邂 逅



 うつうつと、天井を見上げていた。
 枕もとのスタンドも消した夜の部屋で、わたしは目を開けていた。
 夜のしじまに、カタカタという音が聞こえていた。
 風は、吹いていない。
 障子の真ん中の嵌め殺しのガラスから見える庭の木は、微塵も揺れてはいない。
 音は、上のほうから聞こえてくる。
 上――天井の上は、屋根裏で、その上は、屋根。
 瓦が揺れているのだろうか。
 布団の上に起き上がり、蛍光灯の紐を引く。
 障子を開けて、廊下から庭に出た。
 風のない、キンと冷えた夜の空気。
 羽織った半纏の前を掻き合わせる。
 からころと、庭下駄の歯が、飛び石に当たる。
 池のほとりを回りこんで、母屋の屋根を見上げた。
 何も見えない。おぼろな屋根のシルエットが、そこにはただあるかぎり。
 全身が、ぶるりと震えた。
 寒い。
 部屋に戻ろうと思って、一歩踏み出したわたしは、凍えた池に月を見た。
 空には月がないのに、まんまるく肥えた月が、池の中からわたしを見上げる。
 わたしの吐く息が、もわりと白い。
 わたしの息より白い水蒸気が、凍えた池からゆらめき昇った。
 ぶわんと大きなおたまじゃくしのように、尾を引いて。
 ボールペンで横線を一本。大きな口がパックりと開いた。赤い赤い、大きな口は、ぬらりと濡れて、剣呑な細かな歯列が、ぞろりと現われる。
 わたしは、悪夢に魅せられたように、視線を外すことができなかった。
 今まさに、わたしの頭を、喰い千切ろうとする口から。
 しかし、わたしは、食べられなかった。
 音にならない悲鳴が、大気を大きく震わせる。
 木々がゆらぎ、常緑の葉が、宙に舞う。
 屋根が、家が、池が、ありとあらゆるものが、悲鳴をあげていた。
 わたしは、脳を直接擦られるような感触に、池の淵にしゃがみ、蹲る。
 紙が、寝巻きの裾が、半纏が、悲鳴にあおられ、はためいている。
 やがて、わたしを食べようとしたものは、夜の空気に、千々に砕けた。
 ぼんやりと、小波立つ水面を眺めていたわたしは、ぴしゃりという音に我に返った。
 先までのことが夢であったのかとの錯覚に囚われるような、凍てた水面に、一匹の猫が浮かんでいた。
 闇よりもなお暗い、艶やかな毛並みは短く、常緑樹の葉のような色をした一対の双眸が、月のない夜に、静かにわたしを見つめていた。
 仔牛ほどもある大きな猫の、すらりと長い尾が、ぴしゃんと水面を叩く。
 刹那、巨大な猫は、わたしに飛びかってきた。
 ついさっきまでよりも、一層リアルな恐怖が、わたしを捉える。
 殺される――――と。
 しかし、違った。
 さらりとした感触が、わたしの首を取り巻いた。
 閉じた瞼をそっと開けば、つぶらな緑の双珠が、胸元から私を、見上げていた。
 巨大な猫は、そこにはなく。イタチとキツネを合わせたようなものが、襟巻きのように、わたしの首にさがっていた。
 不思議と不快な感じはなかった。
 わたしはそれを首につけたまま、部屋に戻ったのだった。


 冬の一夜、夢とも現実ともつかない邂逅が、わたしの平穏な生活を覆すことになるだなどと、わたしは夢にも思ってはいなかった。




おしまい



start 13:18 2006/02/15(06/01/30)
end 13:42 2006/02/15

◇あとがき◇

 よくある話ですね〜。
 少しでも楽しんでいただけると………xx
HOME  MENU
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー