果てのない夜



 それ――は、山の中に、ひっそりと建っていた。
 むっとこもるほどの草いきれ。
 緑の滴る吐息の中に、崩れ落ちることもなく、ただ、人目に触れずに、建っていた。
 色あせた、かつては赤レンガだったろう壁は、びっしりと蔦が絡み、朽ちることを抑し留めていた。
 一陣の風が吹きぬけ、しだれた緑の葉を揺らす。
 タペストリーめいた葉の連なりが、風に煽られ、現れたのは、木製のくぐり戸である。
 錆びた蝶番(ちょうつがい)は、誰かがほんのわずかだけ、力を込めれば塵に還るかのように見えた。
 風に煽られただけの蔦はすぐにくぐり戸をその葉裏に隠し、名残にかすかに揺れるばかり。
 不意に、壁の奥から、音が、聞こえてきた。
 崩れ落ちんばかりのレンガの壁と、それは、あまりに不釣合いな、深いピアノの旋律だった。
 ひたり――と、蔦の震えが一斉に止まる。
 しんと、鳥のさえずりさえ果てた静寂の中、妙なる音色が、流れ、やがて、耳をかたむけるものとてない音楽は、鳴り出したと同様に、突然、こぼれ落ちるように、やまった。



「なんで、こんな山で迷うかな」
 標高数十メートルほどの、ぽってりとお椀を伏せたような、なだらかな山だ。
 大学生になって最初の夏休み、悪友たちとキャンプに出かけたまではよかったのだが、はしゃぎすぎたのだろう、簡易ガスボンベを忘れていることに気づいたのだ。
 じゃんけんで負けて、青年は、車の屋根に括りつけておいたマウンテンバイクで山を降りた。はずだった。
 途中、どこで道を間違えたのか、気がつけば、ぐるぐると山道をのぼり、気がつけば、見知らぬ場所に出ていたのだ。
「あいつら怒ってっだろうなァ」
 携帯の電源を入れて、ダイヤルする。
「うわ、圏外? マジか」
 青年が、自転車を降り、涼しげな木陰に腰を下ろした。途端、
「うわっ」
 音もなく、背もたれたものが崩れ、青年はもんどりうって、数段の階段を転がり落ちた。
 枯れた蔦の葉に覆われた石畳の上を、緑に染まったと影が、慌てて逃げ惑う。
 幾重にも絡んだ、蔦や木々のこずえ。その隙間越しに、心地好く冷えた陽射しが、降り注ぐ。
「いってぇ………」
 強か(したたか)に打った頭や背中の痛みに呻き、青年ははたと、その緑に照り染まった空間に気づいた。
 ちろちろとかすかな音をたてているのは、空間の中ほどにある、泉水だった。
 首だけをよじって音の元を探った青年が、ぎしぎしいうからだをいなしながら、立ち上がる。
「どうやら怪我はないみたいだな」
 一息ついて、湧き出る水を掬い取り頭からかぶった。
 白いTシャツが、水を吸い、青年のからだにまとわりつく。
 首を、肩を、順繰りに回して、青年がなんの未練もなく、空間を後にしようとしたときだった。
 音がした。
 青年の頭頂部から両の上腕部にかけて、鳥肌が立つような、異質な気配に覆われた。
 閉て付けの悪い引き戸を開けるような、音にぎくしゃくと振り返った青年は、その場に、立ち尽くした。
 そんなはずがない。
 ここに、生きた人間がいるはずが、ない。
 それは、本能だったろう。
 古びた木枠の引き戸に上半身を持たせかけるようにして、男がひとり、立っていた。
「亨」
 よく通る声が、青年の耳を射抜いた途端、ぞわりと、背筋がそそけだち、くらりと、視界が眩んだ。
 目に見えるものが、現実味を失い、小さく、小さく収縮してゆくかの感覚があった。
 そうして、そのまま、青年は、意識を失ったのである。



 雨だれのような、ピアノの音が、空気を震わす。
 どこかで聞いた記憶のある、けれど、タイトルを思い出すには至らない、比較的メジャーな、ピアノ曲だ。
 ぼんやりと、瞼を開けると、そこは、夜。
 傷ついたCDのように、いつも、同じ音と、同じ光景が、広がっている。
 意識ははっきりしていた。
 青年は、自分の名前を覚えている。
 どうしてここにいるのか。
 ここから出られない理由も。
 深い溜息を、青年は、肺から押し出す。
 力まかせに呼吸をしなければ、まるで、ダイビング用のレギュレーターを使って呼吸をしているかのように、一呼吸一呼吸が重く苦しかった。
 イライラするのは、いつも同じ光景と、シチュエイションだからだ。
 やがて、ピアノは、やむ。
 青年がそう思ったとき、ピアノの音が、ぴたりと途切れた。
 青年は、近づいてくる足音に、顔を背ける。
 この空間に閉じ込められる前の記憶では、どこにも怪我はしていなかったというのに、なぜなのか、今、足を捻挫している自分がいた。
 かなり酷い捻挫で、少し急に動けば、響くほどだ。
 悪態をつきたくなる。
 イヤだ。
 ああ、厭でたまらない。
 くそっ。
 なんだって、オレがこんな目に。
 きりきりと奥歯を噛みしめて、青年は、きつく目を閉じた。
 やがて、自分に触れてくる、腕を拒むように。
 しなやかで、しっかりと筋肉のついた、男の腕が、青年の顎を捉えた。
 クック……と、しのびやかな笑い声が、耳元で響く。
「なにを拗ねている?」
と、男が、面白そうに囁いた。
「っ!」
 青年が、赤く染まる。
 首筋におとされたくちびるの感触に、
「やめろ」
 低く、恫喝する。
「オレは、女じゃない。亨なんて名前、知らない! っ」
 押しのけようとして、
「うわっ」
 痛む足首を、きつく掴まれた。
 からだを返され、のしかかってくる重みに、青年の思考が、混乱する。
 こいつは、生きていない。
 人間じゃない。
 なのに、なんで、こんなに重いんだ。
 なんでこんなに、痛い。
 なんで、こんなに………。
 青年の混乱した思考は、焼ききれるように、ブラック・アウトする。

 気絶した青年が気づくことはない。
 ピアノの上の、深紅のバラの花束に。
 頬におとされる、やわらかなくちづけに。
 男がささやく、
「おまえは、なぜ、応えてくれない」
 狂おしい、絶望の吐息に。

 そうして、気がつけば、果てのない、夜が始まる。
 雨だれめいた、ピアノの音色が、明けない夜が、同じことの繰り返しが、少しずつ、青年の、意識を狂わせてゆく。



 白々とした室内に、機械音だけが、空気をかきむしるかのように、響いている。
 カーテンに囲まれた、パイプベッドの上には、青年がひとり、横たわっている。
 からだのあちこちを包帯でぐるぐるに巻かれ、顔色は、土気色をしている。
 たくさんのチューブに繋がれている青年は、事故に巻き込まれて、運び込まれたのだ。
 夏休みの大惨事。
 一週間が過ぎようというのに、青年の意識が戻ることはなかった。



おわり

up 2004/05/21

あとがき
 なんか、説明不足でしょうか。一番大切なところが、
説明されていません。
 が、これ以上書くと、多分、変になると思うんです。
 今がぎりぎりなライン上な気がするんですけど。どう
なんでしょう。
 幽霊の正体、不明のまま。なぜあそこにいるのか。
 青年も、逃げられないまま。           
 その辺は、もう、読んでくださった方の想像力任せと
いうことで。う〜ん、極道ですみません。
 珍しく、オリジナルで男同士なんですけどね〜。  
 少しでも、楽しんでいただけますように。     

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー
HOME  MENU