春 宵



 少なからぬひとの足音の合間に、ひそやかに、間遠な鈴の音が、聞こえる。
 ゆるゆると木々の合間に見え隠れするのは、松明に灯した臙脂色の火の色である。
 白装束をまとった十人の若衆が、輿を担いで山道を登っていた。
 輿に乗せられているのは、やはり白装束をまとった、十台の少年だった。
 見るものが見れば愛しいと思うだろう、それなりに整った造作の顔は、くちびるを噛みしめているものの、青ざめ、朦朧としているようである。
 それもそのはず、少年――金田一はじめ――は、後ろ手に縛められ、輿に乗せられている。彼の後ろには、意識のない従者がふたり、折り重なるように倒れていた。そのほうが、いっそ、幸いなのかもしれない。
 鳶色の瞳が、ゆるゆると、熱に浮かされたように、揺らめく。薬でも飲まされているのだろうか、はじめが瞳に映しているのは、ただ、重なり合う梢のあいまに見える、十六夜(いざよい)の月だった。
(二三也―――)
 はじめは、弟の名を、心の中でつぶやいた。


 金田一の荘の荘園領主には、異母兄弟がいた。
 兄をはじめ、五つ違いの弟を二三也といった。
 はじめの母親は、はじめを生み、ほどなく姿を消した。それは、不思議なことであったが、元が流れの巫女(みこ)であったということもあり、自由が恋しくなったのだろうということで、おさまった。後添いの妻は隣の領主の娘ということもあり、それに、長子――はじめがあまり丈夫ではないということも知られていたため、金田一の跡継ぎは、弟だろうという空気が、領主の館の中にはただよっていた。
 そんな空気の中にあって、今年十五を迎えた長子は、ひっそりと、母屋とは庭を挟んでわずかに遠い離れの棟で日々を過ごしていた。
「兄上!」
 丹念に彫り上げられた若武者人形のような顔をほころばせて、二三也が駆けてくる。
 大きな瞳が、きらきらと輝く。
 それがあまりにも眩しすぎて、思わずはじめは視線をそらせた。
 そんなことなど気にかけることもなく、はじめの暮らす棟の濡れ縁に腰を下ろし、二三也が懐から、蒔絵作りも美しい、横笛を取り出した。
「はい。兄上」
「なに?」
 思わず 二三也の顔を見返した。
「この間、笛をなくしたって言ってたでしょ、だから、これ」
 差し出された横笛は、しかし、
「おまえ、これは、確か、もらい物だろう。オレは貰えない」
「僕はどうせ笛へただしさ」
「二三也」
「だって、兄上に吹いて欲しいだけなんだもん」
 そう言って顔をゆがめる弟に、逆らえるものなどいるだろうか。
「わかった」
「じゃあ」
 二三也の顔が、たちまち明るくなる。
「でも、もらえないからな。借りるだけだ。二三也の好きなのを、好きなだけ吹いてやるから、これを貸してくれ」
 ぷうとふくれっつらをしかけた二三也の顔が、再び満面の笑顔に変わった。
「うん」
 どだい、この屈託のない少年を嫌えるものなど、いないのだ。
 自分だとて、どれほど、この母親違いの弟のことを大切に思っているかしれやしない。回りが危惧しているように、決して、嫌ってはいない。
 二三也にせがまれるままに、一曲もう一曲と、笛を吹く。
 自分になにかとりえがあるとすれば、それは、笛を吹くことくらいだろう。そんなはじめの鬱屈が曲に現われるのか、ともすれば、笛の音は、沈みがちだった。

 はじめに養子の話が持ち上がったのは、その年が明けてしばらくしてばのことである。
 遠縁の荘園領主の跡継ぎとして、この家を出てゆかなければならないというのだ。
 はじめには、反論する気は壕ほどもありはしなかったが、お兄ちゃん子である二三也にしてみれば、耐え難いことであったのだろう。
「兄上っ」
 濡れ縁から駆け上がってきた二三也が、
「なんでだよ! この家を継ぐのは兄上に決まってるじゃないか」
 声を荒げて、はじめに詰め寄る。
「父上と母上が決めちまったからな」
「イヤだって言えばいい」
 地団太を踏まんばかりの二三也のようすに、はじめは、ふっと、笑った。二三也ならば、そう言うだろう。言って、両親も、考え直すのに違いない。けれど、自分は――
「無理だって」
 自分のところに話が来るころには、それは、既に決定事項なのだ。二三也とは違い、自分の意見など、聞き入れられた記憶もない。
「!」
 はじめの笑顔になにを感じとったのか、二三也の顔が強張りついた。
 ふと、両肩に、二三也の陽に焼けた手がのせられた。
「二三也?」
 見上げるはじめのくちびるに、二三也のそれが重なったのは、ほんのわずかな間のこと。
 驚き目を見開いたはじめに、
「僕は、兄さんが好きなんだ」
 二三也は、はじめを抱きしめた。
 それは、決して、あってはならないこと。
 実の弟が、実の兄に、愛を告白するなど、ひととして許されることではない。
 だから、はじめは、すぐにも養子に出たいと、父に申し出たのだった。
 はじめと一緒に供としてあちらの荘園へと行くのは、ふたり。あちらにゆけば、すべてはあちらが用意して待っているとはいえ、それは、あまりにも少ない頭数だった。

 はじめを主(あるじ)とする総勢三名は、その二日後、夜陰に乗じて屋敷を後にした。
 あまりに寂しい出立ではあった。
 寡黙な主従は、それより三日後に、とある村に差し掛かった。
 どことなく落ち着きなくざわめいた村に、三人は、宿を借りることになった。
 村をぐるりと囲い込む柵の外からでも、あまり陽気とは感じられない興奮が、感じられ、できれば素通りしたかったのだが、わらわらとまとわりついてきた子どもたちを追い払うこともできず、村に引き込まれたのだ。
「祭ですのでご遠慮なさらず」
と、のっぺりとした顔の村長のことばに、なにがしかの不安がなかったといえば嘘になるだろう。
 しかし、はじめは、妙に押し出しの強い村長に、断りきることができなかったのだ。
 そうして、はじめの不安は的中する。
 夕餉の席で、まずは従者二人が昏倒し、はじめは捕らえられた。
「申し訳ございませんなぁ。………今宵は、大切な、百年に一度の大祭なものでして。客人(まろうど)どのに、我らが神の贄(にえ)になっていただかねばならぬのですよ」
 ひやりと冷たい笑みをたたえた、半白の髪ののっぺりとした男が、縛められたはじめの頬をその手でぞろりと撫でさすった。
 無理やり嚥下させられた、生臭い草の汁のせいで朦朧となったはじめは、そのまま禊(みそぎ)をさせられ、白い着物に着替えさせられた。
 篝火がたかれた村の広場で、神主に、なにやらわからぬ祝詞(のりと)らしきものをふるまわれ、はじめは輿にかつぎあげられた。
 ちりん――――と、古びた金の鈴が音をたて、それが合図であったのか、若い衆がぐっと一歩を踏み出した。


 黒々とした影を田畑に落とすその山は、足を踏み入れようとするものたちに心理的重圧を抱かせる。
 風が吹きはじめていた。
 雲が追いやられ、月の光を幾度もさえぎる。
 ざわめく木々のこずえが、ありえない化け物の影を、地面に投げかける。
 行きたくない――と、背筋を這い上がる拒否感がぞろりと全身に絡みつき、いやな汗がにじむ。
 それでも、これは、欠かせぬ奉納の儀式なのだ。
 しかも、百年に一度の、闇の大祭。
 欠かせぬのは、生きたひと。
 毎年の贄なれば、家畜を差し出すが、今年はそうもゆかぬのだ。
 彼らが神は、血を、殊(こと)に、ひとの血肉を、悲鳴を、何よりも好んだ。
 だから、彼ら若衆は、輿の上の贄を彼らの聖地である山の中腹へと運んだ後、死に物狂いで逃げなければならない。でなければ、彼らもまた、神の贄となりかねない。
 村長に受けた説明を、若衆たちは思い返しつつ、山を登りつづける。
 そうして、やがて、十六夜の月に照らし出された、聖地に到着した。
 急峻な山肌が迫ってくる、細い道の行き止まりに、ぽっかりと開けた空き地がある。その行き止まりには、黒々とした洞窟が、口を開けていた。
 空き地の中央に、注連縄(しめなわ)の巻かれた、黒光りする丸くたいらな台がある。
 台の上四箇所と、台の足元に四箇所、銅製なのか、青く錆を吹いた輪が穿たれていた。その輪に、生贄を縛めるのだと、知れる。
 若衆たちは、手際よく、ことを進めた。
 はじめは、飲まされた護摩汁(ごましる)に半ば意識を絡めとられている。そんな彼を台の上に縛めるのに、さしたる手間はかからない。
 はじめの従者を、また、彼らは、台の下の輪に、縛りつけ、異国風の響きの祝詞を、唱えはじめた。
 詠唱は、風や木々の悲鳴に不意にかき消されながらも、聖地に満ちていった。
 そうして、どれほどの時間が過ぎただろうか。
 生臭い風が、化け物の顎(あぎと)のような洞窟の奥から噴出した。
 ぴたり――と、十人の若衆たちの声が、あわせたように途絶えた。
 一様に青ざめた顔を見合わせ、じりと後退する。
 手にした刃で、生贄に傷を負わせることすら忘れ、彼らは、ひときわ生臭い風が吹き出したそのとき、後も見ずに、逃げ出したのだった。


 夜の闇よりも深い闇が、はるか上空から、このさまを見ているのに気づいたのは、はたして、いたのだろうか。いたとするなら、聖地に封印されている、当の神であったろう。しかし、村人により神と呼ばれているそれは、一年に一度の、そうして、百年に一度のご馳走に、すべての意識を絡めとられていた。
 飢えのゆえに、その神は、闇色の存在を意に介さず、無造作に、その食卓に姿を現わしたのだ。
 ぬらりと吐き気をもよおす臭気をまとい棲み処から現われたのは、なんとも曰く言いがたい、触手の化け物だった。
 おびただしい数の、粘液を滴らせる赤黒い触手が、ゆらゆらと、次いで、信じられないほどの速さで、意識を失ったまま縛められている、従者の一人を絡め取った。
 無造作に、男を縛めている縄ごと、凄まじい勢いで引きちぎり、持ち上げる。
 その衝撃に意識を取り戻した従者は、己の状況に、悲鳴をあげた。
(な、んだ?)
 はじめの意識が現実を認めたのは、まさに、従者の爆(は)ぜるような悲鳴のためだった。
 手と足を大の字に縛められ、自由になるのは首から上だけという、あまりといえばあまりな自分のありさまに、はじめの血の気のない顔が、引き攣れた。
 細い手首と足首に食い込むほどの縄が、はじめに千切れようはずもない。
 必死に頭をもたげて状況を確認したはじめは、悲鳴をあげることすら忘れて、ただ眼前の光景を、その両眼に映していた。
 魂消える絶叫とともに、従者の手足が引きちぎられた。
 ぼたり――と、従者の血しぶきが、はじめの全身をしとどに濡らした。

 二人目の従者が、骨の折れる気味の悪い音ととともに潰されてゆくさまを、はじめは、見ていた。
 全身は瘧(おこり)にかかったように震え、ぬめる血に、脂汗が、にじむ。
 なぜ、どうして、自分が、自分の従者たちが、こんなことに巻き込まれるのか。
(すまない………)
 自分についてきたばかりに。
 あやまっても、彼らが許してくれることはないだろう。
 恨まれても、当然に違いない。
 流れる涙は、彼らに対する謝罪からのものなのか、純粋な恐怖からのものなのか、はじめにはわからなかった。
(でも、すぐに、オレも………)
 現実のこととは思えない恐ろしい化け物と、今まさに食われようとしている、肉の塊と化した二人目の従者を、はじめは、呆けたように見上げつづけた。
 次は、自分だ――。
 逃げるすべすら奪われて、こんなにも非力な自分が、助かるはずもない。
 ぐしゃり――と、身の毛のよだつような音がして、ゆらりと血と粘液とにまみれた触手が、はじめのすぐ目の前に、迫っていた。
(ああ……………)
 目を閉じることすらできない。
(二三也)
 自分を慕ってくれた弟の名を、呪いかなにかのようにつぶやき、はじめは、ただ、迫り来る触手を、凝視しつづけていた。
 と、不意に、一陣の風が吹き、その場の吐き気をもよおすような臭気を吹き払った。
 そうして、まばゆいばかりの白銀の光が、はじめの目を灼いた。


 知り合いのところからの帰りだった。
 一瞬で住処に戻ることができる高遠であったが、その夜は、好みに合った酒の余韻を楽しみながら、夜風に吹かれて帰ろうか―――との、まさに酔狂で、夜空の散歩としゃれこんでいたのだ。
 心地好い酔いに身をまかせてどれほどが過ぎたころだったろうか。
 ふと、高遠の鼻腔を、不快な匂いが満たした。
(これは――)
 知らぬ匂いではない。
 だからといって、親しい匂いではないが。
 それは、どちらかといえば、対立する存在の匂いだった。
(しつこいですね)
 高遠の秀麗な眉間に、くっきりと縦皺が刻まれる。
 ひとの目にはかからぬだろう上空から、高遠は、眼下を見晴るかした。
 そうして、
「ふうん」
 黒い石に括りつけられている、ひとりの少年が、彼の興を惹いた。
 青ざめ、震えている、白い顔。今は血に汚れているが、汚れを拭えば、彼好みの顔が現われるだろう。
 僕のいる真下でいい度胸ですね――と、考えていた高遠だったが、この瞬間、彼は心を決めたのだった。


 周囲が焼け焦げる凄まじいばかりの異臭に、意識を手放しかけていたはじめは、目を開いた。
 とっさに閉じたとはいえ、目はまだ映像を結ばない。
 しばらく瞬きを繰り返し、ようやく見ることができたのは、黄金色のまなざしだった。
 信じられないくらいに整った、白皙の美貌に、流れ落ちる漆のような、漆黒の髪。
 知らず、はじめの全身が、がくがくと震えた。
 眼前に、自分を見下ろしている美男が、ひとならざるものであると、はじめの本能が、告げていた。
「あ……ありが…………」
 金のまなざしが、自分から離れない。
 その密度の濃さに、はじめの声が、尻すぼみに小さくなってゆく。
 と、やはり優美な先細りの指が、伏せたはじめの頤(おとがい)に添えられ、持ち上げられた。
「名は?」
 無造作な、それでいて玲瓏と響く声に、はじめは、意識せず名を告げていた。
「はじめか。僕は高遠です」
「え? あ……ちょっと」
 気がつけば、はじめは、はるかな高みに、高遠と名乗ったひとならざるもの――神に抱かれて、夜空に浮かんでいた。
 あまりのことにうろたえおびえるはじめに、
「慣れてくださいね」
と、短く言ってのけ、高遠は、その場から姿を消したのである。もちろん、はじめもともに。


 次にはじめが気づいたとき、そこは、まるで見知らぬ場所だった。
 ゆらゆらと揺れる蝋燭の光。
 薄ぼんやりとした灯りに照らし出されているのは、
「神?」
 漆黒の神が、はじめのこぼしたことばに、ふっと笑った。
「僕のことを神と呼びますか」
 金の瞳が、面白そうに、はじめを見下ろしていた。
 自分が神の膝に抱かれていることに気づき、はじめが真っ赤になる。
「オ、オレのこと、助けてれたし。………あんな化け物、一瞬でやっつけられるっていうのは、やっぱり」
「そうですか。ですが、僕のことは、高遠と呼んでくださいね」
「高遠」
「そうだ。はじめくんはいい子ですね」
 なぜとはわからず、はじめが落ちつかなげに身じろいだ。
   刹那、降ってきたようなくちづけに、はじめが、硬直する。
 二度目のそれには、もちろんのこと二三也のようなたどたどしさはなく、はじめは抵抗することすらできぬままに、甘んじて、高遠を受け入れたのだ。


 静かな屋敷には、ひとの姿もない。
 白木の欄干に胸をあずけて下を覗き込めば、そこには清らかな小川が流れている。川の中には、小魚や昆虫の姿が見える。ほとりには、水仙が咲き乱れている。たまさかに、庭に植えられているあまたの白梅の香に誘われたのか、鶯が鳴き交わす声ばかりが、せせらぎに混ざって、耳にやさしい。
 はじめのすべてが高遠のものになって、わずかに十日ばかり。
 今日は、高遠は、不在だった。
 高遠は、やさしい。
 そう、あの得体の知れない化け物を瞬時に滅ぼしたほどの力を持ちながら、高遠がはじめに酷い扱いすることはなかった。
 もちろん、あの行為そのものは、はじめにとって、苦痛であり羞恥のきわみでこそあったが、嫌悪感はなかった。
 ほんの戯れに――おそらく、それこそが真実だろうとはじめは思っていたのだが――自分を救ってくれた神に、すべてを捧げることは、ある意味法悦に近いものですらあったのだ。
 はじめは、満たされていた。
 ただ、気がかりがあるとすれば、それは、父でもましてや継母のことなどではなく、ただひとりの、弟のことであった。
 弟を避けるように旅立って、半月ほど。当初の予定であれば、養家に疾うについていなければならない。
 自分たち――ふたりの従者のことを思えば、胸が痛む――が着いていないことが、もう、金田一の家に知らされているころだろう。
「二三也………」
(寂しがってなけりゃいいんだけどな)
 はじめのくちびるから、吐息がこぼれ落ちた。
 そのとき、はじめの頬に、熱風が薙いだかの錯覚が襲い掛かった。
 したたかに、床の固さを味わい、はじめはぶれる視界を懸命に見開いた。
 そこには、
「高遠……?」
 これまでにない厳しい金のまなざしが、はじめを見下ろしていた。
 なにが起こっているのか、はじめにはわからない。
 ただ、高遠は、無言のままはじめの襟元を掴み、立ち上がらせた。
「誰のことです?」
 食いしばった高遠のくちびるから、低い声音が、押し出された。
「?」
 突然の高遠の変貌に震えながら、はじめは、高遠を見上げるよりない。
 自分の何が、神の逆鱗に触れたのか、はじめには、わからないのだから。
「二三也とは、君の、なんなんです?」
 目を覗き込むようにして、搾り出された問いに、はじめの震えがおさまる。
「…オレの、弟だけど?」
 答える声は、か細い。
「弟?」
「母親は違うけど」
 おそらく、自分がなぜ怒ってしまったのか、この少年にはわかっていないのだろう。あどけないような表情で、自分を見上げるはじめに、ふっと、高遠の強張った表情がほどけた。
 おそらくは、自分を知る誰に語ったとて、一笑にふされることだろうが、自分は、この子供を一目見て、惹かれたのだ。
 自分のものにしたい――と。
 だからこそ、あの忌々しい化け物から救い出し、独りになりたいときに使っているこの空間に招き入れまでしたのだった。
 その少年の口からふいにこぼれた未知の名を見過ごしにできるほど、自分は心が広くはないのだ。
  「オレが、養家に着いていないことを知ったら、弟が悲しむだろうなと思ったんだけど。高遠、オレが生きていることを、二三也に知らせるってのは、ダメか?」
「文を書きなさい。届けさせましょう」
 高遠のひとことに、はじめの頬にうっすらと、高遠が張ったのとは違う血の色がのぼった。
「ありがと」
 その表情が、なんとはなく色っぽく思えて、高遠は、
「ただし、それ以降は、君のこのくちびるが綴っていいのは、いいですか、僕の名前だけですからね」
 付け加えずにいられなかったのである。
「………」
「わかりました?」
「ああ……」
 ふたりの視線が、からみあう。
 高遠は、はじめにくちづけを落とし、はじめは、それを、おとなしく受け入れた。

 静かな空間の中、川のせせらぎと鶯の鳴き交わす声に混じって、あえかな吐息が、花開きこぼれた。


 それからしばらくして、眠る二三也の枕元に、兄からの文が届けられた。



おしまい
from 2004/03/08
to 2004/03/12

あとがき

 あいかわらずですが………。今回は、ベースが、「まかすこ」バージョンということもありまして、はじめちゃんが、病弱でおとなしいという……。ありえないですね。
 壁紙が桜なのに、なかみは梅と鶯という……。タイトルにあわせた壁紙にしてみました。ご容赦。
 少しでも、楽しんでくださるとうれしいです。
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー
HOME  MENU