呼ぶ声 12




 郁也にとって、それは嫌悪以外のなにものでもなかった。
 日々育っているのだという、自分の身の内の他人。
 自分を抱く男の、子供。
 誰かの身代わりに抱かれる自分が、そんなものをどうして受け入れることができるだろう。
 未だ抱かれるたびに自分を支配しようとする誰かは、消える気配すらない。意識のほとんどを支配され、淫らに乱れる自分は、自分ではないと言うのに、なのに、恩は、それでよしと、それこそを愛でる。
 本来の自分は、そんなことはできはしないと言うのに。
 ならば、ここに自分の存在は必要ない。
 このからだだけがあればいいのだ。
 いやらしく恩を求めるからだだけが。
 しかし、恩を求めつづけている誰かに、からだを明け渡すつもりだけはない。
 物欲しげに、誰かは自分に強請るのだ。
 謙虚の欠片もなく、総てを自分に渡せと、いつのまにかしたたる欲を隠すこともなく、求めはじめていた。
 誰が!
 渡すものか。
 これは、意地だった。
 傲慢な誰かに対する唯一の抵抗だった。
 支配しようとする、名前すら知らないあの存在と、恩に対する。
 自分を犠牲にしようとした総てに対する。
 吐き気が日々襲いかかる。
 苦しくてならない。
 まるで、自分に苦痛を与えるためだけに、いるかのようだ。
 そんなものを、どうして。
 人非人と誹られようと、何と罵られようと、ただ、疎ましい。
 少しばかり膨らんだような気がする腹を無意識に、殴りつけていた。
「いらない」
 こんなもの、いらない。
「にいちゃんっ」
 マルカが郁也を止めようとする。しかし、いかんせん、力の差は明白だった。
「駄目だよ、そんなことっ、にいちゃんが痛いだけだよっ」
 兄ちゃん、誰かっ。
 メガンを呼んでも、今はいない。何を食べても戻してしまう郁也のために、滋養と消化の良いものを探しに出かけている。
 今いるのは、自分だけ。
 居間の椅子に腰掛けてぼんやりしていた郁也が突然狂ったように自身の腹を叩きだしたのを止める術は、マルカにはなかった。
 このままやめなかったら。
 もしも、子供が死んだりしたら。
 郁也を止めようとするマルカの背中を、冷たいものが駆け抜けた。
 事故で死ぬのとはわけが違う。
 たとえ、郁也のこどもだとはいえ、郁也が殺していいはずはない。
 それに、神王がそれを知れば、罰せられるのは、郁也だ。神王があの無表情の裏側で、うまれるこどもを心底待ちわびていることを、マルカは感じ取っていた。
 止められなかった自分のことは、別にかまわない。郁也が助けてくれたのだ。病気や怪我で苦しむ自分たちを、他の誰でもない、郁也が助けてくれたのだ。だから、郁也のために死ぬのなら、かまわない。それは、兄も一緒だった。
 だけど、郁也が死ぬのだけは、嫌だった。
 今の郁也は、誰のことも助けることはできないけれど、それだけが郁也の存在している理由ではないはずなのだ。
 何かのために存在するわけじゃない。
 郁也は、郁也だから。
 大好きな、郁也だから。
 だから、無謀なことをしてほしくはないのだ。
 自分と兄の願いはただひとつだけだった。
 郁也にいてほしい。
 それだけなのだ。
 それだけだった。
 けれど、それすらも自分たちの我侭だと、マルカには判っていた。
 どうしようもなく哀しくて、辛くて、苦しくて、どうしていいのか判らなかった。
 あげく、マルカの口をついて出たのは、
「殺してあげるから」
 そんなことばだった。
「にいいちゃんが嫌だって言うなら、欲しくないって言うなら、ぼくが殺してあげる。ぼくがうまれる子を殺してあげる! だから、だから、やめてっ」
 涙があふれる。
 そんなにも、イヤでたまらないのか。
 苦しくて、辛くて、どうしようもないのかと。
 なら、ぼくが、罪を犯してあげる。
 どうにかして、ぼくが、神王の子を殺してあげる。
 それで郁也が楽になれると言うのなら、総てを引き受けてあげる。
 そう言って、マルカは郁也の背中で泣いた。
 罪を犯す覚悟が、神に逆らう覚悟が、マルカの心の中に芽生えたのだ。
「なら、殺してくれ」
 暗い声が、マルカの耳に届いた。
 暗く、澱んだ、力のない声だった。
「オレはいらない。こんなこども、うみたくなんかない」
 自分の中にいると思うだけで、ゾッとするんだ。
 吐き気がする。
 郁也はそれまでの激情が嘘のように、ぼんやりと宙を見ている。
 しかし、そのふたつのひとみには何も映っていないに違いない。
 もの狂おしい激情が去った虚しい心のまま、ただ、そうと意識せずマルカの背中を押したのだ。
 事実、都合の良いことに、郁也は、自分が言ったことばを覚えてはいなかった。
 自分で自分の腹を叩きつづけたことさえも、郁也の意識からは消えていたのである。



つづく



21:43 2011/09/19




HOME  MENU
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー