プロフェッサー 1




 授業が終わり、まだ片付けを終えていないものたちを残して、生徒が実習室を出てゆく。
 巨大な実験用のテーブルの上を几帳面なほどきれいに片付けて、彼が立ち上がった。
 まとう白衣を脱ぐと、下には黒のタートルネックのセーターと同色のスラックス。白皙の青年は部屋を後にした。
 つややかな黒髪に、整った白い容貌が、引き立てられる。くっと口角のもたげられた朱唇が、いつもよりもくっきりと色鮮やかなような気がして、すれ違いざまに彼を見たものの背筋にゾクリと震えが走りぬけた。
 女子学生がぼんやりと、男子学生は飲まれたように、彼を見送る。
 彼――高遠遙一は、この大学の客員教授である。
「知ってっか? 高遠教授の噂」
「噂っつーと、俺らよか年下っつーやつか? それとも、母さんが有名なマジシャンってほう?」
「いや……解剖の話」
「何? それ」
「初耳だ」
「ん」
 同じ実習テーブルを囲んでいた四人の男子学生が、耳を寄せあった。
「高遠教授がイギリスで学生だったころ、解剖の実習があったそうだ」
「まぁ、医学部にいんだから、当然だな」
「で、だ。ウサギや猫や犬と、順を踏んだらしい」
「最終的に人間ってわけだな」
「うん」
「それで?」
「単位やれん――と、言われたそうだ」
「へ?」
「うそ」
「おまえかつがれたんだって」
「だな」
「解剖学落としたら、卒業どころか、進級すら危ないだろ」
 ここで教鞭をとるようになって、まだ半年だが、高遠教授の手術の腕がどれほど冴えているか、知らない学生はいない。
「ばか。この話には続きがあってさ、次の解剖に出席できんようならって話しになったそうだが、あっさり、立ち消えたそうだ」
「は?」
「なんで」
「次の献体が、人間だったんだと」
「うっわ」
「ありそー」
「いかにも」
「嬉々として捌いたそうだぜ。で、単位はクリア――今の教授がおられる――――と」
 教室が、しんと静まり返る。
 鉄壁のポーカーフェイス、整った美貌は、口角の持ち上がっているくちびるのせいか、どこか非人間的で、近寄りがたい雰囲気を醸している。
 彼が心の底から笑っているところを観たものが、いるだろうか? いや、いないに違いない。
「まぁ、どっか、精神もぐ覚悟なしには、外科医にゃなれん――とは、よく聞くけどな」
「天才だしなぁ」
 そういう彼らもまた、人体の断面図のスケッチをしたばかりだというのに、立ち寄ったファースト・フードの店でハンバーガーをぱくついている。
 グィンと自動ドアが開き、冬の冷たい空気が入ってきた。
 それとともに、
「ね、見た?」
「見たよ。あれがホントにプロフェッサーってびっくりしちゃった」
「あの男の子なんだろうね。プロフェッサーのあんな全開の笑顔っ」
「あーあのこになりたい」
「よね」
 プロフェッサーとは、高遠教授のあだ名である。
 先ほどまで当の高遠の噂をしていた男子たちが、顔を見合わせた。
「お、おい、それ、ほんとか?」

to be continued

from 16:28 2004/02/26
up 14:23 2004/04/14


あとがき
 思いつきだったんです。
 あくまで、「なんとなく、ふと」だから、今まで、死蔵してました。二月近くほったらかし。
 ともかく今月は更新やばいので。――の割には、更新してますが、自棄だったり。
 つづいてますが、ラストまで書けるか、なぞ。はじめちゃんはまだ出てないしねぇ。
 こんなのですが、久しぶりに高金を。少しでも楽しんでいただけると、いいんですけど。
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー
HOME MENU