再 会





「なぁ、金田一。おまえってば、最近絶好調じゃん」
 ヘッドロックをかけて言われても嬉しくない。
「くるじぃ」
 目に涙を溜めてばたばたと騒ぐはじめの髪を、もうひとりのクラスメイトが、くしゃくしゃに掻き混ぜた。
「ほら、ロープロープ」
 そんな三人の様子を眺めていた少年が、冷静に、
「本気で殺す気か」
 助け舟を出す。
 ヘッドロックがはずされて、はじめは、咳きこみながら、ぐるりと三人の悪友を見やった。
「なーにが、絶好調じゃい!」
 幼いラインの頬を、膨らませる。
「え〜だって、英語数学科学に生物……おまけに世界史まで、ほぼ満点だったんじゃん」
「ツバメの低空飛行が毎回のおまえになにがあったのかって――ガリ勉連中目ぇむいてっぞ」
「面白かったけどさ」
「ふんっ、さんざん、カンニングだって騒がれて、センセーに呼び出し喰らってさ、はては、口頭試問だぜ」
 はじめが「げ〜」とばかりに、舌を出して顔をゆがめる。
「うわっ」
「そこまでされたのか」
「そりゃヘビーな体験だよな」
 うなづいてくれる三人を、
「わかってくれる?」
 うるうるお目々で、見上げてみれば、
「でも、金田一の場合」
「ほとんど」
「自業自得だよな」
 うんうんと、三人だけで世界を作ってたりする。
「なんでよ」
「常日頃、点数悪すぎ」
「で、受験間近になっていきなり点数上げたって」
「なぁ」
「疑ってくれって言ってるようなもんでしょう」
 丸い頬が、ますます丸く膨らんで、
「どーせっ」
 ぷいっと横を向いたはじめに、
「まぁまぁ、金田一、機嫌直せって」
「そうそう。でもって、ほんと、なにがあったんだ?」
「さくさく喋っちまえって」
 学ラン姿の中学生四人が、塊になって歩いている図は、微笑ましいというより、鬱陶しい。まだ、グラウンドだからいいようなものの、学校の敷地から一歩出れば、間違いなく、歩く障害物以外の何物でもない。
「え〜」
「ほら」
「げろっちまえって」
「楽になるぞ」
「それがさぁ」
 うんうん――――と、期待に満ちた顔を寄せる。
「なーんも覚えてないんだ」
「はぁ?」
「いや、オレ、試験の時、風邪気味でさ、どうも、熱出てたみてーなんだよな。だから、試験内容なんか、ぜんぜん記憶になくって、こりゃ追試だな――って、覚悟決めてたんだぜ」
 ははは――と、笑うはじめの肩に、
「きんだいち〜」
「おまえ」
「試験の時は、風邪ひいとけ」
 クラスメイトの手が乗せられた。
「でもさ、まじ、おまえ最近変」
「なにがよ」
「え〜だってさ」
「今日の英語、先生目が点だったじゃん」
「ネイティブの発音だって、呆然自失しながらだったけど褒めたのは、教師根性に尽きるのかも知んないけど」
「数学だって」
「すらすら解いてたし」
「実は、内緒でかてーきょうしつけたとか?」
「でもって、美人のおねーさんだったりして?」
「それは、羨ましい」
「ぜひとも、拝見させてくだせーまし」
「おまえら、ドリーム見すぎ」
 深い溜め息をついて、はじめは、そういえば――と、思い返す。
 最近、夢見がしんどくて、寝た気がしないのだ。でもって、悪友達が言う英語やら数学の時間というのは、ぼんやりしすぎていて、自分でもなにをしたのか覚えていなかったりする。気がつけば、教師がびっくりした顔をして、次いで慌てて、褒めことばを口にしている――そういうパターンが続いたのだった。
 ぼんやりと悪友達と歩いてると、
「おい」
 腕をつつかれた。
「ん?」
「見てみろよ」
「すっげー美人」
 促されて向けた視線の先に、ひとりの美人が歩いていた。
「でも、男? 女?」
「女に決まってるって」
「ばかだなぁ、胸ないじゃん。男だよ男」
 言われてみれば、確かに、暗色のシャツの胸元は、ふくらみに乏しく、寂しい。
「う〜ん」
「男だな」
「残念」
 そう思ってしまえば、もう、男にしか見えないから、不思議である。
 黒い髪が、チャコール系のジャケットが、時折りの風に煽られている。
 白い顔は、これ以上ないくらいに整っている。通った鼻筋や、細い、弓なりの眉。口角の持ち上がっている、赤いくちびる。
 なぜだろうか。はじめの心臓が、ドキンと、震えた。
 視線をはずすことができない。
 まるで、呪縛されたかのようにその場に立ち止まったはじめを、悪友達が不思議そうに見ている。
 と、美人が、はじめに気づく。
 整った造作の中、なによりも印象的な琥珀のまなざし。色っぽさを強調しているかのような、少々目尻が下がり気味の目が、はじめを捉え、大きく見開かれた。
 ふわり――とでも表現すればいいのだろうか。
 白皙の表情が、やわらかな笑みをたたえて、はじめを見た。
「え?」
 戸惑うはじめに、シャープな動きで、近づいてくる。
 気圧された悪友達が道を空け、三対の瞳の先で、はじめは、琥珀のまなざしと邂逅した。
「金田一、はじめ、くん」
 語尾を跳ね上げた、それでいて、確信に満ちた声は、響きのいいテノールだった。
「?」
 自分を凝視するとても切なそうな琥珀のまなざしが、はじめの脳を直接ノックする。
 そんな、錯覚にとらわれた。
「え〜と……」
 人差し指で、頬を掻きながら、「どなたさん?」と、訊こうとして、はじめは、固まった。それは、他の三人も同様のことで……。
 なぜなら、はじめは、件の人物に、抱きしめられ、そのうえ、キスされていたのである。
 はじめの脳が状況認識をするまでの数瞬の間、青年の赤いくちびるが、はじめの幼いくちびるを堪能する。
 そうして、ようやく状況を理解したはじめが慌てだしたころになって、
「失礼。あまりにも懐かしくて」
と、彼は、はじめを、解放したのだった。
 懐かしいとキスすんのか、あんたは! ――というのは、その場に居合わせた四人の思考だったろうが、幸いなことに、それは、声にはならなかった。
「まさか、今日、君と会えるなんて、驚きです。ああ、この後、どうしても抜けられない用さえなければ………」
 赤く染まりはじめた空を見上げて、乙女のように手を合わせる。
「スミマセン、僕はこれから用がありますので。また、日を改めて、お会いしましょう。それまで、お名残惜しいですが」
 そう言って、去ってゆく後姿を、毒気を抜かれて見送っていた彼らの耳に、
「お母さまによろしくお伝えください」
 青年の最後の言葉が、届いた。

 その青年の正体をはじめが思い出すのは、もうしばらく後のことである。
 ともあれ、四人の少年達は、ぼんやりと、家路に着いたのであった。



おわり



start 16:01 2005/09/20
up 17:01 2005/09/20


あとがき
 久しぶりの高金なのに、微妙です。
 『おともだち』の後なんですけどね、高遠くんが、壊れてますね。
 話自体も、なんかメリハリないなぁ。
 ともあれ、少しでも楽しんでいただけると、御の字です。
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー
HOME MENU