 とりあえずへりくだった門番でしたが、頭の中はフル稼働でした。訊ね返しはしたものの、記憶にある名前だったのです。
「!」
 やがて、名前に思い当たった門番が、その場に平伏しました。
「おそいっ」
「も、申し訳ございません」
 金田一はじめ―――それは、先代の殿の嫡子の名前だったのです。彼は、先代の殿が亡くなるのと前後して、急な病で亡くなったと、そう伝えられていました。けれど、馬上の少年が差し出した脇差は、たしかに先の殿さまの紋がついておりますし、その顔にも、お忍びでよく門を通してくれと言ってきていた先代さまの面影が残っております。
「馬を預かっておいてくれ」
「ははっ」
 門番は、慌てて通用口を明け、はじめちゃんを中に通したのでした。


 一年半近く前になるでしょう。
 突然の父親の死と、その後に続いたはじめちゃんへの暗殺未遂。
 犯人が誰なのかは考えるまでもありません。はじめちゃんよりも七つ年上の異母兄、お妾の息子の差し金でした。
 はじめちゃんは殿さまの後を継ぐことについて『めんどくさいな〜』くらいにしか考えたことはなかったのです。誰が殿さまになったって、とりあえず領民が平和に幸せに暮らせるのならかまわないくらいにしか思ってませんでした。けれど、そんな態度は周囲の人たちを苛つかせるものでした。
 『もっときちんと、しゃきっとしなさい』とか、『しっかりお勉強してくださいね。殿さまが馬鹿では領民は報われませんから』とか、色々色々。うんざりするくらい言われていたのです。
 まさか異母兄が自分を殺してまで殿さまの地位をほしがっているだなどと、考えてもいなかったのです。
 でも、ふっと気がつけば、口煩いばあやもじいやも、お守役も、いつの間にか傍からいなくなっていました。そうして、城の中で孤立無援になっている自分に気づいた時、はじめちゃんは、毒を盛られて、殺されたのです。
 もっとも、盛られた毒は、はじめちゃんが毎朝嫌々ながらからだを慣らしていたものでしたので、昏倒するだけで済んだのですが。
 川原で気がつけば、自分がどこにいるのかも、自分が誰なのかもわからないありさまで、持っている物といえば、一振りの脇差だけでした。  ふらふらとあちこちをさ迷い歩き、やっとたどり着いたのは、あの村だったのです。その頃には自分の名前も何もかも思い出していましたが、『そんなにほしいんなら、別にやってもいいよな』と、呑気に気楽に、過ごすことを決めたのでした。もちろん、農家の生活は楽ではありませんでしたけれど、遙一くんというわけのわからない旦那さま(自称)もできたことですし、自分の選んだ生きかたが気に入っていたはじめちゃんだったのです。

 なのに…………。
 記憶と変わらない城の中を進みますが、誰もはじめちゃんを見咎めません。なんだか城の奥が騒がしくて、すっごく厭な予感を覚えたはじめちゃんでした。
 急いで駆けつけると、そこでは、一頭の黒い竜が異母兄を掴んで周りを威嚇していました。
 その金色の瞳が、ふっとはじめちゃんの視線とぶつかりました。
 なぜでしょう。
 それだけで、はじめちゃんにはわかったのです。
 この黒い竜の正体がです。
 だから、
「高遠、帰ろう」
 はじめちゃんは両手を黒い竜に向かって差し伸べました。
 その頃になって、ようやく、周囲の侍たちがざわめきはじめました。
「若」
「はじめさま」
「若さまじゃ」
と、ひそひそと、声が聞こえてきます。
 はじめちゃんは、門番に見せた脇差を手にしたままだったのです。
 それに、その顔は、それこそ、若いころの先の殿さまの面影を色濃く受け継いでいましたから。
 高遠に握られている異母兄も、はじめちゃんに気づいたみたいです。
「曲者を捕えぬか」
と、場所と場合とを考えない、ある種捨て身の命令を出しますが、誰も殿さまのことなど見てはいませんでした。
 殿さまの横暴や我儘は、昔からの家臣たちの眉をしかめさすようなものでした。それに、殿さまの側近たちのむちゃくちゃさも、顰蹙でした。そんなわけでしたので、本当の後継ぎが無事であったことに、古くからの家臣たちははじめちゃんに向かって平伏をしていったのでした。
「オレは、ただのはじめ。高遠を迎えにきただけだ」
 そう言うはじめちゃんでしたが、
「城にお戻りください」
と、声を揃えて言われては、元々が人のいいはじめちゃんの心が揺らがないはずがありません。
 それでも、なんのかんのと自分が淋しかった時そばにいてくれた遙一くんのことが心配です。
 今では忘れられたように、その場に彫像めいて佇んでいる遙一くんです。
「おまえ人間じゃなかったんだな」
 はじめちゃんの伸ばした手に、遙一くんの鉤爪のある手が伸ばされます。そこに、覚えのある傷痕。
 前足の傷。
 それは、
「ああ、おまえ、あのときの黒狐」
「そう。あの時から、僕は、君のことを愛しています」
「ああ。わかってる。オレも、おまえが人間じゃなくても………愛してるよ。多分な」
 ざわめく一同が、しんと静まり返ります。
「最後の一言がよけいですが、しかたありませんね」
「まあな。で、いつまで竜のままでいるつもりだ」
「人間の姿になったとたん、殺されるのも業腹ですのでね」
「そんなこと、させないよ」
 はじめちゃんの鳶色の瞳と遙一くんの金色の瞳が見つめあいます。
「わかりました」
 遙一くんの返事とともに、どたりと殿さまが畳に落ちました。けれど、誰一人として殿様を助け起こすものはおりません。
 一同が見守る中で、遙一くんはひとの姿になりました。
 そうして、はじめちゃんを抱きしめたのです。



 結局、はじめちゃんは、しぶしぶ殿さまの座につきました。
 そうして、黒狐で自称旦那さまの遙一くんは、いつまでもはじめちゃんの側で暮らしたのです。
 ふたりの間に子供はもちろんできませんでしたが、親類筋から養子を貰うことで丸く収まりました。
 はじめちゃんの異母兄である殿さまとその一派は捕えられ、罪の報いを受けました。
 え? はじめちゃんに馬を貸したお隣のおじさん? 立派な馬とたくさんのご褒美を貰って、今ではあの村一のお金持ちです。

おしまい
start 21:32 2002/10/26
end 15:53 2002/10/27

あとがき
 恩返しモノの昔話で『助けるんじゃなかった』と主人公ががっくしくるというのも面白いかもと思ったのが最初だったりして。そうして、出来上がってみるとこんなの。
 ま、書いてる間楽しかったしいいか。
 少しでも楽しんでもらえると嬉しいです。
 それでは。

 
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー
HOME MENU