愛というのじゃなく



 貫きたい想いがある。
 そう。あのひとを得たい。
 誰にも渡さずに、この手の中に鎖して、そうして………。
 想いを告げてかなうものなら、疾うにそうしていただろう。
 しなかったのは、相手が悪すぎたから。
 なぜなら、相手は、同性の、しかも、『兄』だったからだ。
 父親だけが同じ、兄。
 この想いは、あまりにも、報われなさすぎた。

※ ※ ※

 それは、悪夢にも似た、現実だった。

 母親の連れ子の慎が、実は父親が同じ弟だと知ったのは、いつだったろう。それは、親父が、母を裏切っていたことの証である。けど、母が死んだ今となっては、そんなことを気にするのは、自分だけだ。
 そう。そんなことで、慎の人間性を決めつけて嫌うのは馬鹿げている。しかし、理性と感情とは別物なのだ。
 可愛いと思っていた弟の存在。それが、少しずつ疎ましくなってゆく。どうすればそれに歯止めがかけられるのか、わからないままで、確実に慎との間に溝が刻み込まれていった。
 気がつけば、家族の中で独りきり孤立しているオレがいた。
 仕方がないで片づくものなのかどうか、自分でも判然としないままで、そんな現実を受け入れていた。
 どうせ、もうじき家を出るつもりだった。
 大学に受かりさえすれば。
 言ってみれば、それだけが希望だった。
 そうして、彼らが死んだ。突然のことだったから、すぐに信じることはできなかったけれど。けれど、どうしようもない現実だった。
 「兄さん、志望大学を変える気、ない?」
 オレを産んだ母のアトリエ。母はちょっとは名の知られた画家だった。
 陽がさんさんと射し込んでくるここだけが、自分の部屋以外で唯一気が抜ける場所だった。
 いつの間にか寝こけていたようだ。
 葬式が済んでからこっち、妙に疲れやすい。
 からだが、だるい。
 立ち眩みもするし、咳も出る。
 風邪だと、ヤバイ。
 もうじき入試があるというのに、気を引き締めなければ。
「聞いてる?」
 二つ年下の慎は、やけに懐っこい。
 けれど………。
 華奢で色白で、やさしい顔立ちをしているが、目つきがそれらを裏切っている。なんというか、危ない目つき、思い詰めたような目つきをしている。
 頭がよくて、おそらく、親父は慎を後継ぎに考えていただろう。
 オレは別に医者になりたくはないから、はっきり言って、別に誰が医者を継ごうとかまやしない。どうでもいいことだ。だいいち、人間の体を切り開いて、血が滲む内臓や神経なんかにさわりたくない。あんなことは、どこか神経が一本もげてでもいなければ、できないと思うのだ。
 そんな恐ろしいことを職業にするよりも、好きな絵を描いて過ごしたい。人間関係に煩わされずに………。
 それだけが、望みなのだ。
 放っておいてほしい。
「聞いてる。でも、なんで、いまさら変えないといけないんだ?」
 突拍子のないことを――と、ソファにだらんと懐いていたからだを起こす。それだけで眩暈がする。からだが、重い。
「あそこ受かったら、県外じゃないか。兄さん、そんなに、家を出たいのか?」
 慎の薄い色の瞳が、驚くくらい目の前にある。
 なぜだか背中が強張るのがわかった。
 慎には不思議な迫力がある。いつも、外人のように、こっちの目を覗き込むようにして話し掛けてくるからだろうか。慎のことを苦手だと思う理由だった。
 怖いような目をしている。
 そう。目は口ほどにものを言うとか、目は心の窓とかいうけれど、それが正しいのだとすれば、慎はいったいどういう人間なのだろう……。
 わからない。
 同じ高校なので、慎が女子に受けがいいことは知っている。外見が優男だから、わからないでもない。しかし、女子だけではなく、意外と誰にでも好かれるタイプらしいのだ。証拠というわけでもないが、まだ一年なのに生徒会長をしている。
「出たい」
 もういいと思って、ストレートに断言した。
 放っておいてくれ。
 何かにつけて、慎が懐きたおしてくるのが鬱陶しい。
 基本的に、独りが苦にならない。というより、独りでいることのほうが好きなのだ。
「そう。……兄さんって、僕のこと嫌ってるよな。基本的に」
 わかってるんじゃないか。
 必死で嫌わないようにと思っていたが、やはり、本能では、どうしようもなかったらしい。慎に気づかれるくらいには、露骨だったということなのか。
「それってやっぱり、僕が愛人の子だからだったりする?」
 ダイレクトに聞いてくるよな。ま、いいか。
「そうだ。なるたけ考えないようにはしたけどな。どうしても、駄目だった」
 じぃっと、見つめてくるまなざしが、まるで天敵のようで。ぞくっと、鳥肌が立つ。
「そっかぁ…。兄さんって、嘘つけないもんな」
 呟きながら、慎は、アトリエから出て行った。
 このやりとりが、最後の堰を切ることになったのだと、オレは、気づいてもいなかった。

 言い訳になるが、知らなかったんだ。

 オレが慎のことを嫌いだと言い切った後も、ヤツは忘れたように寄ってきた。
 受験勉強の友に―――と飲み物や食い物を持ってくるのだ。
 食べ物で懐柔しようとでも言うのだろうか? そこのところの慎の思考回路が理解不能だったりするのだが………。
 オレの体調が最悪になってとうとう倒れてしまったのは、最悪なことに入試の十日前だった。
 最悪だった。
 せめて、試験だけでも受けられていたなら。
 後からそう思ったものだ。

 そう。逃げることができていたかもしれない。
 この、地獄から。

 すべては、慎の仕業だった。
 知ってしまった。
 知らずにいたほうがよかったのか。
 慎の張り巡らせた蜘蛛の糸は、すでにオレを捕えて離さない。
 今夜も慎は来るのだろうか。
 …昼も夜も朝も、慎にとってはあまり意味がないらしいが。
 それでも………。
 かいがいしく病気の兄の世話を焼く弟。
 美談だろう。
 誰だって、疑いもしない。
 少しずつ少しずつ、からだのだるさは酷くなり、そうして遂に首から上以外動かせなくなった。
 原因不明の病。
 そう診断されて、やがて1年。
 けれど、オレにはわかっている。
 オレの病気の原因は、慎なのだ。
 思い込みなどではなく。
 慎が、運んできた飲み物や食い物。その中に、毒物が混ぜてあったのだ。
 オレは、そういうことに興味がなかったから詳しくはないが。でも、家が総合病院をしているせいで、比較的容易に手に入れることができるのかもしれない。
 そうまでしてオレを閉じ込める、慎の執着。
 いつのまに、こんな執着を持たれていたのか。
 人としての道を踏み外すほどの、執着。
 血の繋がっている弟が、どうして………。何度繰り返した疑問かわからない。
 愛でもなければ、もちろん恋などというものでもない。
 あるはずがない。
 ただの、執着。
 あの時、オレが受験する大学を変えていれば、慎はこんな暴挙に及ばなかったのだろうか。
 わからない。
 ただ、恐ろしいのだ。
 手段を選ばない慎が、酷く恐ろしい。
 慎は、オレを、抱く……のだ。
 血の繋がっている弟が、異父兄であるオレを。
 誰も知らない。知られたくもない。
 おそらく、ただひとりを除いて。
 慎に懐柔されたのは、父の助手だった男。
 彼もまた医者だというのに、慎に頼まれるままに、カルテを書き換えたのだ。
 医者のすることじゃない。
 オレの口が利ければ、せめて、オレの手が動けば、慎を殴り倒してヤツを訴えるだろう。
 しかし、現実のオレは、動くことすらできないのだ。慎の手を借りなければ、身動きひとつままならない。                        
 オレの眠りは揺らいだ。
 誰かがオレの首筋に触れている。
 確かめるまでもないと、わかっている。
 こんなことをするのは、慎しかいない。
 ゆるゆるとしたまどろっこしい覚醒。
 怠い。
 からだが泥の中に埋められているようで、辛い。
 昨夜の慎のしつこさが思い出されて、ドキンと心臓が跳ねた。
 快感は屈辱に直結している。
 一方的に煽られ、堕とされる。その繰り返しの果てに訪れる、引き裂かれる苦痛すらもがいつかしら快感へと変貌を遂げて…。
 どうせなら意識もない人形であったほうが、どんなにかマシなのに。そう思い知らされる時間。
 出てくるのは、叫びにもならない、無様な喘ぎばかりで。
 思い出すたびに死にたくなる。
 どうしてこんなことをされなければいけないのか。
 いくら考えても、わからなくて。
 憎いのなら、目障りなのなら一思いに殺してくれればいいのだ。
 ぐるぐると、出口のない思考。
 無限ループから抜け出したのは、からだに触れてくる掌の感触のせいだった。首筋を上下していたそれが、ふいに、胸に移動して、快感の種に触れたのだ。
 慎によって敏感になってしまったからだがかすかに震え、喉が鳴る。
 触れたと思えば抓まれた。引っ張られ、爪を立てられ、弾かれ、ぬめったくちびるが触れた。からだの中心が熱をもつ。
(やめろっ! やめてくれっ。こんなことは、イヤなんだ)
 ことばにならない叫びが、首を動かす。
「これがいいんだね……」
 ねっとりといやらしい声が耳朶を打つ。
(慎!)
「ここが、もうこんなに」
 そう言って慎が触れたのは、からだの芯だった。
 自分の意志ではほとんど動かないからだが、わずかにとはいえ跳ねる。
 熱を散らすすべなどもとよりなく。
 好き勝手にからだを弄られる情けなさが、涙を誘った。
「悔しいの?」
 くすくすと笑いながら、慎がささやく。
「でも、こうすれば気持ちいいでしょ?」
 やっとのことで背けた顔を、慎が正面に向けなおす。
「ダメだよ。誰が兄さんを抱いているのか、しっかり見てなくちゃ」
 色の薄い瞳が、オレの目を覗き込んでくる。
 せめてもの抵抗と、目をつむろうとしたオレの…を、慎が力まかせに握りしめた。
 信じられない痛み。
「懲りない人だなぁ……。まだわからない? おとなしく身を任せるしかないだろう。いくらからだが動かなくったって、感覚はあるんだから、痛みよりも、気持ちいいほうがいいはずだよ。それとも、兄さんって、マゾなの? そういうのが好きなのだったら、そうしてあげるけど?!」
(そういうおまえは、なら、ネクロフィリア―死体嗜好―かよっ!)
 クソッたれがっ!
 ぺっ。
(あっ)
 怒鳴り返せない苛立たしさから、思わず飛ばした唾。それが、まともに慎の頬に命中した。
「………」
 慎の眉間に縦皺が刻まれる。
 鬼面のような表情に後悔したが、後の祭りだった。
「そう。よくわかったよ…」
 何がよくわかったのか。しかし、それが、慎の逆鱗に触れたのだということだけは、慎の表情を見れば一目瞭然だった。
 慎の激情。
 オレの快感など置き去りにして、自分の快楽だけを求める行為………。
(もうイヤだ。死なせてくれ………)
 あまりの苦痛に舌を噛もうとして、
「死なせない。死ぬのなんか、許さない」
 くぐもった慎の声。
 死にたい。なのに。
 頬で爆ぜる熱。何度も何度も、慎が頬を殴る。
 鼻の奥はきな臭く、くちびるはひりひりと痛む。 
 からだの芯は感覚すらなく。
しだいになにもかもがわからなくなった。

「…さん。にいさん……ごめん………」
 遠い声。
「ごめん…」
 慎の声。
 いつもの自信に満ちたエゴイストきわまりない響きは、どうしてか、なかった。
 むかし、ずっとむかし。まだオレが自分自身の感情を持て余していなかった頃。――まだ、慎の母のことを屈託なく『母さん』と呼べていた頃。そう、父と彼女の裏切りを知らなかった頃の、慎の声。もっとも、そう思ったのは、後のこと。おそらく、慎の暴行に記憶が混乱していたのだ。
 だから、
(どうしたのだろう)
(なにが、そんなに、悲しいんだ…)
 大丈夫だと言ってやりたかった。しかし、声も出ない。手も動かせない。
(どうして)
 目を開けることすらできなかった。自分の自由になる箇所がない。それどころか全身の痛みが何故なのかもわからなくて。
 ただ混乱し、焦った。
 ストンと、自分の〔今〕を思い出せたのは、
「あんたがいれば、なにもいらない………」
 慎の声のトーンが変わったからだった。
 今まで一度も聴いたことのない、掻き口説くような甘い声。
「兄さん、あんたは、僕のだ。どこにもやらない。勝手に死ぬのだって、許さない」
(え?)
 ドクンと、一つ鼓動が大きく鳴った。
 信じられない。
 ねっとりと絡みついてくる慎の声に、からだが熱くなる。
 身勝手きわまりない、独白。しかし、それは、どこか愛の告白に似ていた。
 しかし、そんなことを、認めるわけにはいかない。
 慎のしたことを、許すわけにはいかない。
 これが、愛だなどと、そんなたわけたことを認めてどうするのだ。
 これは、愛じゃない。
 愛というのじゃなく………、ただの執着なのだ。だから、
(許さない)
(許してなんかやらない)
おわり
START     2000/10/21
UP    15:47 2001/04/26
あとがき
 う〜ん。 玉砕かな。もともとが夢で見たネタですからね〜(-_-;)
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー
HOME MENU