おともだち





 あまりの悔しさに、涙がにじむのを止められない。
 くそっ!
 珍しいものを見るようなあまたの視線が、脳裏によみがえる。
 金田一はじめは、力任せに、ブランコをこいだ。
 と、行儀悪く踵を潰して履いているスニーカーが、すっぽりと脱げて、みごとな放物線を描いた。
「あっ」
 勢いのついていたスニーカーは、遠心力やらなにやらで、思いも寄らぬ飛距離を見せた。
 そうして、その落下予測値点に、はじめより年上らしい少年が歩いてくる。
「ごめんなさい」
 開いた本のページにちょこんと落ちてきた片方のスニーカーを見て、少年は、目を丸くしていた。
 真っ赤になって、謝ってくるはじめに、クッと、喉の奥から噛み殺しそこねたらしい笑い声が、弾け出す。
 腰を折り曲げて笑っている少年に、はじめの頬が、大きく膨らんだ。
「そんな、わらわなくったっていいじゃん」
「ああ、すみません、シンデレラ?」
「誰がじゃ」
 噛みつくように反応を返してくるはじめに、心持ち下がり気味の目尻に溜まった涙を指先でぬぐう。
「ぼくは、高遠遙一といいます。君は? シンデレラ」
「まだ言うか〜」
「だって、ねぇ。ほら」
 はじめのスニーカーが名乗った高遠という少年の指先で揺れている。
「片方のクツが降ってきましたからね」
 それはもう、みごとに。
「金田一はじめだよ。だから、それ、返して」
「おや、ご同郷」
 日本から遠く離れたイギリスの小さな公園で、こうして、はじめと高遠とは出会ったのだ。
「ほら、履かせてあげますよ」
「いいって」
「そんな履きかたしてたら、靴は痛むんですよ」
「もう、ぼろだからいいの!」
 じゃあ――と、しゃがんだ高遠が、はじめの足元に、スニーカーを置いた。
 隣り合ったブランコに並ぶように腰かけて揺らしながら、
「なにかあったの?」
 高遠がはじめにささやいた。
 気になっていたのだ。ふっくらと健康そうな丸みを帯びた頬に、涙の跡があった。
 ちらりと、金色に近い高遠の目を見上げ、はじめは、頬を膨らました。
「もう、やなんだ」
「なにがです?」
「うん……」
「言葉にしてみるだけでも、ずいぶん、気持ちは楽になりますよ」
「変な顔しない?」
「変な顔?」
「珍しいモルモット見るみたいな顔だよ」
「そんな顔、しませんよ」
「……じゃあ、約束だかんな」
 小指を差し出すはじめに、高遠は、自分の小指を絡めた。
「オレ、今、大学に通ってんだ」
 はじめが口にしたのは、誰もが知っている有名な大学の名前だった。
 高遠の目が大きく瞠らかれる。
 高遠の目の前にいるのは、自分よりも五、六才ほど年下に見える、せいぜい、五つか六つ、日本なら小学校一年ほどの、男の子だ。
「けど、もう、やなんだ」
「ああ。わかりますよ。回りが遠巻きにしてくるんですよね。放っておいて欲しいのに、放っておいてくれない。でも、こちらから近寄ると、遠ざかるんですよ。その距離感が、とても、うざい」
 しみじみとした口調に、はじめの目が大きく見開かれ、頬が、真っ赤に染まる。
「たかとー?」
「僕も、同じです」
 医学部ですけどね。
 そう言って見せたのは、先ほどはじめのスニーカーがのっかった、本である。分厚い革表紙に金字でタイトルを刻印されているのは、なるほど、たしかに、医学書だった。
「うわ、難しそう」
「そうでもないですよ。はじめくんなら、すぐ理解できると思いますけど? 読んでみます?」
「いいの?」
「ええ」
 どうぞ、と、差し出された分厚い専門書を、はじめは、嬉しそうに抱きしめた。
「できるだけ速く読むからね」
「焦らなくていいですよ」
「でも、たかとー、まだ読んでないんじゃ?」
「読み返してただけですよ」
 まだ、次の本が届いていないのでね。
「でもさ……」
 何か言いたそうに、けれどうつむいたままで、足元を蹴っているはじめに、
「本なんか関係なく、友達になりますか?」
 高遠の提案に、はじめの顔が泣き笑いに近いものになる。
「僕もね、友達が、欲しかったんですよ」
「たかとーも?」
「ええ」
 満面の笑みをたたえて、
「じゃあ、オレたち友達だよ」
 はじめが、叫ぶように、確認する。
 そんなはじめを眺めながら、高遠が、やわらかく微笑んだ。



おわり



start 11:39 2004/12/15
up 12:21 2004/12/15


あとがき
 思い付きです。いや、頭にはあったのですけどね。ホントはもっと練ってたのですが、軽くジャブ。
 「プロフェッサー」の出会い編の予定だったのですが。別物の感が強いかな。
 少しでも楽しんでいただける、かなぁ………。
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー
HOME MENU