プロローグ




「お懐かしゅう。主(あるじ)さま」
 目の前に拝跪している男の大きな手が尋(ひろ)の素足に触れた。
 いまだ稚(いとけな)い風情の尋が触れてくる男の掌の感触に怯え、大きくからだを震わせる。
 成人した男の魅力を余すところなく備えた美しい男だった。一目見るなりひとではないのだろうと、そう察することができるほどに。
 だからこそ、怖いと感じた。
 ただひたすらに。
 そうして今ひとつ、尋が怯える原因はあった。彼らふたりを取り巻く光景を見やれば、即座に納得できるだろう。



to be continued
HOME  MENU
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー