ある朝 美鶴は



 出会いは、まったくの偶然だった。
 美鶴の誕生を祝ってくれる友人たちと、カラオケボックスでの誕生パーティー。内緒で持ち込んだアルコール。ついつい羽目を外して、おひらきになったのは夜の十時近くだった。
「さっむー」
 つぶやいた息が白く凝って大気中に流れ出す。
 いくら門限はあってなきが如きいまどきの高校生とはいえ、これはさすがにやばい時間だろう。
(ここつっきってけば、近道なんだけどね)
 夜の公園は常夜灯が灯っていようと物騒なのだが。背に腹は換えられないと言うべきか。結局美鶴は公園を突っ切ってゆくことを選んだ。
 白々と照らし出される木々や遊具の影。水がとまりきっていない噴水の音。ときおり吹く木枯らしに、木々がしなり悲鳴をあげる。どこか現実味の乏しい夜の公園は不気味で、
(さっさと抜けてっちゃおう)
 ダッフルコートの襟を掻き合わせた美鶴が決意も新たに足を速めた時だった。ふと気になる声のようなものを聞いた気がして足を止めた。
 シンと乾燥した冬場の空気。耳を澄ませた美鶴の聴覚に触れるのは、遠く響く車のエンジンの音やクラクションなど町の喧騒ばかり。と、集中していた耳が、
『ヒー』
 もう一度、今度は確実に聞こえてきたかすかな悲鳴を捉えた。咄嗟に美鶴の正義感が弾かれる。気がつけば美鶴は駆け出していた。
 後先考えない性格は後になって思い返すたびぞっと背中に粟を生じさせるが、当然のことながらその時はそんなことを考える余裕もない。
 悲鳴の方向へと勘を頼りに近づき、
「どうしたのっ?!」
 と、声を張り上げ、同時に美鶴の鳶色の瞳が大きく見開かれた。
 丈高い植木に囲まれた公園の中の死角に、漆黒のシルエットが端然と佇んでいる。都会の闇など闇ではないと嘲うかのような存在感でその場を支配している、それ。
 冬場の肌を刺す空気がより鮮烈な突然の風に押しやられ、雲間から月が顔を出す。そうして、美鶴は見た。
 漆黒の闇を統べるかのような、この世のものならぬ異形の美を。月光に照らされて闇に浮かび上がる白い顔。欝金に滾る異形のまなざしを。過ぎる血の色を宿した、真紅のくちびるを。その足元に倒れている人影をも、美鶴はしっかりとその目に焼きつけたのだ。
(死んでる?)
 闇をまとった存在を気にしながら、美鶴が恐る恐る倒れている人影に近づく。
 "闇"は、端然と動かない。
「!!」
 伸ばした手に触れる、かすかにまだあたたかい頬。
「ねぇっ」
 生きているだろうかと、目の前の"闇"の存在を忘れて手首を握り脈を診る。しかしどんなに手首を探ってみても、その人物が生きているという証は得られなかった。
 ふいに、闇を統べる存在が動いた。
 今がどういう状況なのかをたちまち思い出し、美鶴が立ち上がる。
 "闇"は流れる水のようなすべらかな動作で美鶴に近づこうとしていた。それは、あきらかに人の動きではなかった。
「ひっ」
 本能で後退さった美鶴の背中が、植木がしなるほどの激しさでぶつかる。素早く伸びてきた腕が、美鶴の肩を捕らえた。と、美鶴の全身が大きく震える。美鶴の鳶色の瞳を覗き込んでくる、欝金のまなざし。感情の捉えがたいそのまなざしが、ふと眇められたように見えた。
「オヤ…君は………命を取るのはやめておきましょう」
 何かを思いついたのか、かすかな感情が異形の瞳に宿った。
「その代わり」
 近寄ってくる白い容貌。限界まで見開いた美鶴の視界いっぱいにその異質なまでの美貌が迫る。赤く濡れた舌がそれよりも赤いくちびるをちろりと湿した。どこか爬虫類めいたその仕草に美鶴の恐怖が頂点に達する。白い異形が、美鶴の視界から消えたと思った時には、きつく抱きしめられていた。それは、拘束であったのだろうが。思わぬほど近くに自分のものではない息遣いを感じ、美鶴の思考が硬直する。これまでに感じたことのない種類の恐怖に震える美鶴の耳のつけ根に、ちくりとした痛みが走った。一瞬の痛みののちにカッと焼け爛れるような熱がその場に集中してゆく。ドクンドクンと、美鶴の全身が巨大な一本の血管になったような錯覚があった。同時にくらりと揺らぐ地面。自分自身を支えることができない心もとなさのまま脳がへシャげるような、眩暈。玲臈と響く声が、意識を手離しかけていた美鶴の耳の奥に幾重にもこだましていた。
 『これは、契約ですよ。いつかそう遠くなく、君は僕の助けを求めることになるでしょうから………』


※ ※ ※


「みつるー、朝だぞ、起っきろ〜!」
 バタンと大きな音を立ててドアが開く。耳元でがなりたてるのは、冬休みのお約束、早朝マラソンから戻ってきた文也である。
 耳がキーンとなる。
 心臓がばくんばくんと乱打する。
「フ〜ミ〜ヤ〜あんたねぇ…」
 ベッドサイドに腰をかけて、頭を支える。
 頭が重い。
 そういえば、いつの間に家に戻ってきていたのだろう。
(昨夜は、彼女たちがカラオケボックスで誕生会を開いてくれてぇ、それで羽目を外して、遅くなった…んだったよね。この頭痛って、二日酔いとか?)
 昨夜の自分の行動をあらかた思い出した美鶴は、脳裏を過ぎった映像にギョッと固まった。
 闇の申し子のような、白い美貌。
 足元に事切れていた、骸。
 あれは、現実にあったことだろうか。
(夢じゃなかった?)
 もう一度記憶をたどろうとした美鶴の思考は、
「美鶴っ! 早く起きろよなっ」
 文也の叫び声に霧散した。そうして美鶴は、くらくらする頭を抱えて居間に下りたのだ。
「あら、美鶴あんた顔色が悪いわよ」
 どったりとテーブルについた美鶴に、母親が心配そうな声をかける。
「夜遊びなんかするからバチが当たったんだ」
 八つ年下の生意気盛りの弟の底意地悪そうな指摘に反論をする気にもならない。なぜなら、父親が読み捨てた十二月二十二日付けの朝刊を開いた美鶴は、何気に泳がせた視線の先の小さな記事に全神経を奪われてしまっていたのだ。それは、美鶴の家から遠くはない公園の片隅で、男性の死体が昨夜遅くに発見されたと言うものだった。死因は過労死と書かれてはいたが、美鶴は直感していた。その死体こそ、自分が昨夜見たものにちがいない―――と。
 ふと視線に気づき顔を上げた。変な顔をして自分を見つめている母親と弟。震え出すのを堪えてようやくしぼり出したのは、
「朝ごはんはいらないから」
 それだけだった。途端、
「美鶴?!」
 文也が素っ頓狂な声をあげた。母親も卵焼きを巻いていた菜箸をまな板の上に置き、テーブルの向こうに座っている美鶴に手を伸ばした。何があっても三度の食事は忘れない美鶴のそれは、彼女たちの度肝を抜くのに充分だったのだ。
 かすかに湿った冷たい掌の感触。額に感じる母親の掌が心地好く、美鶴は目を閉じた。
「あんた熱があるわよ。昨夜遅くまで帰ってこないって心配してたら、玄関先で寝てるんだから、まったく。お酒も飲んでたでしょう。ばれないと思った? まったく、女の子の癖に羽目を外すとすぐこうなんだから。風邪でも引いたんでしょ。天罰よ。薬飲んでおとなしく寝てなさい。後でお粥でも持ってくから」
 結局その日から二日間、美鶴の熱は下がらなかった。
 ベッドの中で見るのは、闇をまとった死神とでも言うかのようだったあの白い美貌ばかりで、何度もうなされては飛び起きた。耳鳴りに混じって、玲臈とした声が、聞こえる。そのたびに、
(どうしてわたしが、見も知らない、人間でもない存在の助けを求めなきゃならないのよっ)
 と、喚こうとするが、声にもならなかった。
 そうして、二度目の出会いは、美鶴の熱が下がって三日後のことだった。
 冬休みである。美鶴は繁華街をぶらついていた。というか、友人にドタキャンされたのだ。携帯の向こうで突然のデートにワクワクと舞い上がってる友人になにが通じるだろう。
「友情よりも男の子を取るんだな、このやろ。今度なんかおごってよねっ」
 どうせ忘れられるだろうことは承知の上で、美鶴はそう言うと通話をきったのだ。
「さっむ〜、やっぱ冬だよねぇ」
 暖冬だと毎年のように言われるものの。今日の寒さはからだの弱い人間などひとたまりもないような気がする。怠い全身に突き刺さってくる冬の冷気。今にもこの場所から逃げ出してしまいたかった。
 けれど、ちょうど日曜日と重なっていることもあってか、人ごみはいつもの比ではなかった。
 寒さに負けないバイタリティは、いったいどこから来るのだろう。そんなことを考えながら、美鶴は足を速めた。
「はぁ…どっかの店にでも入って、ぬくもってから一気に帰ろ」
 少なくとも全身凍えきっているからだを温めたい。喉も渇いてきていた。美鶴がきょろりと周囲を確認した時だった、
「君」
 突然のことに、声の主が自分を呼んでいるとは気づかず行き過ぎようとして、
「君ですよ、白のダッフルコートに白のブーツの君のことです」
 それが自分を呼んでいるのだと美鶴はようやく気づいた。
 声の方向を見れば、よくもそんな寒々しく目立たないところにと思うようなビルと店舗の隙間、細く陰った路地に占い師の姿があった。ビル颪の風にはためく黒いクロスのかかった、折りたたみテーブル。これも折り畳みだろう椅子。占い師は繁華街の方向を向いているが、影に半ば隠れるようにしているために顔はわからない。テーブルに両肘をつき組み合わせた手の甲に顎をのせていた占い師が、右手で美鶴を招いた。
「お金なんかないけど?」
 胡乱だと思いながらもなんとなく近づいた美鶴に、占い師が椅子を勧める。
「お代は結構ですよ。それよりも、君、カードを選んでくれませんか」
 白い手が優雅に深紅のカードを切る。美鶴が言われるままにカードを選ぶたび、たゆみなく黒いクロスの上にスプレッドが展開されてゆく。
 一枚を中央に、残る六枚が円を描く。
「これが、君の運気の流れ………おや、ジャスティス…正義の正位置ですね。誠実で公明正大。結構なことです。よって、人間関係は、テンペランス…節制の正位置。いかにもです。安定した生活に、活発な社交」
 優美な手がひるがえるたび、深紅のカードがモノクロのイラストの面へと反されてゆく。静かな響きのよい声が、滔々とカードから美鶴の運気を読み取ってゆく。
(遊びだよねぇ…)
 なんとなく気を飲まれてはいたものの、美鶴はそんな感じで、占い師の言葉を半分聞き流していた。
「…おや、恋愛は、タワー、塔の逆位置ですね。これは…大変ですよ。好きな相手との別離の兆し……頑張らなくては。誠実さを心がけることです。そうして、家庭は…おや? 意外なカードです。ハイアラーファント、法王の逆ですか……これはどうしてでしょうね、何か大変な問題に、援助が得られ難いと言うことでしょうか。その問題は……ああ、デス…しかも正位置とは。君、健康に気をつけたほうが良さそうですよ。どうも、以下、デビルの逆位置に、ホイールオブフォーチュン、運命の輪の逆と続くからには、循環器系には特に注意して。おかしいと思ったら、すぐ病院に行ったほうがいいですね」
「はいはい」
 なおざりな美鶴の返事に、
「おや? 本気にしてはいませんね。僕の占いはよく当たるのですよ。特に、ひとの生死に関わることでは、ね」
 ふと、占い師の声のトーンが、変わった。
「なぜなら、僕自身が、ひとの生死に関与するものなのですから…」
 面白がっているような、そんな雰囲気が占い師の言葉に混ざる。そうして、声はどちらかと言えば、無機質なものへと。その奇妙にアンバランスな声の響きにギクリ…と、美鶴が硬直する。記憶をよみがえらせる、美声。町の喧騒が遠く潮騒のように引いてゆく。そうして、目の前にいる占い師は、いつしか闇をまとったあの夜の人ならざるものへと変貌を遂げていた。否、正体を現わしたとでも言うべきなのか。既に、テーブルも椅子も、影も形もない。ただ、路地の影を背景に、端然と佇んでいる人ならざる青年。
「あなたは…」
「ああ、覚えていてくれたのですね。ほんと、君、病院に行ったほうがいいですよ。これは、僕からの忠告です」
 ゾクリとするような、白く壮絶なまでの異形の……。
「あなたは、いったい!」
「あなたと呼ばれるのも、あまり楽しいものではありませんね。そうですね、僕は、高村蓉と言うのですよ、叶美鶴さん」
 あの夜とは違い、ひとがましいまでの楽しげな声。しかし、美鶴はゾッと震えた。
「なんで、どうしてわたしの名前っ」
 クスクスと、ひとの悪そうな笑い声。
「それは、企業秘密とでも。それでは、また遠からずお会いしましょう。グッド・ラック!」
 そう言うと、高村蓉と名乗った存在は美鶴の目の前から幻ででもあったかのように姿を消したのだ。
 一気に、町の喧騒が美鶴を取り巻く。
 くらり…。
 美鶴の視界が、へしゃげ、揺らぐ。
 きゃぁっ!
 うわっ!
 なんだっ!1
 周囲のざわめきがひときわ大きくなり、美鶴の脳裏を遠く駆け抜けてゆく。
 そうして、美鶴の意識は途切れたのだった。


※ ※ ※

「美鶴ちゃん」
「あ、真佐人くん」
 食後の薬を飲んでしばらくうとうととしていた美鶴は、滝川真佐人の静かな声で我に返った。
 検査入院して五日間。退院の「た」の字も聞こえては来ない毎日。せっかくの冬休みなのに、損をしているような気がする美鶴だった。
 幼馴染みである真佐人の見舞いに、なんとなく居心地が悪いような気がしたが、
「その椅子にでも座って」
 とりあえず、椅子を勧めた。
「うん。あ、これ、見舞い」
 手渡されたのは、ケーキの箱。
「あ、ありがと」
「おばさんと文也くんから聞いてびっくりしたよ。美鶴ちゃんが入院なんて、初めてだし」
 言いながらも真佐人はポットからお湯をそそいでいる。二人分用意したカップの中にそれぞれ沈んでいるティーバッグ。
 滝川真佐人は、ずっと美鶴のお隣さんで、幼稚園から高校まで嫌というほど同じクラスになりつづけてきた間柄だった。美鶴よりこまめで世話焼きで、頭もいい。少し細めの瞳が、全体にすっきりと整った容貌の中で、チャームポイントになっている。きっと国立文系だろうと国立理系だろうと間違いなくトップの成績で合格できるよねと囁かれているのに、将来の目標はケーキ職人などと言って担任を泣かせた経歴の持ち主だったりする。
 箱から出されたのは、
「プリンだったら食べられるよね」
「わ、真佐人くんが作ったプリン? うん、食べ物に制限があるってことは聞いてないから」
「よかった! けど、ごめん。これ近所のケーキ屋さんのだよ。作ったケーキ、箱詰めしてて落としたんだよね」
 真佐人の心配そうな表情が明るくなる。
「ううん、これも美味しいよ」
 早速プリンを頬張り美鶴が真佐人に答える。
「けど、そう言えば、ケーキなんてずいぶん食べてないよーな」
「嘘ばっか。二週間前に食べたって。誕生日だったんだし」
 真佐人の指摘に、ぽりぽりと後頭部を掻きながら、
「そーいやそーだっけ」
「そーだよっ! 文也くんと真佐人スペシャルのデコレーションケーキを忘れたとは言わさないぞ」
 悪友たちが開いてくれたカラオケボックスでの誕生パーティ。それとは別に、早い時間に文也と真佐人が祝ってくれた会で、目玉とばかりに出されたケーキを思い出す。真佐人がメインで文也がデザインしたのだと言う微妙にいびつな犬の形にデコレイトされたケーキには、こってりとした生クリームがたっぷりと塗られていた。
「あれは、美味しかったぁ。愛情たっぷりで」
「しょってる」
 ククッと笑いながらも、真佐人もまんざらではないのだろう。
「今度作ってあげよう。でも、それまでに退院したなら、退院おめでとうパーティ用のほうがいいかな」
「退院?」
 美鶴の不思議そうな声に、
「あれ、美鶴ちゃん聞いてない? さっきおばさんに会った時、明後日くらいには退院できるって言ってらしたよ」
「明後日…」
「よかったね。美鶴ちゃんに病室なんて似合わない。なんのケーキがいい? リクエストきいちゃおう」
 美鶴の顔が変に歪んだような気がした。もっともそれはほんの一瞬のことだったが、形になりきらない不安を真佐人に覚えさせた。
「美鶴ちゃん…?」
「え? なんだっけ。薬飲んだ後って、妙に眠くって」
 にっこりと笑って説明する美鶴に、真佐人の芽生えかけた不安は掻き消される。
「せーっかくリクエストきいてあげようって言ってるのに。気分害しちゃうだろう。ケーキ、どんなのが食べたい?」
「う〜ん、この間のが生クリームだったから、チョコレートのが食べたい」
「チョコレートケーキだね、オッケー」
 美鶴の瞳が闇を見つめる。
 救急外来から突然の入院ということもあったのか、美鶴がいるのは個室だった。だから、窓のカーテンを開けたままで眠ろうとあまり文句は言われない。夜の点検に回ってくる看護婦が閉めて行くぐらいで。
 窓の外、四階分の高さから見下ろせば、そこは常夜灯が灯る病院の庭。明るいことも手伝い、星は数えるくらいしか見えはしないが。
『美鶴、明後日には退院だって。よかったわね』
(よかったわね…か………)
 なんとはなく、自分がもうそう長くはないだろうという予感があった。
 あっちの検査室こっちの検査室。毎日のようにあちこちと移動されて、それで、もう退院できる。本来なら喜べばいいのだろうが。どうしてだろう、喜べない。母や父の医師や看護婦たちの言葉から、裏を読み取ろうとする自分がいる。
(単なる気のせいだったらいーんだけど…ね)
 昨日聞いてしまった、母の悲鳴じみた叫び声。それに、医師と父とが交わしていた会話。
『こうなるまでに発見できなかったことのほうが問題なのですが……。先天的な心臓の畸形の一種とでも言えばわかっていただけるでしょうか…………』
『治りますか』
 父の、沈痛な声。
 沈黙の時。聞こえるのは、母の啜り泣きばかりで。しかし、それで、充分だった。
(そう…)
 あの時、すとんと理解してしまった。詳しいことはわからないけれど、自分の命はそう長くはないのだと。
「くっ…」
 光が、潤む。目が熱くなり、こみあげてきた涙。目尻を、涙の粒が転がり落ちる。
(死ぬの、わたし。………何にもしてないのに)
 学校の勉強も、何もかも、すべて、適当で。悪友たちとわいわい騒ぐことのほうが心地好くて。そうして、
(真佐人くん…)
 幼馴染みの頼りになる男の子。ずっとずっと大好きで、自慢で。
(キスだってしてない…のに)
 愛してる。
 おそらく、これは、初恋だろう。
 今時十七才でキスもまだなどというのは、笑い話かもしれないけれど。それでも、あまりに身近にいすぎて、そうして、却って告白するタイミングを失ってしまっていた。空気のように自然で、そうして、必要不可欠な相手だというのに。
「わたしってバカだよね」
(こんなになって、今更告白できるわけないじゃない)
 実は涙もろい真佐人を、泣かせてしまうだけ。それくらいなら、真佐人のことは幼馴染としてしか見ていないと、いっそきっぱりと割り切ってしまえばいい。そう、告白なんかしないほうがいい。真佐人を泣かせてしまうくらいなら。
「失恋、決定…だね………」
 ぐいと、手の甲で目元を拭った時、
「誰が誰に失恋なんですか」
 すっかり耳に馴染んでしまった声。
「高村蓉!」
「そんなフルネームで嫌そうに呼ばないでくれませんか」
 闇の中端然と佇むのは、高村だった。
 集中治療室で目覚めたあの時、最初に美鶴が見たのは、両親でも弟でもましてや医師でも看護婦でもなく、高村だった。それから夜毎、高村はなにをするでもなく美鶴の病室を訪ねてくるようになった。最初こそ高村に対して警戒を顕にしていた美鶴だが、
「あなたも暇人だよね。病人覗きに来てなにが楽しーの」
 軽口を叩けるほどになっていた。
 憎まれ口の主を、しばし無言で見下ろしていた高村だったが、
「そうですね、君は、僕に気づきましたから」
「はい?」
 思いもよらない答に、美鶴が上半身を起こした。
「普通はね、気づかないんですよ。僕自身、他人に気づかれないようにする術は心得てますから」
「そーいうもの?」
「ええ。でなければ、狩られますからね。かといって、人里離れた場所で、僕のようなものは生きてゆけませんし。独りでは何かを生み出すこともできませんからね。人に狩られて死んでしまうなどと、虚しいだけでしょう」
 ぎしりと、ベッドが撓む。確かな質量をともなって、高村が腰を下ろしたのだ。
「それで、人を殺してるって?」
 泣き顔を覗き込まれるのが嫌で、ぷいとそっぽを向く。
「あれは、仕事ですから」
 似合わない台詞に思わず振り返り、高村の欝金のまなざしと美鶴の鳶色のまなざしとがぶつかりあう。
「仕事?!」
 にっこりと笑んだ高村に思わず見惚れた美鶴だったが、
「殺し屋、殺人犯、殺人鬼、何でもいいですよ、別に。ただ、人の血かエナジーをもらわないことには、僕だとて死んでしまいますから。だから、せめて、殺す相手は、それ相応の罪を犯した者とか、裏社会に属していてそれではみ出した者とか。…これでも、苦労しているんですよ」
 秀麗な顔。しかし、その赤すぎるくちびるからつむぎだされる言葉は血生臭く、美鶴の顔が顰められる。
「苦労って、苦労って…たかむら」
 脱力する美鶴だったが、
「生きてくための苦労じゃないですか。それとも、僕が人間じゃないと言う理由で、差別しますか」
「それは…」
「こんな話は止めましょう。で、誰が誰に失恋したんですか?」
「あなた、結構俗っぽいよね」
 硬質な人ならざるものという第一印象からずれてゆく高村に、思わずぼやかずにいられない。
「俗で結構。で?」
 はぁ…と、これみよがしに溜息をつき、
「わたしがっ、真佐人くんにっ」
 投げつけるように言う。
「ああ、君の幼馴染みの」
「あなた………ストーカーはいってるってそれ」
(なんだって真佐人くんのことを知ってんの)
「君のことならなんだって知っていますよ」
「あーそーですかっ」
 もう一度そっぽを向こうとした美鶴を、顎を捕らえることで圧し止めて、
「僕もね、人恋しいんですよ」
 前後の脈絡がいまいちわからず目をぱちくりと見開いた美鶴だったが、
「人恋しいって、あなたが?」
 高村の手を顎から外させる。
「そうですよ。人の何十倍という時間を生きてきたとはいえ、一人身ですからね。そうそう慣れるものじゃないようなんですよ、独りというのは」
「仲間とか恋人とかいないの?」
「僕の仲間は、絶対数が少ないんですよ。臆病ですしね」
「臆病って、あなた」
(臆病なひとが人殺しなんかしないってば! ひとじゃないけど)
「だから、ね」
「だから?」
 何が言いたいんだいったいと思いながら、言葉尻を繰り返す。
「僕もそろそろ伴侶が欲しいんですよ」
「伴侶?」
 古風な単語に美鶴が小首を傾げる。
「ワイフ、ベターハーフ、妻、…半身、連れ合いということばもありましたよね」
「結婚したいってこと? ………って、誰と? まさか、あなた、ゲイ? 真佐人くんはだめだよ!! あなたが誰を奥さんにしようと勝手だけど、真佐人くんだけは、駄目だからねっ!」
 慌てる美鶴に、高村が額を押さえる。
「どこをどう考えればそんな突拍子もない結論になるんです。僕はゲイじゃありませんよ。…まだわかりませんか?」
「はっ?」
 高村が何を言いたいのかわからず、美鶴の瞳が点になる。
 そろりと、高村の左手が美鶴の右肩にのせられた。それを目で追いながら、
「なによ?」
「しっ、黙って」
 くちびるに押し当てられたのは、高村の右手の人差し指だった。
 何をするの…と食ってかかろうとして、できなかった。なぜなら、右手が外されたと思えば、それはそのまま後頭部へと逸れ、美鶴の頭を固定したからだ。
「!!」
 頭の中が真っ白になり、スパークする。
 感じるのは、くちびるに落とされた他人のくちびるの生々しい感触ばかりで。
 ドンッ!
 無理矢理高村を押し退けた。
 はぁはぁと、全身で息をする。酸素がどうにか肺に流れ込んできて、美鶴は脱力した。
「はじめて、みたいですね」
 嬉しそうな楽しそうな声が、美鶴の耳に届く。高村の言葉の意味を捉えた途端、カッと美鶴の顔が熟しすぎた桃のような赤に染まる。
「あ、あなたね…」
「高村、ですよ。君になら蓉でもかまいませんけどね」
「なんだってこんなことするの」
「そんなこと、わかりきっているじゃありませんか」
 しれっとした態度で、高村は美鶴を見つめる。
「わかりきってる………?」
「君がいいんですよ。君が僕に気づいた時、僕は、君を選びました。これから続く永い時を、共に歩むものとして」
 とろりとした欝金のまなざし。
「君は、気づいているのでしょう。君を遠からず喰らいつくすだろう、苦痛と死の足音に」
 白い、顔。その、端整な容貌が引きずり出した恐怖に、心臓が軋む。無意識に、美鶴の手が心臓に当てられた。
「君は、怯えているでしょう」
 赤い、くちびる。恐怖とは違った意味で心臓が大きく鼓動を刻む。思わず顔を伏せた美鶴の耳元で、
「誰も、君を救ってはくれない。ターミナル・ケア…末期医療を受けますか」
 高村が、ささやいた。決定的なその単語に、美鶴の全身が震える。
「君を、救えるのは、僕だけですよ」
 恐る恐る、美鶴が顔を上げた。
「僕だけが、君を救うことができます。僕の手を取りなさい。僕を受け入れると。そうすれば、君を苛んでいる苦痛と恐怖から永遠に君を救い出してあげましょう」
 早鐘のように心臓が悲鳴をあげる。これは、警鐘。どんなに怖くても、どんなに死が、苦痛が恐ろしくても、人でなくなってまで生きていたいなどと、考えてはいけない。人として生まれたのだから、人として死んでゆくのが道理というもの。どんなに、怖くても、恐ろしくても、叫びたいくらいに心細くても、選んではいけない道があるのだから。………でも、でも…………………。
「たか、む、ら…」
 血の気の失せた美鶴の顔が、暗く絶望と希望とに揺らぐ鳶色の瞳が、高村を凝視する。
 なめらかな頬を伝って、涙がシーツをぬらす。
「ああ、きれいですね。君は、本当に、きれいだ」
 下瞼に溜まった涙が、頬にこぼれ落ちる。それを人差し指で掬い、高村がささやく。
 美鶴は首を振る。
 そんな美鶴を見下ろしながら、高村が立ち上がった。
 ギシリ――と、ベッドが軋る。
「返事を急かしはしませんが…」
 示唆するにとどめられたことばの先を、美鶴は理解していた。『返事を急かしはしませんが、君に残された時間はあまりありませんよ』と、高村は続けたかったのだろう。
 高村のまなざしが、おだやかに美鶴を見下ろす。
「それでは、また来ますよ」
 そう言うと、高村は来た時と同様、掻き消すように姿を消したのである。
 独り病室にとり残された美鶴は、看護婦に注意されるまでただ闇を見据え続けていた。


※ ※ ※


「美鶴ちゃん」
「美鶴っ」
「退院おめでとう!」
 真佐人と文也それに両親が揃った居間に、歓声があがる。
 色とりどりの紙テープで作られたチェーンやティッシュ細工の花。『退院おめでとう!』の文字が躍る垂れ幕。テーブルの上には美鶴の好物、それに約束のチョコレートケーキがある。
「みんな、ありがとう。心配かけちゃって、ごめん」
 美鶴は、それしか言えなかった。乾杯の声と同時に、フライドチキンに手を伸ばす。
 クスクスと笑う真佐人と文也。楽しそうに見える両親。すべてを見てとりながら、美鶴の心は静かだった。
 昨日、両親と揃って、担当医から病気の説明を受けた。その後、父から無理矢理聞き出したのだ。自分に残されているだろう、時間を。
 一ヶ月―――それは、思いのほか短い時間だった。
『絶対のものではないらしい。宣告されて、三年四年、十年以上長く生きた人もいるそうだ』
 父はそう、フォローしていたが。
『逆もあるわけよね』
 一月よりも短くなる場合もありえるだろう――とたたみかけた美鶴に、父は絶句していた。それは、言葉で説明されるよりもよほど雄弁なものだった。
 夜毎訪れる、軽い発作。軽い発作であるはずだが、心臓を握りつぶされるかのような壮絶な苦痛が、延々と続く。治まってみれば、そんなに長い時間ではない。それでも、夜毎の発作は、美鶴を怯えさせ不安を覚えさせるのに充分なものだった。
 死ぬということは、理解していたつもりだった。けれど、それが、これよりも壮絶になるだろう苦痛の果てなのだとしたら、堪えられない。自分には、耐えることなどできはしない。不様に足掻いてのた打ち回り、そうして、死ぬのだろうか。それとも、そんなことすらもできないくらいに弱って、そうして…。どちらの自分も、嫌だった。嫌で嫌で、想像するのも辛くて。でも、怯えている自分を、両親や文也や真佐人に、知られることがもっともっと嫌でならなくて。
 そうして、絶望的な気分になるのだ。
 退院して一週間が過ぎた。
『また来ますよ』と言っておいて、あれから高村は姿を見せない。
 ぎりぎりと心臓を握りつぶされるような苦痛。枕を噛みシーツが破れるほど握りしめながら、必死にやり過ごそうとする。声など出して文也にでも聞かれたら、両親を呼ばれるのがわかっている。いつもよりも苦しいような気がするこの発作を見られてしまえば、おそらく病院に逆戻りしなければいけない。
 この次大きな発作が起きたら命取りだと説明されている。けれど、治りもしないのに、入院だなんて馬鹿げてると思うのだ。
(もう少し……)
 痛みか息苦しさが少しでいいから薄れれば、薬に手を伸ばすことができるのに。胸の下でシーツを掴み苦痛をやり過ごそうとしている手を、動かすことができる。
『劇薬ですから、一度に飲む量には気をつけて』
 ただし、適量を飲みさえすれば苦痛はすぐさま癒えると、医師は言っていた。事実、その言葉どおり、薬の効き目はたいしたものだった。もう何度飲んだか知れやしない。その薬は、ベッド脇の三段ボックスに置いてある。
 もう少し…。
 早く………。
(死にたくなんかない)
 きつく目を閉じた美鶴。
 そうしてどれくらい時間が流れたろう。
 誰かに背中を撫でられているような、感覚。誰かの手が触れているような錯覚が過ぎると、少し、苦痛が和らいだような気がした。少しずつ、撫でられるたびに、呼吸が楽になる。荒かった鼓動が、無理矢理手を突っ込まれて直接握りこまれているようだった心臓が、詰まりそうだった息が。
 大きく肩で息をし、握りしめていた手が、噛みしめていた口が、瞑っていた瞼が、ゆるく脱力する。
 喘ぐように大きな呼吸を繰り返しながら、やっとのことでベッドの上で身を反す。
 腕で額から目までを覆い、
「ありがとう」
 美鶴が告げる。
 確かめるまでもない。
「大丈夫ですか?」
 高村がいつの間にかベッドに腰を下ろしていた。
「高村蓉」
「そんなおざなりにひとのフルネームを呼ばないで下さいと言いませんでしたか」
「た、か、む、ら、さんっ」
「…………」
 声もなく、高村が美鶴を見下ろす。顔は見えないが、泣いているのだろうか。小刻みに美鶴は震えているようだった。高村の優美な腕がついと美鶴の褐色がかった黒髪に伸ばされる。中途半端に長い髪を、高村が梳く。幾度も幾度も。
「高村さん」
 おざなりではない呼びかけに、高村の瞳がかすかに大きく見開かれた。
「…わたし、行く」
「!」
 高村が動きを止める。
「でも、今すぐにじゃない。医者が言った一ヶ月が過ぎて、それでわたしが、まだ生きていたら…」
「……」
「一ヶ月なら、わたしは何とか我慢ができる。多分、壊れずに笑っていられる。けど、それ以上は、駄目。それ以上は我慢できない。こんな不安。いつ心臓が止まるかしれないのに。いつまたこんなにきつい、これよりきつい発作が来るかしれない。その時、薬を飲めなかったら? 薬を飲んでも、効かなかったら? 嫌。わたしは、もう! こんな、じりじりと心臓を潰されてゆくみたいな死にかた。したくない! 狂ってしまいそう。だから! その時が来てわたしが生きていたら………」
 美鶴が言葉を切る。しばらく沈黙したと思えば、思い切ったように顔を上げた。
「わたしを連れて行って」
 涙に濡れた鳶色のまなざし。
 高村はゆるやかに口を開いた。
「それで、君は後悔しませんか」
「…………しない」
 平坦な、一切の感情を圧し殺した美鶴の声。
 高村はゆっくりと一度瞬きをした。
「わかりました。これは、契約の証です。少しは発作の苦痛を抑えてくれるでしょう」
 高村が静かに告げた。そうして、同時にその赤すぎるくちびるで美鶴の首筋に触れた。
 ツキンとした痛みと共に、何かが体内に流れ込んでくる。それは、発作の後の気だるさを癒してゆくかのようだった。
 顔を上げた高村は、かすかな笑みをそのくちびるに刻み、何気なく美鶴のキスを掠め取った。
 見る見る真っ赤になった美鶴に、
「それでは、一月後にお会いしましょう」
 と、言いおいて、瞬く間もなく姿を消したのである。
 一ヶ月後の朝、いつものように美鶴の部屋のドアを開けた文也は、慌てて両親のもとに駆けつけるだろう。
 報せを受けた両親と文也は、美鶴の机の上に『かきおき』を見つけるのだ。それは、少しばかり荒唐無稽で、本当のことだとは思えない、創作じみた手紙だろうが。
 彼らの悲しみがどうにか癒えたころ、彼らは雑踏の中に、失踪した頃と少しも変わらない美鶴の姿を見出すはずである。美鶴は、誰か彼らの知らない青年と歩いているだろう。あの屈託のない笑顔を満面にたたえているかも知れない。
 そうして、彼らは知るのだ。
 美鶴の『かきおき』に記されていた真実を。
 しかしそれらは、いつのことかわからない未来の光景。
 今はただ、真冬の澄んだ夜だけが美鶴と孤独な妖が交わした約束を知っているのみである。
おしまい
first start   23:29 2001/11/18
up   15:56 2001/11/21
remake start 16:18 2001/12/17
up 11:52 2001/12/18
あとがき
 懺悔ですm(__)m
 これは、【金田一少年の事件簿】にあるパロディのオリジナル焼き直しバージョンです。たぶん、ほとんど一緒。だから、ちょっと美鶴ちゃんが私が書く女の子にしては、性格がさばけてるのかも。痛し痒しかなぁ。
 タロットは、ビギナー向けのタロット占いの本と首っ引きなので、あまり信用しないでね。だいたい本式の占い師だったら、きっとあんな言い方はしないでしょう。本に書いてある説明を丸写しですわ(^^ゞ ま、占い師じゃないからいいんだい。スプレッドも、基本中の基本だし。ちなみに、参考のタロットは、成美堂出版さんから出てる、『愛と神秘のタロット占い』
(笠井あゆみオリジナルカード78枚つき、解説:ムーンプリンセス・妃弥子)です。
それでは、次のお話でもまたお会いできますように。
 少しでも楽しんでいただければ、嬉しいです)^o^( 
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー
HOME MENU