小さな恋の物語



 ぼくの名前は高遠遙一。七才、小学校二年生です。ぼくは帰国子女です。
 お母さまは近宮玲子といい、世界でもトップクラスのマジシャンです。
 いつも忙しく世界を飛び回って、たくさんのひとたちにすばらしいマジックを披露しています。
 ぼくは、そんなお母さまが大好きです。
 だから、ほんとうは、お母さまと一緒にいたかったのでそう言いました。けれど、 「世界には治安の悪い国もあるから、遙一はまだ小さいし、危ない」
という理由で、お母さまのふるさとである日本にいきなさいと言われました。
 しかたがないのです。それまでは、そんなこと一度も言われませんでしたけど、そういわれる少し前に、ぼくは、お母さまのマジックの秘密を盗もうとする悪い人たちに捕まってしまったのです。警察のひとたちが捜してくれて、犯人は捕まり、ぼくも、怪我ひとつせずにお母さまのところに帰ることができました。けれど、お母さまは、それ以来、何か考えるようになりました。そうして、そう、言ったのです。
 ぼくのことをとても心配してくれているのだと思えば、あまりしつこく厭だなんていえません。だから、ぼくは、日本に来たのです。


 セキュリティ完備のマンションの最上階に、ぼくの住んでいる部屋はあります。何ヶ月かに一度、お母さまがやってくる以外、通いの家政婦さんがいるだけです。それに、下の階にいるのが、ぼくのボディーガードだっていうことを、ぼくは知っています。だから、保護者と一緒じゃないといけないみたいですけど、下の階でボディーチェックをされて上がってくる家政婦さんだけなのです。
 別に、不便じゃありません。ぼくはもう赤ん坊じゃないので、ひとりで寝ることも起きることだって、できるのです。それに、ぼくがベッドにはいる時間には、ナイトコールをしてくださいますし、ぼくの起きる時間を見計らって、モーニングコールをくださいます。とっても忙しいお母さまがです。淋しいなんて言ったら、罰があたります。
 それでも、最初は、とても不安でした。
 お母さまとは日本語で喋るようにしているので言葉はわからないことはないのですが、帰国子女は苛められるよと、友達が耳打ちしてくれたからです。
 でも、それは、杞憂でした。

 それに、素敵な出会いを経験したのです。

 あれは、最初の登校日のことでした。
 日本で一番いい季節だってお母さまがおっしゃってらした五月の風は、ほんのりと緑の香を運んでくるみたいです。ほとんどは、車の排気ガスの匂いですけど。
 ぼくは、ひとりで、学校に向かっていました。
 離れて、ボディーガードがついてきているのがわかっています。
 家政婦さんが一緒に行きましょうと言ってくれましたけど、ぼくはもう小さな子供ではありません。お母さまはそう言いますけど、お母さまは特別です。ぼくのことを「小さい子供」と言って頭を撫でてもいいのはお母さまだけです。
 ああ、忘れていました。ぼくには、お父さまはいません。小さいころに、お母さまと別れて出て行ったそうです。以来、ぼくにはお母さまだけでした。もちろん、お母さまのマジックの手伝いをしてくれるスタッフや弟子のひとたちもやさしくしてくれますけど、それでも、ぼくが一番好きなのは、やっぱり、お母さまです。
 ぼくが通うことになった小学校は、幼稚園から大学まで一貫教育で、とっても広い敷地に、中央の公園に区切られた形で全部の学舎が点在しています。
 ぼくの家から一番遠いのが大学、その手前に高校中学、そうして、一番近いのが、小学校幼稚園です。
 一貫教育ということもあって、幼稚園から大学まで、交流が盛んなのだそうです。
 その日は、高校生のお兄さんやお姉さんが、小学二年のぼくたちと一緒に過ごす交流の日でした。
 職員室で、ぼくは、はじめて、それを知りました。
 そうして、先生に連れられた二年い組の教室で、自己紹介をしたのです。
 広い体育館で、お姉さんやお兄さんが、ぼくたちを待っていました。
 くじ引きのあとで、番号合わせがおこなわれ、ぼくが組むことが決まったのは、金田一はじめというお兄さんでした。
「よっ」
と、少し照れて挨拶をしたお兄さんを見たとたん、ぼくの心臓がキュウと締まりました。
 そうして、次の瞬間、ドキンドキンとはやくなったのです。

 その日一日、お兄さんと何をしたのか、ぼくは、おぼえていません。

 家に帰った後も、ぼくは、宿題をする気にもなりませんでした。
 にぱっと笑った、お兄さんの顔が、網膜に焼きついたみたいになって、どうすればいいのかわかりませんでした。
 晩ご飯を残したぼくのようすを心配して、家政婦さんが熱を計りました。
 三十六度二分。
 平熱でした。
 家政婦さんが帰ったあと、ぼくはお母さまのコールが待ち遠しくてたまりませんでした。
 やがてかかってきたお母さまからの電話を飛びつくようにして取ると、ぼくは、お母さまに、その日一日の経験を語って聞かせたのです。
「病気なのかな」
 それが、心配でした。
 あんなに心臓がドキドキしたことなんて、お母さまのマジックを観てるとき以外にはありませんでした。
 クスクスと、軽やかなお母さまの笑い声に、ぼくの心配は、雲が風で追いやられるみたいに晴れました。
「おませさんね」
 面白がっているみたいな、お母さまの声でした。
「それはね、遙一。その高校生に、あなたが一目惚れしちゃったのよ」
「ひとめぼれ?」
 呆然とぼくがその単語を反復していると、
「そうかぁ、遙一の初恋は、十才くらい上のお姉さんなわけね」
 お母さまが独り語ちます。
 それに焦ったのは、ぼくです。
「違います。お姉さんじゃなくて、お兄さんでした」
 しっかりと、ぼくはお母さまの間違いを訂正しました。
「………」
「お母さま?」
 やけに長く感じた沈黙の後、お母さまは、
「そ、そう。初恋は、お兄さんなのね」
 どこか狼狽えたような口調に、ぼくは不安になりました。
「ぼく、変ですか?」
「いいえ。遙一。ひとを好きになることは、すばらしいことよ。たとえあなたが好きになったのが、男のひとだったとしても、ね。ただ……」
「ただ?」
「………まあ、そこは、遙一の精進しだいかな」
「?」
 お母さまの言葉の意味がわからなかったのははじめてでした。
「好きになったのなら、頑張りなさい」
 何かを吹っ切ったように、お母さまは、きっぱりとそう宣言してくださいました。
「お母さまは遙一の初恋を応援してあげる。だから、しっかりと、そのひとを捕まえなさい。次にお母さまが遙一のところに行く時に、紹介してもらえると、嬉しいな」
 お母さまの応援があれば、鬼に金棒です。
「はい。頑張ります!」
「じゃあ、おやすみなさい。遙一、よい夢を」
「お母さまも、おやすみなさい」
 そうして、ぼくは、電話を切ったのです。

 その夜見た夢は、もちろん、金田一はじめお兄さんの夢でした。



   同性愛というのが、まだまだマイナーな恋愛形態だということをぼくが知るのは、まだ少し先のことでした。


おしまい
start 10:18 2003/08/17
up 11:24 2003/08/17

あとがき

 最近似たようなトーンのお話ばかり思いつくので、思い立って軽いお話をと一晩で妄想。したら、どこか外してしまった。
 いや〜、たんに年下高遠くんに振り回される年上のはじめちゃんを書いてみたかっただけなんですけど。蓋を開けたら、妙なお話になってしまいました。最初、オールマイティ天才帰国少年高遠遙一くんが、年上の想い人にあたりはばからずアタックするお話というののつもりだったのです。が、どこをどう間違うと……少年高遠くんの一人称にしたあたりで、玉砕かな?
 妙なお話ですが、少しでも楽しんでいただけるといいな。



HOME  MENU
壁紙はこちらからお借りしました。
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー