だれか………。
 ここから、出してくれ。
 ガラスで囲まれたような、狭い空間に、オレは、閉じ込められている。
 わめいても無駄だってわかっている。誰にも、オレの声は聞こえない。
 まるで、出口のない鳥篭の中にいるみたいだ。
 ガラスみたいに透明だから、素通しで、周囲がよく見渡せる。
 オレは、完成したのやら作りかけなのやら、部品だけとかの、人形がずらりと並んでいる部屋にいる。
 怖いくらいの迫力なんだ。
 たくさんの、ガラスの目が、オレを凝視しているような錯覚があって、なんか、落ち着けない。
 正確に言うと、部屋の中心を占めている、大きな作業机の上に、オレは、いる。
 机の向こうでは、端正な顔の男が、無言で、作業に熱中している。
 何かの白い骨を、乳鉢の中ですりつぶしている。それは、熱心に、一心不乱なまでの、集中力なんだ。

 コリコリ……と、静かな室内に、音が消えては生まれてゆく。

 そんな男を見ているだけで、オレは、いたたまれない思いにとらわれる。
 なんでだろう。
 なんでなんだろう。
 オレは、考える。
 思い出せ。
 いや、思い出すな。
 忘れてしまえ。
 正反対な命令が、どこかから、ささやきかけてくる。
 だから、どうすればいいのかわからなくなって、オレは、蹲っちまうんだった。

 そうして、どれくらいの時間が過ぎたんだろう。

「先生」
 気がつくと、見知らぬ男が、男の後ろにいた。
「ああ。長崎さん」
「あまり根を詰められると、先生のほうがまいってしまわれます」
 長崎と呼ばれた初老の男が、先生と呼ばれた男に、湯飲みを差し出した。
 湯飲みを受け取りながら、
「私は、それでも一向に構わないのですけれどね」
 つぶやいた言葉に、長崎が、硬直する。
「そうなれば、彼を、解放してあげることもできるのですけれど」
 自嘲気味に長崎を見やった金茶の視線が、すいと、オレに向けられる。
 え?
 こいつ、オレのことが見えているのか?
 だったら!
 ここから、出してくれっ!
 叫びながら、見えない壁をたたくんだけど、やっぱ、だめだ。
 見えてるくせに、オレの願いを、無視する。
 やっぱ、性格悪いよな………
 って、オレ、こいつのこと知ってんのか?
「いや、なおのこと執着してしまうでしょうか」
 男の口角が、ゆっくりと持ち上げられてゆく。
「業ですね」
「先生」
「どうして、彼に、こんなにも囚われてしまったのでしょう」
「はじめさんは、死んだんですよ」
「わかっています」
 これは、彼の、はじめの、遺骨ですからね。
 男の視線が、乳鉢に注がれる。
 その刹那、オレの全身を走りぬけた戦慄は、恐怖だったのだと思う。
 あれ、あれは、オレなのだ。
 そうして、オレは、はじめというものなのだろう―――と。

 男は、何をするつもりなのか。
 ただ、毎日毎日、オレであったものを、すりつぶし続けていた。
 それが終わると、何かと混ぜて、粘土状のものになった。そうして、それを捏ねて、人形のものらしいパーツが、作り上げられてゆく。
 ああ、あいつは、人形を作るつもりなんだ。
 オレの、骨で、人形を作るんだ。
 でも、それで?
 オレは、ただ、あいつのする作業を見つづけていた。
 あいつのそばには、気がつけば、長崎が、黙って控えていた。たぶん、あいつがいなければ、男は、日常の瑣末なことなど、すべて無視していたに違いない。物も食わず、飲まず、風呂にも入らず、眠ることも、なかっただろう。もっとも、睡眠時間は、転寝程度でしかなかったが。
 男の頬が、削げてゆく。
 顔色が悪くなる。
 そうして、やっと、男は、等身大くらいの人形を作り上げたんだ。
 細部にまでこだわった、少年の人形だった。
 褐色のガラスの瞳が、きらきらと、照明をはじく。
 本物の人毛を使ったらしい少し赤みがかった黒髪が、無造作に整えられてゆくのを、オレは、ぼんやりと見ていた。
 なんだか、いやな予感がする。
 怖い。
 記憶にあるような顔立ちの人形に、気分が悪くてたまらない。
 なのに、男は、
「これで、形代は完成しました」
 言うや否や、オレを、凝視したんだ。
 にっこり―――と、男の笑いが、オレを怯えさせる。
 逃げないと。
 けど、遅すぎた。
 逃げられやしないと、わかりきってはいたけど。
 男の手が、オレを頭から捕まえた。
 まるで、猛禽類に掴みかかられるみたいだった。

 そうして、そのまま、オレは、男に、喰らわれたんだ。

 男の丈夫そうな白い歯が、オレを、噛み砕いてゆく。
 痛みは感じなかったけれど、恐怖だけは、オレをしっかりと、捕らえて離そうともしなかった。
 どうなるのか。
 このまま、飲み込まれてしまうのか。
 怯えるオレは、ただ、目を閉じていた。

 口に、何かが触れている。
 息苦しさを感じて、目を開いた。
 目の前に、黒い何かがある。
 なんだろう。
 そう思うと、それが、離れていった。
「っ!」
 入れ替わりのように襲ってきたのは、すべてのビジョンだった。
 それは、オレの、過去だ。
 忘れたい過去―――――――
 忘れていただろう過去。
 そう。
 死んだはずのオレには必要のないすべて。
 オレは、よみがえらされたことで、すべてを、再び、取り戻してしまったのだ。
 男に強いられた、ことまでもを。
 抱かれる毎日に、オレは、この男から逃げようとした。
 そうして、殺された―――――のだ。
 最後に見た、狂った金茶の目を、オレは、まざまざと、思い出す。
 首を絞められたときの、あの、絶望、苦しさ。すべてを。
「はじめ」
 男が、オレの名前を呼ぶ。
「にいさん………」
 オレの目から、どうしようもない恐怖が、涙になって、あふれ出した。
「二度と逃がしはしません」
 男の言葉に、オレの背中が、全身が、そそけ立った。


おわり



start 16:02 2006/06/29
up 16:50 2006/06/29


あとがき
 え〜とですね、昇x浅からのスライドバージョンです。二つのジャンルとも書きたくて、にっちもさっちもいかないときの奥の手ですxx
 少しでも楽しんでくださるといいのですが。
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー
HOME MENU