水 妖

 僕は、ただ、水面を見つづける。
 広く青い海の中で、見つけた、ただひとり。
 薄れる意識の中、夢だったのか、幻だったのか。
 水難事故にあった後、しばらく入院をしていた病院から戻って、僕は、毎日、海を訪れた。
 思い返せば思い返すほど、あれは、夢であったような、幻であったような、不確かな気分に襲われる。
 けれど、あれは、現実だった。
 そう。
 やわらかいガラスの中のような水に囲まれて、僕の命など風前の灯なのだと、感じる余裕すらなかった、あの恐慌の最中。
 僕は、見たのだ。
 長い髪の、人魚の群を。
 古の伝えにある、長い髪の水の精が、船から落ちた僕たちを水の底へと引きずり行こうとしていた。
 海に沈む、恐怖と苦痛に引きつった、顔。
 たくさんの、顔。
 いずれ、僕の顔も、ああだったのに違いない。
 僕ひとり、助かる謂れも、理由も、ありはしなかった。
 けれど。
 僕は、助かったのだ。
 歳若い人魚の、戸惑ったような表情を、僕は思い返す。
 まだ幼い、丸い頬。くちびるを噛み締めるようにして、僕と、他の人魚たちを、何度も見比べていた大きな眸。
 僕の腕を掴む手の力も、ためらいがちで、死に瀕していた僕がその気になれば、他愛なく、振り切れていたのに違いない。
 けど。
 僕は、そうはしなかった。
 なぜなら。
 その人魚に、僕は、かつての幼馴染の面影を見たと、そう、思ったのだ。

 大切な、少年だった。
 明るく聡い、ただひとりの、僕の、理解者。
 彼にとって、僕は、ただの幼馴染でしかなかったろうが。
 しかし、僕は、彼を、愛していたのだ。
 誰にも手渡したくないほどに。


 けれど。


 僕の思いを彼が知ったのは、あの夜。
 ずっと好きだった少女に告白をしたんだ――と、彼が僕に打ち明けた、あの夜。
 僕のこの手が、彼の首を絞めた、あの、月の明るい、夜。
 たゆたゆと揺れる波の下から、まん丸に見開いた彼の目が、僕を見上げていた。
 まだ細かった首に、僕の手のあとを生々しく写して。
 僕の手が、彼の首に絡みつき、そうして、力を加えた瞬間の、彼の戸惑ったような表情。それが、人魚の顔に、重なって見えたのだ。

 死んだ少年が、僕を迎えに来たのだと。
 僕は、長い長い喪失がやっと埋まるのさえ、感じていたのに。
 なのに。
 人魚は、僕を、見捨てた。
 冴え冴えとした光を宿して、そうして、人魚は、僕の手を、離したのだ。
 これが罰なのだと。
 自分を殺した人間を、決して許しはしないのだ――と。
 離れてゆく人魚を見やりながら、僕は、手を伸ばして、“彼”の名を叫んだ。
 ―――――ハジメ。
 長い髪が水にひるがえり、ちらりと、彼が僕を見た――ような気がした。

 気がつけば、僕は、病院のベッドの中だった。

 たくさんの人間が死んだのだと。
 僕が助かったのは、奇跡だと。
 医者と看護師とが、静かに口にした。
 僕は、声もなく、ただ、静かに首を横に振るだけだった。

 きらきらと、水面に千の銀が散る。
 目を眇めて、僕は、ただ、水面を眺めつづける。
 いつか、彼が、再び姿を見せてくれることはないだろうか――と。

 嗚咽が、静まり返った空間に、波紋を描く。
 断続的な機械音がしだいに間を開き、ついには、甲高い悲鳴に似た音となる。
 ヨウイチ――と、ひとりの女性が、ベッドに横たわる青年の上に、身を伏せた。



 嵐の夜、ひとりの青年が海に呑まれた。
 なぜあんな嵐の夜に病院を抜け出したのか。
 救助された青年は、すでに息がなかった。しかし、その表情は、不思議と幸せそうなものだったという。
 理由を知らないひとは、口々に、青年の軽率さを、病院側の管理体制を杜撰だとあげつらう。
 しかし、青年を知るものは、痛ましげに、ただ、首を横に振るのみだ。
 とても仲のいい幼馴染だったのだと。
 たまに病院を抜け出す以外は、いたって静かで手のかからない患者だったのだ――と。
 重い口を開いたのは、誰だったのか。
 もう五年は昔の惨劇を、ひとは、思い出すかもしれない。
 それは、連続殺人事件。
 当時犯人は、捕まらず、被害者は、三人を数えた。
 最後の犠牲者が、高校生の少年だった。
 少年は、絞殺され、海辺で発見された。
 発見者は、少年の幼馴染。
 その晩、ささいな仲たがいで二人が別れたその後に、少年は殺されたのだ。
 謝ろうと引き返した彼は、少年の、最期を、その目に焼き付けた。
 ―――――――そうして。
 その後に、彼がとった行動を、誰が、とがめだてできるというのだろう。
 彼は、犯人に襲いかかったのだ。
 幼馴染を目の前で殺され逆上しての行為は、心神喪失との判決が下され、彼は、入院を余儀なくされた。
 その間の生活で、彼は記憶を、書き換えてしまったのだ。
 他の誰でもない、彼自身が、幼馴染を殺したのだと。
 穏やかに彼はほほえみ、言う。
 愛しているから、誰にも渡したくないから殺したのです。
 静かに、ただ、誰をも見ていないまなざしで、医師に告げるのだ。
 僕は、彼を、愛しているのです――――――と。



おわり

start 14:40 2007/08/14
up 15:42 2007/08/14
 ◇言い訳◇
 久しぶりに書こうと思い立ったのは、はっきり言って、コメディだったのですが。いえ、ね。いただいたイラストに軽いタッチの明るいお話をつけようと思って考えてたのですが。どこでどう狂ったのか、蓋を開けると、シリアス………。
 救いがない。
 しかも、前半遙一君のモノローグで、後半三人称――こんなんありかなぁ。
 こんなのでも、楽しんでくださるとうれしいです。
HOME  MENU
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー