異端の鳥  25.間  奏





 あれ以来、王の執着は、一層酷くなった。
 毎日、王の望む時に、望む場所で、王に抱かれた。
 それは、俺の身体と心を打ちのめした。
 “王のもの”という誓いを破り、逃げたかった。逃げることができないなら、せめて、剣を振るいたかった。
 けれど。
 限界を超えて貫き迸るものが、俺から総てを根こそぎ奪ったのだ。
 俺は、いつかのように、ただぼんやりと無感覚に日々を過ごすようになっていった。
 そうして、不意に、思い出したのだ。
 首に絡む鎖、その先に揺れるメダリオンの存在を。
 “王”がなにものであったかを。
 今更な認識だった。
 王は父であり男だ。
 そう。
 同性に抱かれて善がる俺を、まざまざと思い知らされ、俺は、唯一俺に残された“逃げ道”を考えた。
 しかし。
 メダリオンに刻まれた人の世の神が、俺を冷たく罵る。
「禁忌を犯しておいて、安息を得られると思うか」と。
「既にして罪人の分際で」と。
「人ですらないくせに」と。
 そうだった。
 人の世の神になど俺が祈れるはずはなかったのだ。
 俺は、メダリオンを引き千切り、投げ捨てた。
 絨毯の毛足に半ば埋もれるそれを、踏みしめた。
 踏みにじった。
 知らぬ間に、俺の両眼からは涙がながれだしていた。
 しかし、俺の喉から迸り出たのは、嘲笑だった。
 それはやがて嗚咽へと変化し、止まらない慟哭となった。

 そうして、俺は、王に従順な、ただのペットになったのだ。

 何を命じられても、何を望まれても、ただ、受け入れた。
 そんな俺をどう思ったのか、王は俺を抱くのに少し間を空けるようになった。
 しかし、俺は、変わらなかった。
 金の目が、俺を見下ろす。
 何の感情も伺えないそれを、俺はただ見返した。
 それからだった。王が俺に少しの自由を与えるようになったのは。
 同時に、王の命に従い、色々な階級の者を処刑するようにもなっていた。最下層のグールたちから、上級魔たちまでさまざまだった。そうして、その実、俺に課された職務を、処刑執行と言ってしまっていいのかどうか、俺にはわからなかった。あの日、元勇者の死の当日、ドラゴンの王が二つ首になって現れたのを屠ったのと同じく、彼らは一様に二つ首になっていたからだ。片方は死を望み、片方は狂ったように王への反逆を叫んでいた。
 だから、片方の首に摂っては、確かに、処刑であったろうが。
 彼らにもとより二つの首があったわけではないように、二心があったとは思えない。
 魔王はすなわち神であったから、逆らってどうなるものでもないのだ。
 幾度も彼らを処刑するうちに、俺にはそれが魔に産まれた者たちの死病であるとわかってきた。
 寿命の近づいた魔の、避けられない病であるのだと。
 それを知れば、もはや、俺の行っていることを処刑と断じることなどできるはずもない。
 俺は苦しむ彼らに死の安息を与えるだけだった。
 だから、彼らにとって俺は死を与える者ではあったが、決して処刑する者として恐れる者ではなかった。
 もちろん、それは、頻繁にあることではなかった。
 そのため王の命が下らない時、俺はどうすればいいのかわからなかった。
 王は相変わらず俺を抱いたが、以前ほど頻繁ではなくなっていた。かといって、王が俺以外を抱くことは決してなく、俺を抱くときの王は、間を開ける為か、以前より苛烈ですらあった。
 暇を暇としてもてあますようになった俺に、王は、人間の世界で自由にすることを許した。
 ただし、王が呼ぶ時には即座に帰るようにとの条件つきで。

 王の目やことばを意識しないでいい、初めての自由に、俺は戸惑った。
 けれど、一度手にした自由に、何時しか慣れた。
 いつも縮こまっていた背筋が、伸びる。
 顔を上げ、とても久しぶりの、俺を照らす人の世の太陽や月、風や雨、雪や雹、嵐を味わったのだ。
 いろんな場所にも出向いた。
 王に呼び戻される以外に時間はたっぷりあった。だから、俺はふらふらと彷徨うように人の世を旅した。
 そうして、俺は、人の世の過酷さをも思い出した。
 俺が一番最初に見つけた、半魔。
 彼によって。
 名前すら与えられてなかった彼に名前を付けたのは、俺だ。
 クレイトンという名を、彼はことのほか喜んだ。
 そうして、俺は、クレイトンと行動を共にした。
 何故だか、王はクレイトンと行動をする俺を罰することはなく、彼にも咎めはなかった。


 俺は、人の世と魔の世界を行き来しながら、残る四名の半魔を見出し、そうして、最後のひとり、六人目の半魔、無惨な死を遂げたバートを見つけることになるのだった。
HOME  MENU
つづく




HOME  MENU
inserted by FC2 system
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー